群馬県の温泉 関東の温泉

草津温泉の泉質と効能、7つの源泉を解説「恋の病以外は全て治す!」

2020年6月9日

 

こんにちは、KOUです。

 

悩んでいる人
草津温泉に今度行くから、泉質とか効能とかいろいろ知りたいな

 

こういったご質問にお答えします。

 

本記事の信頼性

KOU
僕の温泉歴は10年ほど。毎週温泉に出かけます。もちろん草津温泉にも何度もきています。詳しくはプロフィールをご覧ください

 

草津温泉の泉質と効能7つの源泉を解説「恋の病以外は全て治す!」

まず一番大事なところから。

草津温泉のお湯は酸性泉です。しかも強酸性泉です。たとえてみれば、レモンのようにすっぱい温泉です。

また5寸釘を10日で溶かしてしまったり、1円玉は1週間で溶かしてしまったり、そんなワイルドな温泉です。

ではさらに具体的に解説していきます。

草津温泉の基本的な情報

草津温泉の基本的な温泉の情報です。

湧出量は?

湧出量とは、その名のとおり温泉が湧く量のことをいいます。

温泉の規模にもよりますが、この湧出量が多いほど新鮮なお湯に入ることができる可能性が高いです。

草津温泉の総湧出量は、1分間に32300リットルで日本で第5位。また自然湧出量は31582リットルと日本一です。2位の別府に倍くらいの差がありますので、圧倒的です。

ちなみにドラム缶にすると一日でなんと23万本になるんです!

すごいですよね!

効能について

草津温泉には、昔から湯治がさかんだった歴史があるほど、本当に効能が豊かです。

草津温泉で湯治については、下記の記事を参考にしてみてください。

【効果あり】草津温泉で湯治「アトピー持ちの温泉マニアが考察」

  こんにちは、KOUです。 この記事を読んでいる方は、草津温泉で湯治を考えている方だと思います。 であれば、本当に効果があるのか?ということが知りたいと思います。 結論は、完全に自信を持っ ...

続きを見る

また「恋の病以外はすべて治る」なんて言われています。

とはいえ、一般的に言われている効能はこんな感じです。

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性、病後回復、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、動脈硬化症、運動麻痺、関節の強張り、打ち身、挫き、慢性消化器病、痔疾、切り傷、火傷、虚弱児童、慢性婦人病、糖尿病・高血圧症など

ですが、とくに効果があるのは、皮膚病です。

ボク自信これで、かなり肌がきれいになった経験があります。アトピーやあせも等でお悩みの方は一度草津温泉で湯治をしてみることを強くおすすめします。

禁忌症について

草津温泉は5寸釘が1週間で溶けてしまうくらいですから、それだけ注意も必要なんですよね。

具体的にはこんな感じ。

急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、高度の貧血、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、皮膚、粘膜の過敏な人

こんな感じに書かれていますが、こういった重症な病気にも効果があったなんて体験談があったりすることも事実です。

もちろん無理をすることはやめましょう。

草津温泉に入るときの注意点

そのほかの注意点をまとめてみます。

  • 草津温泉のお湯は熱いので、しっかり足元からかけ湯をしましょう
  • 小さいお子さんの長湯は、湯あたりをしないように注意しましょう
  • 冬はとくに乾燥肌の方は保湿をした方が良いと言われています(個人的には草津温泉に入ると結構肌がしっとりする気がしています)
  • 肌の弱い方は最後にシャワーで流した方が無難です

ぼくも肌が沁みるな~って思ったときは、シャワーで流して出たりしています。

とはいえ、流さない方が温泉の効果は高めです。

草津温泉の源泉は6種類+α

草津温泉の主な源泉は、6種類あります。具体的にまとめてみます。

湯畑源泉、西の河原源泉、地蔵源泉、白旗源泉、煮川源泉、万代鉱源泉

この他に「わたの湯源泉」というのがあります。

では具体的にそれぞれを解説していきます。

湯畑源泉

湯畑源泉は、草津を代表する源泉でもあります。草津温泉の源泉の中では、比較的やわらかい印象で、無色透明であることが特徴です。

共同浴場の「千代の湯」でも入ることが可能です。

西の河原源泉

草津温泉の西に西の河原公園というところがあります。そこで湧いている温泉がいくつもあるのですが、それをすべて西の河原源泉と呼んでいます。

色は無色透明で、やわらかい印象から湯畑源泉に似ていると言っていいと思います。

そしてその湧いている温泉のひとつひとつに「琥珀の池」や「鬼の茶室」など、名前がつけられていたりします。

ちなみに有名な「西の河原露天風呂」の源泉は西の河原源泉ではなく万代鉱源泉が使われています。あまり知られていないですが面白いことです。

地蔵源泉

湯畑から東に少しすすんだあたりにあります。「地蔵堂」のわきから湧いているので地蔵源泉と呼ばれています。

特徴としては、少し白く濁っていて、また少しピリッとするお湯です。とはいえ強烈なお湯ではありません。

また6つの源泉の中では、一番湧出量が多く貴重な源泉です。

草津温泉の中で特に良い源泉と言われたりもしていますが、ボク個人的にもすごく好きで草津温泉に来たら必ず共同浴場の「地蔵の湯」によります。

共同浴場の地蔵の湯でこの源泉を堪能することができますので、ぜひ行ってみてください。おすすめです。

またこの地蔵源泉についてはさらに詳しく別記事でも解説しています。

草津温泉 地蔵の湯
草津温泉【地蔵の湯】を解説「温泉マニアがその魅力も語ります」

  こんにちは、KOUです。   悩んでいる人草津温泉の外湯「地蔵の湯」はいったいどんなところなんだろう。いろいろ詳しく知りたいな。   こういった疑問にお答えします。 ...

続きを見る

白旗源泉

湯畑の近く、少し上に行ったあたりに湧いています。この源泉の特徴としては、白くにごっていることです。いわゆる温泉らしい温泉といった感じ。

共同浴場の「白旗の湯」で入ることができます。

ちなみに昔は「御座の湯」と呼ばれていました。明治時代に源氏の白旗にちなんで、「白旗の湯」に変更されました。

最近新しくできた日帰りの入浴施設「御座の湯」はここからきています。

ですがこの入浴施設で使われている源泉は、万代鉱と湯畑源泉です。これもなんだかおもしろいことです。

煮川源泉

煮川源泉は共同浴場と日帰り入浴施設の「大滝乃湯」で使われています。

その特徴としては、とにかく熱いこと。大滝乃湯では、いろいろな温度が設定されていてすごく面白いのでぜひ行ってみることをおすすめします。

なぜ熱いかというと、空気にふれさせないからです。なので、温泉の新鮮さを一番感じる源泉かな、なんて思ったりします。

また無色透明でピリッとした温泉です。身も心もひきしまるような、そんな源泉です。

大滝乃湯についてはこちらを参考にしてください。

万代鉱源泉

万代鉱は、草津温泉から万座温泉の方に2.5キロほど行った山中に湧いている源泉です。

草津温泉の中では、特に湧出量が多く、新しくできた旅館やリゾートホテルはほぼほぼこの源泉が使われています。

特徴としては、とにかくピリッとするとにかく強烈な源泉です。

肌にキズがあったら間違いなく沁みて痛いですし、キズがなくても沁みるほど強烈な源泉でもあります。酸性が一番高いので、それゆえヌメリ感があります。

とにかく刺激を求める方にはぴったりです。草津温泉に宿泊するととにかくこの源泉が多いので、ぜひこの刺激を体感してみてください(笑)

わたの湯源泉

わたの湯は万代鉱とはうって変って非常にやさしい源泉です。

その名のとおり「わたのようになめらか」からきています。

6つの源泉に比べると非常に入ることのできる宿はかぎられています。

また源泉の色は少し白濁しています。酸性の温泉は、たいがい強烈の温泉であることがほとんどですが、酸性の温泉であってわたのようになめらかというのは、大変めずらしい温泉といえるでしょう。

この貴重な源泉に入ってみる価値は当然ながら高いものがあります。

 

【まとめ】草津温泉の泉質と効能を解説

いかがでしたでしょうか?

同じ草津のお湯でもそれぞれ特徴があって面白いですね。もちろんすべての源泉に入ってみることがおすすめです。

そのすべての源泉に入っているうちに恋の病以外すべての病気が治ってしまうなんて最高ではありませんか(笑)

ぜひ、草津温泉に行ったらこの源泉は何かな?なんて思ってみてください。

さらに草津温泉を楽しめることと思います。

本記事を参考に草津温泉を旅していただけたら大変うれしいです。

それでは良い旅を!

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-群馬県の温泉, 関東の温泉

Copyright© KOUの温泉三昧 - 温泉ブログ , 2020 All Rights Reserved.