鹿沢温泉 紅葉館

群馬県の温泉 関東の温泉

群馬県【鹿沢温泉 紅葉館】日帰り入浴「見た目のインパクト最強!」

 

こんにちは、KOUです。

 

こちら大変に有名な秘湯だけど、設備もきれいで温泉はもちろん最高でした。とにかくそのインパクトがすごい!いかにも「効きそうだな〜!」って感じです。

 

それでは具体的に解説とレポートをしていこうと思います。(ちなみに日帰り入浴は4回目です!)

 

群馬県【鹿沢温泉 紅葉館】日帰り入浴「見た目のインパクト最強!」

鹿沢温泉 紅葉館

受付でまずはお会計を。日帰り500円でした。

いや、山奥の秘湯なのにすごいきれいだな〜。ちなみに現在(2020年10月)はお休みだけど日帰りでお蕎麦をいただくことも可能です。

そちらの設備はわりと年季が入った建物。

サンダルに履き替えて進むと、温泉が見えてきました。

鹿沢温泉 紅葉館

歴史のある建物と、美しさ、秘湯の感じでとにかくワクワク。

【鹿沢温泉 紅葉館】いざ、有名秘湯へ!

鹿沢温泉 紅葉館

着替えるところは、下記のような感じで鍵付きではないのでご注意を。少し離れたところに無料のロッカーがありました。

カミソリは無料でサービス。使いあわったら釜飯の器へ。横川が結構近いしね。

ここの温泉、すごい成分が濃いのでしょうね。とにかくその成分で変色しまくり!

 

また、体を洗うところは滝のようになっていて、温泉と水がかけ流されていました。(左が温泉、右が天然水)

 

窓を開けると動物が入ってきてしまうそうな。こんな表記が。さすが秘湯!!

入ってみた感想は?

源泉の温度は47度。もちろんそんなに熱いはずはなく使用温度は42、3度かな。

いい温泉って最初熱く感じるけど入ってみるとそうでもないってことが結構あるんですよね。(お湯が新鮮だとこんな現象が起こるようです。蔦温泉で知りました。詳しくはこちらの記事で)

なので意外とゆっくり入ることが。しかし成分の濃さからか一気に汗が吹き出しますよ!

自分の体が見えないくらいに青白く濁っていて、それもまた気持ちが良いですね。鉄分が多いのかな、そんな香りもまた格別。

湯上りは?

炭酸水素塩泉だけあって、いつまでも体があったかい。というよりサッパリした!って感じ。

また肌もしっとりしたってよりもサッパリしたな、って感じ。

【鹿沢温泉 紅葉館】泉質と効能

当然ながら、源泉掛け流し。しかもドバドバと。もちろん循環、消毒なしです。

源泉:雲井の湯

泉質:マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉

効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・関節のこわばり・くじき・冷え性・火傷・慢性消化器病・痔症・切り傷・病後回復期・胃腸病・婦人病・肝臓病・美肌

歴史をひもとく!

鎌倉時代から湯治場として栄えてきました。また大正時代には火事で紅葉館以外は焼失してしまったようです。

信州から続く100体の観音様があって、ここがちょうど100番目なんだとか。それも栄えた要因でしょうね!

またこの温泉は、宿の中でもすごく低い位置に。これって限りなく自噴泉に近いということですね。どうりでお湯に新鮮さを感じるはず。

これだけお湯が新鮮だと、還元率が高くて若返り効果とかありそうです。

>>> 自噴泉についてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

【鹿沢温泉 紅葉館】営業情報

日帰り入浴の時間:10:00~16:00

入浴料:500円

アクセス情報:送迎などはないので行くとしたら車オンリーです。

【鹿沢温泉 紅葉館】寄り道するなら

アクセスがあまり良くないので、近くにあるおすすめの温泉についてご紹介しておきます。

寄り道で日帰り入浴をしたり、紅葉館に宿泊した際に寄り道するのもおすすめ。

参考までにどうぞ!

  • 草津温泉(約40分)
  • 万座温泉(約50分)
  • 田沢温泉・沓掛温泉(約70分)

まとめ:群馬県【鹿沢温泉 紅葉館】日帰り入浴「見た目のインパクト最強!」

いかにも秘湯という感じで周りは自然だらけってのもいいですね!

設備が綺麗だから、「いかにも秘湯でボロボロなのはイヤだ!」って方にも安心しておすすめできます。

インパクトのあるにごり湯、秘湯にぜひ入ってみたい方はぜひ行ってみてください!

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-群馬県の温泉, 関東の温泉

Copyright© KOUの温泉三昧 - 温泉ブログ , 2020 All Rights Reserved.