群馬県の温泉 関東の温泉

【四万温泉】の飲泉を解説「これはぜったい飲むべきです」

2020年5月10日

 

こんにちは、KOUです。

 

悩んでいる人
四万温泉って飲泉できるって聞いたんだよね。今度行く予定だから飲泉について知りたいな。それと場所についても詳しく知っておいた方がいいよね

 

こういった疑問にお答えします。

 

本記事の信頼性

KOU
ボクの温泉歴は10年ほど。毎週温泉に出かける温泉マニアでもあります。また四万温泉には10回程度きたことがあります。

 

飲泉でなく入浴した際の効能などはこちらの別の記事をご覧ください。

【四万温泉】の泉質と効能を解説「40000種類の病気を治します」

  こんにちは、KOUです。 悩んでいる人今度四万温泉に行くことを考えているんだよね。どんな温泉なんだろう?せっかくだから効能についても知りたいな   こういった疑問にお答えします ...

続きを見る

【解説あり】温泉マニアが語る「四万温泉で飲泉をしてみました」

そもそも飲泉とは何?

飲泉とはざっくり言って温泉を飲むことです。

温泉を直接飲むことによってその効果をさらに高めます。

さらに詳しい情報を知りたい方は、こちらも合わせてお読みください。

【飲泉を解説】温泉地の紹介あり「効果があるってホント?」

  こんにちは、KOUです。 悩んでいる人飲泉について気になるんだよね。でもどこで飲泉ってできるの?ていうか安全?効果はあるのかな?   こういった疑問にお答えします。 &nbsp ...

続きを見る

四万温泉で飲泉できる場所はどこ?

四万温泉には、全部で3か所の飲泉所があります。これほど、たくさんあるのは、全国的にも大変珍しいことです。

その3か所が微妙にちがう点があるので、まず共通点からお伝えします。

四万温泉の飲泉所「その共通点を教えます」

共通点は、源泉は違うけど泉質が同じということです。具体的にはカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉といいます。

少しややこしいので、硫酸塩泉については、こちらに別記事を用意しました。

【温泉】硫酸塩泉を解説「効能も含め、わかりやすく読みやすくにまとめました」

  硫酸塩泉が気になる人 「温泉行くとたまに見る、硫酸塩泉ってなんだろう?硫酸って聞くとなんかこわいな~、誰かわかりやすく解説して!」   こういった疑問にお答えします。 &nbs ...

続きを見る

それでは、その3種類の違いと場所などを順番にご紹介していきます。

ゆずりは足湯飲泉所

出典:四万温泉観光協会

ゆずりは飲泉所は、四万温泉・日向見地区、国民宿舎『ゆずりは荘』の目の前にある八角形の建物が、ゆずりは飲泉所です。

中は広々としていてベンチも有るので、助かります。

四万温泉の有名な宿である『積善館』から1キロほどのところにありますので、散歩がてら行くことも十分可能です。

ちょうど水分補給にもなっていいですね!

あとせっかくだから足湯もしましょう!

ちなみに源泉名は、源泉名/湯の泉・山鳥の湯の混合泉といいます。

 

塩之湯飲泉所

出典:四万温泉観光協会

塩之湯飲泉所は四万温泉にくる途中必ず通るであろう道沿いにあります。四万郵便局のそばなので目安にしてください。

さきほどもご紹介した積善館からは、200メートルくらいです。こちらは、四万温泉の温泉街を散歩しながらまわれます。

源泉名は、明治の湯といいます。

四万温泉協会前飲泉所

出典:四万温泉観光協会

こちらは、上記の塩の湯とわりと近くにあります。なのでせっかくだから両方飲んでみましょう!

近いだけあって実は同じ厳選なんです。

飲泉した感想

たとえば硫黄の香りがするとか、鉄分が多いとか、そういったことがないので、四万温泉は飲みやすいです。

KOU
何かミネラルのようなものがものすご~く含まれているような感じがするな~

ってな感じです。

四万温泉の飲泉の効能は?「ちゃんと解説します」

温泉を飲むことからもわかるとおり一番の効能は、胃腸病です。下痢の人はあたたかいまま飲むと良くて、便秘ぎみの人は冷たく冷やして飲むと良い、など言われています。

他には、胆石、痛風、糖尿病あたりが言われています。

やはり暴飲暴食が原因の病気に効くような印象です。

だからと言って四万温泉に行って暴飲暴食するのはやめましょう(笑)

とはいえやっぱりそれもありかな?

【解説あり】四万温泉で飲泉【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

せっかく四万温泉に行くのなら、必ず飲泉もしましょう!

胃腸が健康になれば、旅の楽しさも倍増です!

 

追伸です。

先ほど飲泉所のところでご紹介した積善館は、千と千尋の神隠しの舞台になった歴史ある旅館です。

この宿の中にも実は飲泉所があります。ここに泊まれば、いつでも飲泉ができるので便利ですね!

また湯治部と旅館部の2種類があります。

四万温泉でおすすめの宿である積善館の詳しい歴史、レビューはこちらの記事を参考にしてください。

【湯治部】

【旅館部】

 

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-群馬県の温泉, 関東の温泉

Copyright© KOUの温泉三昧 - 温泉ブログ , 2020 All Rights Reserved.