関東の温泉

埼玉県で【おすすめ温泉】は2湯です「厳選しすぎました」

2020年4月12日

 

こんにちは、KOUです。

悩んでいる人
埼玉で温泉をさがしている人「埼玉って山もないし、海もないし、温泉もあんまり聞かないな~、知らないだけでどっかにいい温泉あったりするのかな?」

 

こういった疑問にお答えします。

 

ボクの温泉歴は10年ほど。毎週のように温泉に出かけます。そして埼玉在住です。埼玉にいい温泉はないか、ずっと長きにわたり探していました。結局10年かかって二つしか見つけることが、できませんでした。

補足。今回ご紹介の温泉、埼玉では人気&有名な温泉ですので、埼玉県内では非常に有名です(笑)

探す際にポイントとした点は、

  • お湯の泉質
  • 湧出量

この2つです。

もちろん他県の有名な温泉地には、かないません。そこはご了承ください。

とはいえ、埼玉県のツートップであることは間違いないと思います。

 

埼玉でおすすめの温泉その1【百観音温泉】

出典:百観音温泉

こちらは、埼玉県久喜市にある日帰りの入浴施設です。

この温泉のおすすめポイントは、なんといっても泉質で、

ナトリウム塩化物強塩温泉というものになります。

有名な温泉地では、熱海があります。

香りも、お湯の見た目も熱海そっくりと言っていいくらいです。今は陸地ですが、埼玉のこのあたり、

かつて海だったということです。

それが、何万年の時を経て、地上に現れているなんともロマンチックな温泉であります。

湧出量も毎分1000リットルと、大変湯量豊富です。

これが、東北の湯治場なら、最高のかけ流しの温泉になっていたと思われます。

そこは、埼玉の都市の温泉だけあって、消毒されています。

こういった大きな施設では、かけ流しといっても、消毒なしにはやっぱりきびしいのですね。

それでも、埼玉で熱海のような温泉を体験できる、すごい温泉であることは確かです。

百観音温泉の簡単な詳細

アクセス

JR宇都宮線 東鷲宮駅下車 徒歩3分(JR上野駅より55分)

営業時間

平日 8:00~23:00 土日祝6:30~23:00    休館日 火曜日

料金

大人(平  日) 800円(税込)
大人(土日祝日)850円(税込)
お子様        400円(税込)

 

詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください。

 

 

埼玉でおすすめの温泉その2【新木鉱泉】

出典:新木鉱泉

こちらの新木鉱泉は埼玉トップクラスの観光地、秩父にあります。

秩父で日帰り入浴もできる、大変歴史のある旅館です。(創業1827年)

秩父にもたくさんの温泉がありますが、残念ながら湧出量は多くありません。

こちらの新木鉱泉も湧出量が多くはないので、循環式にはなっていますが、

それでも埼玉のなかでは、いい温泉なので、ご紹介したいと思います。

先ほどの百観音温泉は、日帰り専門でしたが、こちらは日帰り、宿泊どちらも可能です。

ちなみにボクは、日帰り、宿泊、どちらもしたことがあります。

まずはじめに、おすすめポイントはここの泉質にあります。

具体的には、単純硫黄冷鉱泉です。カンタンに言うと、冷たい硫黄の香りがする温泉です。

そして、実はここに源泉にそのまま入ることができる水風呂があります。

この水風呂がおすすめできます。これに限り、源泉かけ流しで、埼玉で消毒なしの、かけ流しここ以外ボクは知りません。

そういった意味からも、この温泉が貴重なものといえます。

この水風呂がなかったら、こちらの旅館をおすすめしていなかったと思います。

では、こちらの旅館、お風呂以外も含めのメリット、デメリットをお伝えします。

まずメリットから

  • 源泉の水風呂が最高に気持ちがいい
  • サウナもある
  • 歴史は長いけど、大変きれいな旅館
  • 食事も温泉旅館では、最高のレベル(朝も夜も)
  • 秩父の観光地を巡ることができる
  • 都心から近いので、交通費がかからない

デメリット

  • 秩父駅からのアクセスがあまり良くない(歩くこともぎりぎり可能です。送迎のあります)
  • 安い部屋にトイレはない
  • 階段も歴史的なので、足の悪い方には不向き
  • やはり、いわゆる名湯にはかなわない
  • 宿のまわりには、何もない(良いともいえる)

埼玉でおすすめの温泉【新木鉱泉】の詳細

1泊7000円台~、

日帰り入浴 平日12:00~21:00  定休日 木曜日

料金 平日900円 休日1000円

 

埼玉県で【おすすめ温泉】2湯のまとめ

いかがでしたでしょうか。以上二つがおすすめになります。

ほかにもいいところがあれば、ボクも知りたいです。

ちなみに埼玉県人としては、秩父はすごくすばらしい観光地です。

観光地なんだけど、観光地らしくない。ふつうに人々が生活している。そんな魅力がつまっています。

秩父にきたことがない方は、観光をしながら温泉めぐりをするのも良いと思います。

グルメではお蕎麦とホルモン焼きのレベルがとにかく高いです。

最後に埼玉をまわるとしたら必読書かなと思いますので、こちらも紹介しておきます。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-関東の温泉

Copyright© KOUの温泉三昧 , 2020 All Rights Reserved.