温泉を解説

温泉【含よう素泉】を解説「効能もふくめ、わかりやすさにこだわりました」

2020年4月17日

 

含よう素泉が気になる人「含よう素泉ってなんだろう?よう素って聞くとうがい薬しか思い浮かばないなあ~、知識増やしたら温泉がもっと楽しくなるこもしれない。誰か解説して!」

 

こういった疑問にお答えします。

 

温泉【含よう素泉】を解説「効能もふくめ、わかりやすさにこだわりました」

温泉の泉質は全部で10種類。その中の含よう素泉について解説します。

また本記事では、なるべくカンタンに解説すること集中しています。さらに専門的なことを知りたい場合は、他のサイトをご覧ください。

含よう素泉とは?

定義としては、温泉水1kg中によう化物イオンが10mg以上含有するもの。となります。実はこの泉質は、2014年7月に改定されることによってできた、新しい泉質です!

これだけでは、なにがなんだかわからないと思いますので、リストでご紹介します。

  • よう素とは、消毒液にも使われます(有名なのは、ヨードチンキ)
  • うがい薬のルゴールも同じく、よう素です
  • なので、殺菌作用があります(そりゃそうだ)
  • なんと東京・大手町から湧出

ひとことで言うと、

KOU
「安全、天然の消毒液のお風呂」

入った感じは?

気になると思います。こちらもリストでご紹介いたします。

  • 色はもちろん、うがい薬の色です
  • また、香りもうがいぐすりの香りがします
  • 口に含むと苦味があります
  • もちろん、うがい薬とは違うので、刺激が強いわけではない
  • 肌に沁みたりはしないです。(個人的な意見にです)

ひとことで言うと、

KOU
「うがい薬に入浴。でも刺激はないから安心」

その効能は?

実は、まだ新しい泉質のため詳しくはわかっていません。ただ飲用した場合の効能についてはわかっています。なので飲用の場合を中心にリストにします。(個人的には入浴でも同じ効果があるのでは?と思っていますが、今後の研究に期待します)

  • 疲労回復、健康増進
  • 脱毛の改善
  • 慢性の皮膚炎の改善
  • 動脈硬化の予防
  • 肌、髪のターンオーバーを早めて美しくする
KOU
「まだまだ謎の多い泉質です。」

こんな方におすすめします!

謎は多いですが、一応リストにしてみます。

  • うがい薬と似た温泉が気になる好奇心旺盛な方
  • 新しいもの好きな方
KOU
「まだまだ新しい!新しいもの好きにはたまらない!」

こんな方にはおすすめできません

じつは、効能はよくわかっていないのですが、入らない方が良いことは、わかっています。

それは、妊婦さんと赤ちゃん、甲状腺機能亢進症の方です。よう素の摂取が体に合わないようです。

含よう素泉の主な温泉地を紹介

実は、東京、千葉に、この泉質が多いのです。何か他の泉質と比べると、大変ふしぎな感じがします。では東京、千葉から3つご紹介します。

全て日帰り温泉でリンクをはっていますので、気になるところをクリックしてみてください。

※地方にもありますが、含よう素、以外の成分をたくさん含むところがほとんどであり、今のところ目立たない感じになっています。今後変わってくるとは思います。

とはいえ、今新しく情報をいただきましたので、ご紹介します。行ったことないのですが、すごく良さそうな含よう素泉です。ボクも近々行ってみようと思います。

長野県 子安温泉

(ホームページに含よう素泉の表記がないのですが、Skima信州さんのサイトでは、含よう素泉と表記されていました。よろしければご確認ください。)

 

温泉【含よう素泉】のまとめ

まだまだ、泉質としては、はじまったばかりの温泉です。それゆえ、情報も少なく、研究もあまり進んでいないようです。

しかし、うがい薬に似た温泉が、地下から湧いてくるって面白いですね。消毒の効果があるのなら、水虫とかキズに効くのでは?なんて思いますが、まだそれもわからない、ということになっています。

とはいえ、東京にいながらにして、温泉を楽しむことができますし、楽しみながら、この研究が進んでいくことを待ちましょう。

最後に、都心の温泉とあっては、消毒なしのかけ流しってそうとう難しいと思うのです。

実際にやったらたぶん、相当な高額の温泉になってしまいそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-温泉を解説

Copyright© KOUの温泉三昧 - 温泉ブログ , 2020 All Rights Reserved.