北海道・東北の温泉 青森県の温泉

【ブログ】酸ヶ湯温泉の混浴難易度は?「ワニはいるか?」

酸ヶ湯温泉

こんにちは、KOUです。

悩んでいる人
酸ヶ湯温泉の混浴ってどんな感じ?ワニさんいたりするのかな?結局、難易度はどれくらい?

こういった方のお役に立てる記事になっています。

結論「難易度は高くない…」です。

理由としては「湯浴み着」を着てもOK、そしてにごり湯だから。

これなら、服着て温泉に入っているのと同じですからね‥。

ちなみに、、

KOU
僕は酸ヶ湯温泉に合計で10泊ほど、そして日帰り入浴も2回ほどしたことがあるので、その経験をもとに記事を書いています。詳しくはプロフィールをどうぞ。

また本記事では、「ワニ」さんの生存状況と、「ワニ」さん対策についても書いています。笑

もちろん「ワニ」というのは、混浴でジロジロ見る人のことです!笑

それでは詳しく解説してみます!

【ブログ】酸ヶ湯温泉の混浴「ワニはいるか?」

ワニのような…ワニではないような…

合計で10泊ほどしているけど、「あ、この人ワニだな」

と、あからさまな感じはなかったです。

とはいえ混浴ゾーンに裸の女性が入ってきたら、凝視する男性が多数いるだろうな、というのが感想。

 

「千人風呂」の浴室の様子は?

酸ヶ湯温泉

出典:酸ヶ湯温泉

右奥が女性専用になっています。(脱衣所はもちろん男女別)

つまり、脱衣所から混浴ゾーンまではけっこうゆとりがあるということです。

 

女性の体験談を聞きました「湯浴み着なし」

湯浴み着を着ていなかったそうだけど、結論「めっちゃ見られて恥ずかしかった…」

だそうです。

上記の写真の通り、この「千人風呂」って柱がないんですよね。

つまり「見晴らしが良い…」笑

薄暗いとはいえ、30人男性が入っていたら、そのうちの「3分の2」くらいは視線を向けてくる印象だそうです…笑

では続いて、対策についてお伝えしますね!

 

酸ヶ湯温泉の混浴でできる3つの対策「ワニはイヤ!」

 

その1:売店に湯浴み着が売ってる!

酸ヶ湯温泉

売店のちょうど入り口のところに「湯浴み着」が売っていました。

温泉の気持ち良さは半減するかもですが、これなら服着て入るのと一緒な感じ。

 

湯浴み着にデメリットもある

  • 乾きにくい…
  • 持ち帰るのがめんどくさい…
  • 硫黄の香りが付いて臭い

など。

ちなみに女性の脱衣所には、湯浴み着の脱水機があるそうです。

持ち運びやすかったり、乾きやすかったりするものをAmazonなどで見つけていくのも良いかもですね。

 

湯浴み着のページ

 

その2:玉の湯を利用する

続いては、「千人風呂」を諦めるという方法。

「え、混浴以外のお風呂もあるの??」

というとあります。

それが上記の「玉の湯」。

さすがに、雰囲気や足元湧出の名湯である「千人風呂」には及ばないけど、それでも名湯は名湯です。

これなら落ち着いて入っていられるし、しかも設備はすごくキレイ。

「いや、それは解決になってない!」

という方は、、

 

その3:宿泊すれば女性専用の時間帯がある

もう宿泊する!の一択ですね。

夜の20時~21時と、朝の8時~9時は浴室全体が女性専用タイム。

しかも僕が深夜帯の時間に入ってみたけど、だいたい人は入っていなかったです。

つまり、宿泊すればかなりゆったりと「千人風呂」に入ることができますね!

食事や、部屋、接客のどれも素晴らしい旅館なので、とにかくオススメです!

 

まとめ:【ブログ】酸ヶ湯温泉の混浴難易度は?「ワニはいるか?」

ではまとめつつ終わりますね!

  • 混浴の難易度は低め
  • 湯浴み着なしは「ワニ」の餌食に…
  • 湯浴み着を着れば、ほぼノーリスク
  • 宿泊はすごいオススメ!

最高の温泉であることには変わらないですね。

それでは終わります!

【酸ヶ湯温泉の湯治部の宿泊記】

酸ヶ湯温泉
酸ヶ湯温泉【湯治部】宿泊記ブログ「混浴!日帰りもおすすめ!」

続きを見る

【酸ヶ湯温泉の湯治部と旅館部の違いは?】

酸ヶ湯温泉
【酸ヶ湯温泉】旅館部と湯治部の違いって?【結論:夕食と部屋】

続きを見る

【酸ヶ湯温泉ってアトピーに効果あるの?】

酸ヶ湯温泉はアトピーに良い?【結論:やめておいた方が無難‥】

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-北海道・東北の温泉, 青森県の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.