出典:大丸温泉公式サイト

関東の温泉

那須温泉に行くなら【那須七湯+1湯】がおすすめ「この中からさらに厳選します」

2020年4月11日

 

こんにちは、KOUです。

那須に温泉旅行に行く人「那須に温泉旅行に行くけど、那須って言っても広くてどこがいいかわからないな~、どこの温泉がいいんだろう。泉質についても気になるな~」

 

こういった悩みにお答えします。

本記事の信頼性

これを書いているボクは温泉歴10年ほど。那須温泉は温泉旅をはじめて以来何度もきているところです。詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

那須七湯+1湯とは?「簡単に解説します」

 

那須七湯は、近世長きにわたり伝えられてきた、那須の温泉です。

大正期に、じつはいくつか温泉が新たに発見されて十一湯にまでなった経歴もあります。

現在は、七湯に落ち着き七湯とされています。

もともと板室温泉は七湯に入っていたのですが、なぜか現在そこから外されていて、八湯と呼んだ場合のみ入るというような現状です。

外された原因は泉質というより、場所が少し離れているということだと思います。とはいえ、有名な鹿の湯から車で20分程度です。

本記事では、この板室温泉を追加するため+1湯としています。では、まずリストでご覧ください。

  • 那須湯本温泉
  • 大丸温泉
  • 弁天温泉
  • 北温泉
  • 八幡温泉
  • 高雄温泉
  • 三斗小屋温泉
  • 板室温泉

これで七湯+1湯です。

 

ボクが那須温泉で那須七湯+1湯をおすすめする理由

 

ボクが那須温泉で那須七湯+1湯をおすすめする理由をまとめました。

泉質にもこだわった温泉をさがしていたり、歴史を感じたい方は、この中からさがせば、間違いないです。

それでは、理由を2点ご紹介します。

泉質が良い

歴史があって古くから温泉が湧いているだけあって、泉質が良いところがほとんどです。ほとんどと書いた理由は、残念ながら、湧出量が少なく、循環しているところも含むためです。とはいえ、泉質の良いところが多いです。

歴史を感じることができる(見どころが満載)

温泉地の周りに、歴史的なものがあったり、旅館そのものに歴史があるところが全てです。

せっかく旅行に行ったら、そういった歴史を感じることも非日常を感じることができて、良いのではないかと思います。

神社など、パワースポットが近くに多いことが特徴です。

那須七湯+1湯に入れる宿泊施設と日帰り入浴施設を一気に紹介します

では、順番に日帰り施設と、宿泊施設をご紹介します。

おすすめできない温泉は、除いています(笑)

那須湯本温泉

こちらは、大変有名な鹿の湯と、民宿、旅館が立ち並んでいます。少し長くなりますので、記事を分けてあります。濁り湯の濃厚な温泉のため、インパクトのある温泉に入りたい!

と、そんな方におすすめします。

栃木県那須湯本温泉を湯治・旅行前に保存すべき記事【旅の準備を手伝います】

こんにちは、KOUです。 悩んでいる人那須湯本温泉が気になる人「那須湯本温泉って気になるなあ~、那須温泉とは違うのかな?鹿の湯は有名だけどいったいどんなところだろう?」   こういった疑問に ...

続きを見る

大丸温泉

こちらの特徴をリストでまとめてみます。

  • 秘湯の一軒宿(この温泉地に宿は1軒だけ)
  • 乃木希典将軍が毎年のように湯治にきていたことでも有名な宿
  • お風呂の数が全部で8つ
  • そのうち混浴が3つ
  • 豊富な湯量の単純泉がかけ流し

秘湯の一軒宿としては、関東でトップクラスに有名なのでは。憧れの温泉宿でありながら、1万円台~泊まれるとあって大変人気の高いところです。

 北温泉

こちらの特徴をリストにします。

  • なんといっても、テルマエロマエのロケ地として有名
  • こちらも秘湯の一軒宿
  • とにかくお風呂がたくさんある、入口に泳ぎ湯なんてのもあります。
  • 駐車場から少し歩くので、足の悪い方には不向き
  • 混浴もあり
  • 湯治場なので、4000円台~泊まれる

ロケ地になったこともあり、ボクが来たときも若い人が多かったのが印象的です。

予約は電話電話(0287-76-2008)かメールになります。詳しくはホームページをどうぞ。

北温泉旅館の公式サイト

高雄温泉

こちらもリストにします。

  • 泉質は中性、ぬるめの濁り湯
  • 宿は全部で3軒
  • 山あいで眺めが良い

高雄温泉に泊まるならこちら一択だと思います。

 

 

三斗小屋温泉

リストをご覧ください。

  • 山登り、徒歩2時間が必須
  • 営業は4月下旬から11月下旬
  • テント泊2000円なんてのもある
  • 山小屋なので、電気、電波はなし!
  • 泉質はアルカリ性単純泉

こちらの予約は電話のみになります。公式サイトからご確認ください。

三斗小屋温泉 煙草屋旅館

板室温泉

特徴をリストにしました。ご覧ください。

  • 宿は全部で11軒
  • 下野の薬湯とよばれていた、または杖いらずの湯
  • 泉質はアルカリ性単純温泉
  • かけ流しと循環が混在
  • また、湯治宿と高級旅館が混在
  • ぬるめのお湯なので、ゆっくり入れる

宿は全部で11軒ありますが、個人的に湯治目的の場合は那須湯本の方がおすすめです。板室に泊まるなら、高級旅館でなおかつかけ流しの宿に泊まる事をおすすめします。3軒ご紹介します。

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-関東の温泉

Copyright© KOUの温泉三昧 , 2020 All Rights Reserved.