温泉特集

2019年春「実際行って良かった温泉宿」ランキング5選【関東周辺】

2020年4月12日

 

10年間温泉旅を続けるボクが、

実際に、2019年の春に実際、行って良かった温泉宿をランキング形式にしました。

本記事の特徴

  • 循環、消毒、なしのかけ流しの温泉
  • 一人旅OK
  • 関東から行きやすい
  • 値段以上の価値があると判断したところ(コストパフォーマンスが高い)
  • 各宿の、メリット・デメリットについても述べています

このあたりが特徴になります。

2019年春に「実際行って良かった温泉宿」ランキング5選【関東周辺】

第5位 天城温泉 禅の湯

第5位は静岡県河津町の天城温泉 禅の湯です。なんといっても伊豆の春はおだやかで、花がきれい、みかんがおいしっかったりいいことづくしです。

また3月でしたら、まだ河津桜を見ることもできます。

宿の特徴としては、ものすごくおしゃれで、掃除が行き届いていて、きれいなことにあります。ですので、一人旅はもちろん、カップル、家族旅行など、どなたにもおすすめできる宿です。

基本情報

一泊4000円台~、河津駅からバスで10分、楽天口コミ★4.74

禅の湯のデメリット

  • 基本的に部屋にバス・トイレなし
  • 2階は階段を使う(足の悪い方には不向き)
  • 河津駅からバスでも行けるけど、本数少な目
  • ふとんはセルフサービス

禅の湯のメリット

  • 温泉を湯口から飲めるほど、温泉が上質
  • 岩盤浴も楽しめる
  • ごはんもおしゃれで美味しい
  • スリッパ履かなくてOK

 

第4位  民芸の宿 藤田屋

 

第4位は那須湯本温泉にある、民芸の宿 藤田屋です。那須湯本は雪が多くないので、春であれば、基本的には安心して、車でも行けるので、おすすめに入れました。

湯治場の雰囲気が色濃くあるところなので、誰にでもおすすめとはできませんが、特定の人にはおすすめできます。一人旅、湯治目的などです。

カップル、家族旅行にはあまりおすすめできません。

基本情報

一泊二食7000円のみ、黒磯駅からバスで30分弱

藤田屋のデメリット

  • 宿にお風呂がないので、外湯に行く
  • ネットから予約できない(予約は電話のみ)
  • 部屋にトイレがない
  • わりと駅から距離がある

藤田屋のメリット

  • 泉質が最高(酸性のにごり湯)
  • 湯治場なので、値段も安い(というか安すぎる)
  • 雰囲気が気楽
  • 美味しい家庭料理が頂ける
  • 良くも悪くも昔のまま(メリットともデメリットともとれる)

民芸の宿 藤田屋のホームページ

こちらの宿がある那須湯本温泉については、こちらも参考にしてください。

【那須湯本温泉】の民宿街と旅館を解説します「実際に泊まった感想つきです」

  こんにちは、KOUです。 悩んでいる人那須湯本温泉の民宿や旅館が気になる人 「那須湯本って有名な鹿の湯があるよね!近くに民宿や旅館があるみたい。いったいどうなっているんだろう。気になるな ...

続きを見る

第3位 神代の湯

神代の湯

第3位は静岡県伊豆市にある、神代の湯です。また伊豆かよ!と思われた方、すみません。やっぱり伊豆の春は最高なんです。

こちらの宿は中田英寿さんや綾瀬はるかさんのサインが飾られてます。わりと有名人がお忍びできているのかと思います。それも納得、といった宿です。

ただ、こちら家族旅行にはおすすめできません。少人数での旅行向きの宿です。

また楽天の温泉評価が日本一になったことも納得の温泉です。

神代の湯の詳細

一泊6000円~、修善寺からバス15分&徒歩20分、楽天口コミ★4.11

神代の湯のデメリット

  • 割と経営が変わっている(サイトを見るとわかるかと)
  • 接客がほとんど放置(いいとも言える)
  • 食事の量はふつう~やや少な目
  • 部屋にトイレなし
  • 布団はセルフサービス

神代の湯のメリット

  • お湯の良さは伊豆で一番いいと個人的に思っている
  • 食事が無農薬(すこいことです!)
  • 掃除が本当にカンペキ!
  • 湯治も受け入れている
  • 割と年齢層高め(メリットかデメリットかわからない)

 第2位 湯元 和泉屋旅館

出典:和泉屋旅館

こちらは、長野県青木村にある田沢温泉の和泉屋旅館です。こちらはネットから予約できないだけあって、知っている人がすごく少ない印象です。

なぜ、春に長野県かといいますと、この青木村は雪が少ないので、春に安心して行くことができるので、ランクインしました。

またぬる湯ではありますが、近くの沓掛温泉のようにぬるすぎないので、春におすすめできると思います。

また、こちらは家族旅行でもカップル、女子一人旅でもどなたでもおすすめできる宿です。

基本情報

一泊10000円~、上田駅からバスで30分

デメリット

  • ネットから予約できない
  • 情報が少ない(ネット上にほとんど口コミがない)
  • バス停から約3キロ(お迎え可、また歩く事も可能)
  • 電車の場合、近くに観光地はない

メリット

  • ごはんがとにかくおいしくて、量も多い(特に鯉の煮つけ)
  • 近くの共同浴場が最高すぎる(沓掛温泉&田沢温泉)
  • 新幹線の駅からアクセス可能
  • 全室トイレ付き
  • 一人旅でも割増料金なし

和泉屋旅館の公式サイト

この旅館のある青木村についてはこちらの記事も参考にしてください。

第1位 お風呂好きの宿 大東館

伊東温泉 大東館

出典:大東館

最後も結局、伊豆の温泉になってしまいました。色々期待していた方すみません。

こちらは静岡県伊東市の温泉です。伊東駅から歩いて行けます。

ですが、春に温泉といったら、やっぱり伊豆が最高です。

正直ボクは、春に必ず行く温泉です。

居心地の良さ、アクセスの良さ、温泉の良さなど総合してみるとこちらの大東館が一位になりました。

夜ごはんはないのですが、伊東の駅から近いこともあり、近くに飲食店がたくさんありますので、

心配ないです。

基本情報

一泊6000円台~、伊東駅から徒歩15分、楽天の口コミ★4.55

デメリット

  • やはり夜ごはんがない点です(近くのお寿司屋など、出前をとることはできます)
  • 朝食は簡単バイキング
  • 駅近なので、ビジネス利用者も多い
  • サービスは必要最低限
  • 高速のインターからは離れている(伊豆全般に言える)

メリット

  • 全ての浴槽、温泉の質が良い
  • 貸切風呂が色々あって、家族旅行でも楽しめる
  • エレベーター完備
  • 電車のアクセスが良い
  • 部屋もひろくて、きれい

 

2019年春に「実際行って良かった温泉宿」ランキング5選【関東周辺】のまとめ

いかがでしたでしょうか?

伊豆にかたよってしまったことをお許しください。

やはり、春に温泉に行くとしたら、まだ残る雪を見に行くより、初夏を先取りした方が良いかと思い、このような結果になりました。

環境が変わったりと、体調を崩しやすい季節ですが、上質な温泉に入ることで、健康の増進にも役立ちます。

これは、大げさに聞こえるかもしれませんが、体調を良くすることで、人生を良くすることにも一役かってくれます。

ちなみにボクもその一人です。

例えば、仕事のパフォーマンスを上げる、美容にいい影響を与えるなどです。

今回、料金が比較的安い宿の紹介になりましたが、なるべく気楽に温泉に行ってほしいな、という願いも込められています。

ぜひ、あなたの人生でこの温泉をお役だてください。

最後までお読みいただきありがとうござました。

 

追伸です。

本で温泉について調べたいという方にはこちらの記事を参考にしてください。

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-温泉特集

Copyright© KOUの温泉三昧 - 温泉ブログ , 2020 All Rights Reserved.