北海道・東北の温泉 岩手県の温泉

台温泉【精華の湯】日帰り入浴記ブログ「泉質、駐車場の解説あり」

こんにちは、KOUです。

岩手県、台温泉の日帰り入浴施設「精華の湯」に日帰り入浴をしてきました。

源泉が100度近いので加水はされているけど、それ以外は何も手を加えていないすごい名湯。

証拠はコレ。

それではさっそく!

台温泉【精華の湯】日帰り入浴記ブログ

無人??

自分でチケットを買って入るシステムなようです。

出てきたチケットは、

こちらに入れます。

ちなみに防犯カメラはありますよ。笑

 

温泉へ

建物はリニューアルをしたようで、すごく綺麗だな〜と。

こちらは着替えるスペース。ドライヤーも完備。

僕は使わないけどね‥笑

では浴室へ!

結構な熱気が伝わってきました!

全体がヒバの木で作られているのかすごくいい香りが。

硫黄とヒバが入り混じったすごく良い香りがします!

源泉もそれなりの量で、オーバーフローもなかなかのもの。

この源泉に近い方が「熱め」で、離れた右側の方が「ぬるめ」と別れてました。

シャワースペースもかなりモダンですね!

 

入ってみた感想!

「いや!いい香り!」と同時に「結構熱いな!」

というのが感想。

この浴室自体もかなり熱いので、温泉に入るとさらに熱い‥笑

なので皆さん水のシャワーを浴びつつ入っているようです。笑

「何でわかるの?」

って、シャワーの温度が水のほうにひねってあるから。笑

はじめにいらした方も、もちろん水をかぶっていましたね。

そして僕ももちろん水のシャワーをかぶりつつ入ってます。

なので結論「冬来たらまた違う印象かもな〜」って思います。

とはいえ、ものすごい名湯であることは確かですよ!

 

泉質を解説「文句なしの名湯!」

冒頭でもお伝えした通り、加水以外は何も手が加えられてないです。

では成分分析書を。

こちらの重要ポイントだけピックアップしますね!

  • 源泉名:寿の湯
  • 含硫黄ーナトリウムー硫酸塩・塩化物泉
  • 源泉温度:95.6度
  • PH:8.3

ラドンの量も多いようです。

もしかしたら、このラドンを逃さないために、浴室が換気が少ないのかな?

ちなみに「ラドンとラジウムの何が違うの?」

って、空気に含まれるのがラドンで液体に含まれるのがラジウム。

とにかくこの温泉はミネラルたっぷりでラドン付き!

舐めてみると、一番感じたのは硫黄でした!

 

駐車場も広い

山に囲まれた素晴らしい環境で、駐車場も広いのでご安心を!

ちなみに台温泉のバス停からもすぐですよ!

「こんな山奥にバスが走ってるの?」って僕も驚いたけど、普通に走ってました。笑

 

精華の湯の営業情報

  • 営業時間:6:00~22:00
  • 年中無休!
  • 入浴料:500円

アクセスは、台温泉に来ればとにかく簡単にわかるので省略します!

 

まとめ:台温泉【精華の湯】日帰り入浴記ブログ

結論、もし台温泉に来たなら、絶対に立ち寄った方が良い!

僕もまた台温泉に来たら、必ず立ち寄る予定です。

またまた素晴らしい名湯に出会えてすごく嬉しい体験でした!

それではまた良い温泉が見つかり次第ブログにしていきます!

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

台温泉の宿を探したい方は下記をどうぞ!

 

 

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-北海道・東北の温泉, 岩手県の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.