自宅で温泉

みんなの肌潤風呂の成分は?「安全性を調査してみた」

僕はこれがアトピーと乾燥肌にすごい効果があったんです。

しかし、敏感肌だと「成分」がすごい気になりますよね!

というわけで調べてみました。

結論、アトピーでも安心して使えることがわかりました。

この成分をわかりやすくまとめると、

全成分:セスキ炭酸Na、炭酸水素Na、スクロース(ビート糖)、酒石酸、別府温泉精製湯の花エキス、ホホバ種子油、ヒポファエラムノイデス果実油(サジー由来)、酸化チタン、ポリアクリル酸Na、ポリアクリル酸、ベントナイト、エチドロン酸4Na、水、ポリクオタニウム-10、オレンジ油、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油

では具体的に!



 

>>> 先にみんなの肌潤風呂の公式サイトを見てみる

みんなの肌潤風呂の主要な成分を調べてみた

それでは順番に解説してみますね!

 

セスキ炭酸Naと炭酸水素Naと酒石酸

セスキ炭酸Naは、飲んでも大丈夫なほど安全な成分。

炭酸水素Naは、天然の温泉にも含まれている成分ですね。温泉の中には「炭酸水素塩泉」という温泉があるほど。

ちなみに美肌の湯と呼ばれる温泉はこの「炭酸水素塩泉」が多いです。

酒石酸は、ワインにも含まれる成分で皮膚を弱酸性に保つ働きのあるもの。

 

保湿成分:ビート糖

これは北の快適工房さんの主要な成分ですね。

ちなみに北の快適工房さんは上場している企業で、「カイテキオリゴ」などの有名な商品を開発した会社。

これはお砂糖なのでもちろん安全。

独特な肌のモチモチ感はこのビート糖のよるものですね。

 

保湿成分:別府温泉精製湯の花エキス

こちらも湯の花ですからね、もちろん天然です。

僕も別府温泉の特に「明礬温泉」の湯の花はすごくお気に入りです。

 

保湿成分:ホホバ種子油とヒポファエラムノイデス果実油

ホホバ種子油は、いわゆる最近人気の「ホホバオイル」のことですね。

このオイルもアトピーに効果ある天然のオイルで有名で、僕もこのオイルだけを愛用しています。

「ヒポファエラム果実油」というのは、僕も初めて知りました。

調べてみたところ、もちろん天然のオイルで、抗炎症効果と肌を再生する働きのあるオイルだそうです。

 

ペントナイト

モンモリロナイトを主成分とする岩石。ようは粘土のことだそうです。

 

香料:オレンジ油、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油

香料が天然で良かった!!

人口の香料とか人口の着色料が肌に良いわけないですからね。

これは説明不要かと思いますので、省略します!

 

結論!すごい安全な入浴剤!

市販されている入浴剤からすると、かなり安全な入浴剤といえそうです。

僕の敏感肌でも僕の母のアトピー肌でも問題なく使用することができました。

乾燥肌やアトピーの方は試してみると良いですよ!

(ちなみに定期購入だけでなく、単品での購入もできました。)

詳しくは、僕のレビュー記事でも解説してます。

それでは終わりです!

 

【北の快適工房 公式サイト⏬】



ムズムズ・ガサガサ肌用入浴剤『みんなの肌潤風呂』

 

 

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-自宅で温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.