鹿の湯

関東の温泉

栃木県那須温泉【鹿の湯】の感想「詳しくまとめました」

2020年4月9日

 

那須温泉鹿の湯に行こうと思っている人「那須温泉にある鹿の湯が気になる。那須の日帰り温泉で有名だけど実際どうなんだろう…?良さげなら行ってみたいので、経験者の声を聞いてみたいです。」

 

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 那須温泉【鹿の湯】に行ってきた感想
  • 奈数温泉の【鹿の湯】に行く前に知っておくべき知識

この記事を書いているボクは、かれこれ10回以上行ったことがあります。

実体験をもとに、レビュー記事を書いていきます。

栃木県那須温泉【鹿の湯】に行ってきた感想

出典:とちぎ旅ネット

 

簡単にまとめるとざっくりこんな感じになります。

  • にごり湯の酸性硫黄泉がめちゃくちゃ気持ちがいい
  • 温度の種類は6種、気持ちがいいのは、44℃と46℃
  • いつも混んでいる
  • 体力をけっこう消耗する
  • 温泉の効能を確かに感じられる
  • 帰ったあとも温泉の香りがぬけない(個人的には最高)

ずばりにごり湯です。白く濁っています。濁り湯好きにはもうこれだけで、たまらないのでないでしょうか?とにかく成分が濃いことがわかります。

家に帰ってもちょっとやそっとじゃ匂いがぬけない(笑)はい、3日は覚悟してください(笑)

ちなみに泉質は酸性硫黄泉で、なめるとレモンのようにすっぱいです。また、目に入るとかなり痛いので要注意(笑)

お風呂は全部で6種類あって、ぬるいのからあついのまであります。46℃以上は相当気合を入れないと入れないです。ボクは46℃はいれました。48℃入っているおじいちゃんいたけど、少し心配になりました…(笑)

この温度が色々設定されている理由は、なるべく熱い温度に入れるようにとの配慮なようで、たしかに熱いお湯に入ったほうが、気持ちがいいのです。

これは不思議なことだけど、伝統的に熱いお湯に入ることをすすめている温泉では、なるべく熱いお湯に入った方が、気持ちがいいです。

また、こちらの温泉いつも大変にぎわっているんですよね。ねらいめは平日の午前中です。休日は大変混むので、近くの小鹿の湯の方がいいかも。

小鹿の湯

ここで、注意することは、本当に濃い温泉だから、ものすごく体力を消耗するんです。入りすぎに注意することと、出たらゆっくり休む。これはやった方がいいですよ。

ボクも宿についたとき、「今、鹿の湯にも行ってきました」とお伝えしたら、「もうふとん敷いてあるからゆっくり休むといいですよ」と言われました。あたたかいお言葉。

さらに、「本も読まない、音楽も聴かないで休んだ方が効果ありますよ~」と。

まあ、それだけ体力を消耗するということです。

 

那須温泉の【鹿の湯】に行く前に知っておくべき知識

【鹿の湯】に行く前に知っておくべき知識をまとめました。

  • 伝統的な入り方が気持ちがいい
  • 高温(46℃と48℃)に入る際は声をかけるか、人が出てから入りましょう
  • シャンプーは使えない
  • ロッカーは使った方がいい(100円戻らない式)
  • 車上荒らしにも注意

やっぱり伝統的な入りかたって気持ちいいんですよ。先人の知恵に感謝です。まず、あたまにお湯を200回かぶる。こういう伝統のあるところって他、ボクは知らないな~

ここで唯一といってもいい、注意ポイントがあるので、ご紹介。できないとたまに注意されている人見かけますので。(注意されている人かなり多め(笑))

注意ポイント

46℃と48℃のお湯に入るときは、声をかけるか、人が出てからにしましょう。これやらないと、熱さにがまんできない人が続出します。これは、鹿の湯に行くといたるところに注意書きがあります。

あと、シャンプーとかはできないです。単純にお湯につかるだけ。これは覚えておいてください。そもそも酸性のお湯って石鹸の泡がたたないんですよね。

あと最後に、どうやらロッカー荒らしや、車上荒らしがあるみたいです。最近、人気で観光地化しているからでしょう。こんな湯治場ねらうなんてひどいですよね。注意してください。

ロッカーは入って少し左に入ったところにあります。100円もどってきませんが、預けた方が無難です。

 

【鹿の湯】の入り方を教えます。

簡単にまず、まとめます。

メモ

かぶり湯200回(こどもは100回)→1セット3分を3~5セット→出たらゆっくり休みましょう。近くで宿泊される際は、1日4回までと推奨されています。

 

こんな感じです。かぶり湯のメリットは主にのぼせの防止です。それだけ成分が濃いということです。

そのほかにもこのかぶり湯、肩こりにも効果があると、書かれていました。ボクもやりましたが、たしかにスッキリします。あとボクの経験では目もすっきりします。

帰りの車の運転、ものすごく視界がひらけているんです。血行がそうとう良くなっているのでしょう。

1回湯船に入るのは3分が推奨されています。この3分であったる温度に入るのがいいと思います。ここは先人の知恵をお借りして入りましょう。

鹿の湯にかぎっては、ぬる湯はあまり気持ちよくないです。実体験。

でたら、ゆっくり休むのがおすすめ。入ってすぐ運転するとものすごい睡魔におそわれます(笑)

ていうかこの湯疲れして、昼寝って最高じゃありませんか!

那須湯本の詳しい情報はこちらもぜひ合わせてお読みください。

栃木県那須湯本温泉を湯治・旅行前に保存すべき記事【旅の準備を手伝います】

こんにちは、KOUです。 悩んでいる人那須湯本温泉が気になる人「那須湯本温泉って気になるなあ~、那須温泉とは違うのかな?鹿の湯は有名だけどいったいどんなところだろう?」   こういった疑問に ...

続きを見る

鹿の湯の営業情報

  • 営業時間 8:00~18:00
  • 年中無休
  • 料金 大人500円 子供300円

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-関東の温泉

Copyright© KOUの温泉三昧 - 温泉ブログ , 2020 All Rights Reserved.