北海道・東北の温泉 青森県の温泉

【酸ヶ湯温泉】旅館部と湯治部の違いって?【結論:夕食と部屋】

酸ヶ湯温泉

 

こんにちは、KOUです。

 

昨年この酸ヶ湯温泉に宿泊していたのだけど、旅館部と湯治部でどこが違うのか旅館の方にお聞きしたので、まとめてみました。

 

その時僕は湯治部に宿泊していたのだけど、その時の宿泊記は下記にまとめてあります。

酸ヶ湯温泉
酸ヶ湯温泉【湯治部】宿泊記ブログ「日帰りもおすすめ!」

続きを見る

 

ではさっそく!

 

 

【酸ヶ湯温泉】旅館部と湯治部の違いって?【結論:夕食と部屋】

 

結論のとおりで、朝食は同じ。それから湯治部の方には、アメニティがないのでそこはご注意ください!

下記では、部屋、食事、料金、温泉についても解説しています。

 

【旅館部と湯治部】部屋の違い

旅館部は、

  • 3つの棟がある
  • 6〜8畳
  • トイレが付くのは1号館だけ

出典:酸ヶ湯温泉

こちらは、1号棟の和洋室のお部屋。モダンな部屋は、酸ヶ湯温泉でこれだけです。

 

出典:酸ヶ湯温泉

そしてこちらは、旅館部イ棟のお部屋。

続いて湯治部は‥

  • 4つの棟がある
  • トイレ付きは3号館

出典:酸ヶ湯温泉

こちらは湯治部の3号館。これはきれいですね!

ちなみに僕が宿泊したのは、下記の湯治の一人部屋です。(何号館かはスミマセン忘れてしまいました)

そして布団はこんな感じにセルフです。

すみに置いてあったので、敷くのは簡単でした。

旅館部と湯治部の部屋の違いで面白いのは、旅館でも部屋にトイレがついていないところがあったり、湯治部でもトイレ付きのお部屋があったりするのは面白いところですね。

それからアメニティは一切ないのでご注意を。(歯ブラシ、タオルなどです)

売店で買うことは可能です。

また湯治部の方には、自炊ができる施設があります。

部屋の違いをまとめてみると、

  • 旅館部は布団を敷くサービスがある
  • 旅館部にはモダンな部屋もある
  • テレビ、お茶菓子は湯治部にもある、しかしアメニティはない

 

全ての部屋をご覧になりたい方は下記のページがおすすめです。

>>> 酸ヶ湯温泉の全ての部屋の写真を見てみる

 

【旅館部と湯治部】食事の違い

まず最初に朝食は同じです。

違うのは、夕食だけ。

食事をする部屋も旅館部と湯治部では別の会場でした。

ちなみにこちらは湯治部の食事。

ホタテのお刺身と、あゆの塩焼きはあとから持ってきていただきました。

蓋が閉まっているものは、

つみれ汁です。

あとはここにご飯とお味噌汁が。

湯治ということもあって、量はやや少なめかと思います。(一般的な旅館と比べて)

とはいえ料理が質が低いかというとそんなことは全くなく、大変美味しいお料理でした。

写真を見ただけでもわかるかもしれませんね!

旅館部の場合はもちろんこれより豪華になります。

 

【旅館部と湯治部】料金の比較

酸ヶ湯温泉には、大きな部屋がないので3人以上になると、エキストラベットになります。

それゆえ、宿泊するなら一つの部屋に2人までで宿泊するのがおすすめです。

というわけで、2人で2食付きで宿泊した場合の料金を比較してみます。

  • 旅館部:15000円〜22500円
  • 湯治部:8000円〜13500円

部屋にトイレが付くか付かないかで大きく料金が変わる印象です。

 

【旅館部と湯治部】温泉は同じ

酸ヶ湯温泉の超名湯は、どちらに宿泊しても入ることができるのでご安心ください。

温泉の様子については、下記の記事でご紹介しています。

酸ヶ湯温泉
酸ヶ湯温泉【湯治部】宿泊記ブログ「日帰りもおすすめ!」

続きを見る

 

【旅館部と湯治部】どっちを選ぶか迷ったら‥

ではまとめてみます。

  • モダンな部屋を希望なら旅館部
  • コスパを考えたら湯治部
  • 長期滞在はもちろん湯治部

 

まとめ:【酸ヶ湯温泉】旅館部と湯治部の違いって?

この酸ヶ湯温泉はとにかくどちらでもコスパがいいな、というのが印象的です。

僕は、湯治部の一番安い部屋に泊まっていたけど、部屋の居心地が悪いとか、食事がおいしくないとか、そういったことは全くないです。

なので湯治部でも十分に旅が楽しめるなと思います。

それからこういったフリースペース‥

もあるので、

こんな感じにパソコンで仕事をすることも可能です。

湯治部でのこんな過ごし方も良いかもですね!

それではまた!

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-北海道・東北の温泉, 青森県の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUの温泉三昧 , 2021 All Rights Reserved.