北海道・東北の温泉 福島県の温泉

ブログ【食事編】甲子温泉大黒屋「食事にも感動」

2020年12月25日

 

この記事は、甲子温泉大黒屋さんの食事のみをレビューした記事になっています。

結論を先に話してしまうと、ものすごいクオリティの高い食事でした!

「この価格帯では当たり前では?」という方もいらっしゃるとは思うけど、それにしたって素晴らしい食事!

詳しくは↓

ブログ【食事編】甲子温泉大黒屋「食事にも感動」

 

チェックインの時に、「夕食17時半でもいいですか?」と聞かれてもちろんOKです!と。

朝食は、7:30~と8:00から選べるとのことで、8:00にしてもらいました!

 

食事はどちらも会場にて

僕は一人で来ていたけど座るとこんな感じにのれんを下ろしてくれます。

これ下ろしてくれるだけでなんだか落ち着きます。(ちなみに一人旅)

ではまずは夕食から。

甲子温泉の夕食

こちらは最初に置かれていたものの全体像です。

そしてこちらはお品書き。

甲子温泉 大黒屋

ドリンクもいろいろと。

僕は普段、旅に出ると飲んだり飲まなかったりだけど、今日は飲みます。注文したのは、「国権」というお酒。

この国権というお酒は、湯岐温泉の山形屋さんで知ったのだけど、美味しいのでおすすめです。

お刺身は、カワマスと桜マスのお刺身。川魚のお刺身を2種類って滅多に食べれないですよね!

どちらもすごく新鮮で美味しい!

お茶碗で熱が逃げないようにしてあったものは、炊き合わせ。珍しいのは、信田巻と呼ばれるお蕎麦を巻いたもの。(左上です。見えにくくてスミマセン)

味じたいはすごく薄め。それにもかかわらずこれだけ美味しいのは、素材と蒸しかたですかね。

こちらがメイン。福島牛を温泉で蒸したもの。聞いただけで美味しいのがわかるかと。

その後、天ぷらを持って来ていただきました。スミマセン本当は3種類だけどうっかり一つ食べてしまいました。笑(食べてしまったのは、ニンニクだけど、芽の出たニンニクで見た目にも味も最高でした)

この天ぷら、衣は薄いけどサクサクと職人の技を感じたかな。胃がもたれるとかは無縁ですね。

それからイワナの塩焼きとゴボウ味噌。もちろん焼きたてを熱々で、ちょうど良いタイミングで持ってきていただきました。

付け合わせのゴボウ味噌もすごく合いますね。

最後は、ご飯と呉汁。呉汁というのは、潰した大豆を入れたお味噌汁のようなもの。この地方に伝わる呉汁かな。

そしてデザートは苺と栃餅。これも福島の名物を食べれてうれしい。栃餅はすごいクセがあって好みが分かれると思うけど、僕は好きだな〜

最後に、

こんな感じにお茶が用意してくれていたけど、中は麦茶。麦茶はカフェインないので夜もいいですね。緑茶飲むと眠れなくなってしまう僕も安心して飲めました。

というわけで次に朝食です。

甲子温泉の朝食

ご飯とお味噌汁は後から持ってきていただきました。

なんといってもまずサラダがたっぷり!いつも野菜から食べるようにしてるのでありがたい。

真ん中のおひたしは何にも味がついていなくて醤油をかけて食べました。

茹で加減が絶妙すぎて「え、こんなに茹でかたで変わるの?」って思いました。

右上の蓋がしてあるものは、

湯豆腐でした。真ん中には梅が入っています。「こういう湯豆腐って初めてだな〜」と。一つ一つ手作りかと思います。

お味噌汁には、

こんな感じの大きめな珍しいキノコやズイキが入っていていいですね。郷土食を朝もいただけるのです。

食後はロビーでコーヒーも、

自由に飲んで良いそうです。

ロビーでゆっくりと雪を見ながらコーヒーをいただきました。近くの本棚に松本英子さんの著書「49歳、秘湯ひとり旅」があったので読みつつコーヒーを飲みます。

この「49歳、秘湯ひとり旅」という本では6カ所の温泉をまわった様子が漫画になっています。めちゃくちゃ面白いですよ!

というわけでコーヒーも飲んで大満足です!

この後は部屋でゆっくり、、ではなくまた温泉へと向かいました。笑

日帰りでも食事は可能

もしかしたら他にもあるかもしれないけど、こちらが部屋にありました。

僕が日帰りで食事するとしたら間違いなく「イワナの塩焼き定食」だろうな〜

 

というわけで食事編は以上になります!

【まとめ記事】

甲子温泉 大黒屋
【宿泊記ブログ】甲子温泉大黒屋「雪ふる秘湯に感激」

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-北海道・東北の温泉, 福島県の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUの温泉三昧 , 2021 All Rights Reserved.