古遠部温泉

北海道・東北の温泉 青森県の温泉

青森県【古遠部温泉】に日帰り入浴「トド寝の聖地」

 

こんにちは!

 

悩んでいる人
古遠部温泉って有名だけど、詳細を知りたいな

 

こういった方のお役に立てる記事になっています。

 

先日トド寝で有名な古遠部温泉に2度目の日帰り入浴をしてきました。

温泉好きの中では、わりと有名かとは思いますが、「一度は入りたい秘湯・古湯100選」という名著の中で紹介されていた温泉でとにかく憧れを持っていました。

とにかくドバドバ掛け流しの温泉で、飲泉もできて、見た目も素晴らしくて。

さっそくご紹介していきます。

【青森県】古遠部温泉に日帰り入浴「トド寝の聖地」

古遠部温泉

いかにも青森の秘湯に来たぞ!って感じで嬉しくなります。

【古遠部温泉】料金を支払って温泉へと向かう

古遠部温泉

こちらは、入ってすぐのところ。鈴を鳴らしたらおじさんが対応してくれました。

日帰り入浴350円です。

ちなみに撮影禁止って書かれてありますがもちろん許可をいただいています。

少し進むと温泉に到着。

こちらが女性用

男性は階段を降りたところです。

トイレは男性用の隣です。⬆️ 少し写っている笑

この扉の向こうが憧れの古遠部温泉!

【古遠部温泉】ドバドバ掛け流し

成分が凄すぎてもとの色がなんだったのかわからないほど。

実は窓から外を眺めると、この辺りいったいが変色しているんです。恐るべし。

古遠部温泉

これは実際の写真⬆️

入ってみた感想

とにかくあったまる!8月ということもあってとにかく汗が止まりませんでした。汗の止まらなさでは今まで入った温泉の中でナンバー1。

はじめはかなり熱く感じたけど、だんだん慣れてくる感じ。

泉質を調べてみると、泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉。しかも毎分500Lもの量が掛け流し。

鉄分を含んでいるような香りも。

成分分析書はこちら。

古遠部温泉

すごくよくあったまるのは、塩化物が関係しているのかな。

シャワー、シャンプーあり

1カ所だけありました。もちろん浴槽が大きくないのでこれで十分。

また注意点としては、貴重品入れとかそういったものはないので、みなさん自分の袋に入れて管理しているみたいです。

オマケ、トド寝とは?

オーバーフローする温泉の脇で横になるということ。それが「トドみたい」なんですね笑

夏は熱くてとてもできないですよ。夏しか来たことないからぜひ寒い季節を来たいな!

冬はきっと最高だと思われる。

【古遠部温泉】営業情報

営業時間 8:30~20:00 (但し冬期間は9:00~19:00)
休館日  年中無休
料金
大人: 350円
子供:無料

宿泊する場合の予約は、電話からのみになります。(0172-46-2533)

公式サイトも併せてご確認することをおすすめします。

【古遠部温泉】アクセス

宿泊の場合は予約をすればJR奥羽本線 津軽湯の沢駅から送迎をしていただけるそうです。

日帰りでしたら自家用車オンリー。下記のような細い道も通るのでそこは注意です⬇️

googleマップも参考になると思います。

 

まとめ:【青森県】古遠部温泉に日帰り入浴「トド寝の聖地」

いかにも青森の温泉!って感じがします。

素朴な宿で、泉質が良くて、山奥にあって何だか落ち着くんですよね!

今度はぜひ泊まりで来たいな、と。

実は食事の評判も高いんですよね!口コミ見ると、みなさん口を揃えて料金以上だ!って言っています。

青森の秘湯に行ってトドになりましょう!笑

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-北海道・東北の温泉, 青森県の温泉

Copyright© KOUの温泉三昧 , 2020 All Rights Reserved.