高湯温泉 あったか湯

北海道・東北の温泉 福島県の温泉

高湯温泉の共同浴場【あったか湯】日帰り入浴「コスパ最強です」

 

こんにちは、KOUです。

 

悩んでいる人
高湯温泉でどこか日帰り入浴でおすすめはないかな?あったか湯はなんだか良さそう

 

こういった方のお役に立てる記事になっています。

 

本記事の信頼性

KOU
僕の温泉歴は10年ほど。毎週掛け流しの良い温泉を求めて旅行に出かけます。あったか湯さんにももちろん入っています

 

高湯温泉の共同浴場【あったか湯】日帰り入浴「コスパ最強です」

高湯温泉 あったか湯

おすすめ度

これは、あったか湯の駐車場からの風景。

眺めが最高!ホント、綺麗な設備ですよね。

高湯温泉【あったか湯】泉質は?

あったか湯

泉質は酸性の硫黄泉です。

酸性泉とは、その名の通り酸性の温泉で、phは、2.7。舐めると酸っぱく目に入ると痛いです。

硫黄泉は白いにごり湯である場合が多いのが特徴。硫黄の香り(本当は硫化水素臭)がしていかにも温泉と言った感じです。

パッと思いついてこの高湯温泉「あったか湯」に似ている温泉といえば、山形の姥湯温泉や群馬の万座温泉が近い印象です。

同じ福島県の温泉では、岳温泉にも似ています。

駐車場から見下ろしたあたりから温泉が湧いている様子。硫化水素ガスで事故が起きないため少し離れた場所から源泉を引いています。⬇️

高湯温泉 あったか湯

本当にありがたい配慮。

高湯温泉【あったか湯】入ってみた感想「露天風呂だけだよ」

酸性の温泉ではありますが、酸ヶ湯温泉や草津温泉のように強烈といったことはないです。

言ってみてばクリーミーな酸性泉。肌の弱い方でも安心なのは良いところ!

湧出量が多いと言うわけではないけど、新鮮でないと言うわけではないです。

露天風呂だけゆえの注意ポイントはこちらです⬇️

注意ポイント

  • 夏は日差しが当たる場合も(当たらない場所もあります)
  • 洗い場はないです(酸性泉だから大丈夫)
  • 冬はしっかりかけ湯をして体を温めよう(温泉に入る前は寒いかと)

高湯温泉【あったか湯】シャンプーは?ドライヤーは?ロッカーは?

まず、シャンプーはありません。

というか酸性泉だとシャンプーが泡立たないんですよね!温泉で頭洗うと、健康にもいいし気持ち良いのでおすすめですよ!

ドライヤーは、写真の通り置いてありませんでした。

あったか湯

コンセントはあるので、どうしても必要な方は持っていけば安心かと。

ロッカーは階段を降りる前のところに鍵つきのものがあります。(無料)貴重品はこちらに預けましょう!

高湯温泉 あったか湯

高湯温泉【あったか湯】のメリット・デメリット

メリットはこちら。

  • とにかくコスパが良い(250円)
  • 設備がきれい
  • ロッカーもあって安心
  • 泉質が良い

デメリットはこちら。

  • 内湯がない
  • シャワーがない
  • 食事処などもない
  • 人気があるので混んでいる可能性あり

こんな感じ。温泉に入るだけでOK!って方には最高です。

高湯温泉【あったか湯】営業情報

あったか湯 高湯温泉

基本的な営業情報は写真の通り。

  • 営業時間:9:00~21:00
  • 定休日:木曜日※祝日の場合は翌日定休日
  • 料金:大人250円、子供120円(安いよね👀!)

アクセス

〒960-2261 福島県福島市町庭坂高湯25番地

まとめ:高湯温泉の共同浴場【あったか湯】日帰り入浴「コスパ最強です」

ここは昔ながらの共同浴場と、スーパー銭湯の良いところを合わせたようなそんな温泉です。

なので「地元の人しかいない共同浴場はハードル高いよ!」って方にも安心しておすすめできます。

食事できるところもありませんが、日帰りでさっと素晴らしい温泉に入りたい方にはうってつけの施設ではないでしょうか。

コスパも良いしそりゃ人気あるよなって!

僕も高湯温泉で日帰りって思ったら、まずここを思い浮かべます。

とにかく良いところなのでぜひ行ってみてください!

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-北海道・東北の温泉, 福島県の温泉

Copyright© KOUの温泉三昧 - 温泉ブログ , 2020 All Rights Reserved.