岩下温泉旅館

中部・近畿の温泉 山梨県の温泉

岩下温泉旅館に日帰り入浴「霊湯のその泉質と効能は?」

2020年8月3日

 

こんにちは、KOUです。

 

悩んでいる人
山梨県の岩下温泉旅館って有名な秘湯だよね?霊湯なんて呼ばれているけど、その効能は?ぜひ体験談とかも知りたいな

 

こういった方のお役に立てる記事になっています。

 

本記事の信頼性

KOU
僕の温泉歴は10年ほど。毎週、掛け流しの良い温泉はどこかにないかと出かけます。詳しくはプロフィールも合わせてご覧ください。先日、岩下温泉旅館に日帰り入浴してきましたので記事にしています

岩下温泉旅館に日帰り入浴「霊湯のその泉質と効能は?」

岩下温泉旅館

岩下温泉旅館に日帰り入浴は500円【営業情報】

日帰り入浴できるのは、旧館です!

新館と隣り合わせなのですぐにわかると思います。

写真の通り、まずは500円払います。

ちなみに営業時間は、15:00~20:00の間。

定休日は、月曜日です。(祝日の場合は翌日)

使っているのかわからないけど、とにかく大きなそろばんが置かれていました!

その後、初めてだということを伝えるとわかりやすくご説明していただきました。

壁に作法が書かれていましたので、ご紹介します!

岩下温泉旅館の作法(入浴法)

岩下温泉旅館

まずは、お水を一杯飲みましょう!

これはどこも一緒!

岩下温泉旅館

まずは、温かいお湯にゆっくりと。

そしてタオルで身を包み霊湯に向かいます!

岩下温泉旅館

途中はこんな感じの通路を通らなくてはなりません。

ですので⬇️

ココに注意

バスタオルを忘れずに!男性は、フェイスタオルだけでもギリギリ可

岩下温泉旅館

いざ霊湯へ。

脇の下に手を入れて入浴するとのこと。

面白いですね!なんでだろー。冷たさを感じにくくするためかな。

ここ28度くらいなので。

岩下温泉旅館

そして交互浴。

これは自律神経を整える効果がありますね!

手浴をするだけでも効果があるそうです。

岩下温泉旅館の加温の浴槽

岩下温泉旅館

こんな感じ。奥が加温された浴槽で循環式。

左は、源泉28度。あとシャワーもありました。

体があったまったところで、さっそく霊湯に向かいます。

いざ、岩下温泉旅館の霊湯へ!

岩下温泉旅館

明治八年に造られたとあってすごく歴史を感じます。

岩下温泉旅館

岩のすきまから温泉がこんこんと湧き出てます!

オーバーフローもバッチリ!これはお湯が新鮮!

霊湯に入ってみた感想は?「入ったのは、7月のかなり涼しい日です」

28度とあって確かにはじめは、ひんやりとしました。

ところが意外や意外。なぜか長い時間入ることができるのです。

これは僕だけではないので確かかと。

まとめると、

  • はじめはひんやり
  • 意外と長く入れる
  • お湯がきれい&新鮮
  • 体が浄化されていく感じ
  • 湯上りはなぜか体が軽い

体がなぜかスッキリしたり、軽く感じるのはまさに霊湯だなって思いました。

科学でそういったことが証明されているかは不明です。

岩下温泉旅館の泉質と効能

泉質は、アルカリ性単純泉。

これだけ聞くと「じゃ、普通のお湯と同じ感じでは?」

と思う方が多いとは思いますが、なぜか違います。

なぜか気持ちが良いです!

効能は、交互浴からくる自律神経を整える効果が一番です。

とはいえ、これだけ体が軽く感じられるのだから、他にもいろいろな効能があるはず!

ぜひ実感してみてください。

宿泊すればゆっくりと入ることができる

交互浴をすると2時間くらいがあっという間に過ぎていきます。

じっくり、ゆっくりこちらの温泉を楽しみたい方は宿泊を検討するのも良いかと。

食事とワインの評判がすごく良い印象です。

 

この本を参考にここへ!ぬる湯好きの必読書!

この岩下温泉旅館の温泉はズバリぬる湯の温泉です。

きっとすでにぬる湯の魅力にお気づきの方も多いと思います。

僕自身も、栃尾又温泉や、沓掛温泉でこのぬる湯の凄さに気がつきました。

2020年7月に発売されたこの本は、ぬる湯だけを取り上げた画期的な本です。

今まで僕の知る限りでは、なかったはず。

ちなみにここへきた理由もこの本を読んだからなのです。

ぬる湯が好きな方には自信を持っておすすめできる本です。

ぜひ購入してこの本に温泉選びを手伝ってもらいましょう!

 

まとめ:岩下温泉旅館に日帰り入浴「霊湯のその泉質と効能は?」

はじめこそひやっとしますが、寒くて辛いということはありません。

というかそのままじっとしているなぜか気持ちよくなってきます。

しかも温泉から出ると割とポカポカしています。

とにかく非常に気持ちの良い温泉なのでぜひ体感してみてもらいたい温泉です!

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-中部・近畿の温泉, 山梨県の温泉

Copyright© KOUの温泉三昧 , 2020 All Rights Reserved.