中部・近畿の温泉 山梨県の温泉

山梨県【山口温泉】日帰り入浴ブログ「圧倒的な湧出量!」

2021年9月17日

山口温泉

こんにちは、KOUです。(プロフィールTwitter

先日、山梨県の名湯「山口温泉」に日帰り入浴をしました。

ここに来るのはホント久しぶり。

素晴らしい湧出量な記憶だけあって、いつかまた来たいな〜とずっと思っていた温泉です。

今回改めてこの山口温泉の凄さに圧倒されました。

ぬる湯好きの方にとっては「ここは天国か!」となること間違いなしです!

それではさっそく!

山梨県【山口温泉】日帰り入浴ブログ「圧倒的な湧出量!」

ナビを頼りに来てるけど「あ、ここか!」

 

住宅街にひょっこり。分かりにくい!笑

周りはこんな感じの普通の住宅街。

この住宅街にひょっこりと素晴らしい温泉が現れるのは、いかにも山梨県の温泉といった感じですね。

 

受付でお支払い

600円を支払って、浴室へと向かいます。

こちらが入り口。

途中、、

ペットボトルが置いてあって、温泉の持ち帰りがOKなんです!

僕も1本ありがたくいただいて帰りました。

普通は「温泉は持ち帰らないでください!」って書かれてありますよね?

ここ「山口温泉」は、多少のこと温泉を持って帰ってもなんでもないほどの湧出量。

なのでこんな贅沢なことができるんです。

こちらが着替えるスペースで、正面は露天風呂。

無料の鍵付きロッカーがあるので、安心です。

 

まずは内湯から

温泉の良い香りと熱風を感じます。そして温泉の湧く強烈な音が‥

しっかりとシャワーもありますよ。

温泉の湧くところに近くと、

「すごい!!」

別の角度もついでに‥w

普通このレベルで温泉が出ていると「あ〜循環されているのか」

ってガッカリしてしまうもの。

ところがここはもちろんかけ流し!

しかも、、近くにコップがあって飲泉も可能なんです。

オーバーフローもハンパでなく圧巻です。

入ってみると、温度は37℃ほど。永遠に入っていられるいわゆる「不感の湯」と呼ばれる温度ですね。

そして泡付きがすごい!!

お湯の鮮度があまりにも高いので、10秒ほどで身体が泡だらけに。

露天風呂はいったん脱衣所を通りつつ向かいます。

 

露天風呂へ

こちらももちろん、、

2本の湧出口からたっぷりと温泉がかけ流し。もちろんこちらでもコップが置かれているとおり飲泉も可能です。

温度は内湯よりほんの少しだけ温度が低いかもです。

そして泡つきは露天風呂の方が少しだけ強いかも。(とにかく微差ですが‥)

じ〜っと入ること1時間半。

飲泉をたっぷりしたこともあって途中でトイレに行きたくなってしまうんですよね笑(飲みすぎて3回行きました)

3回目にトイレに行くタイミングで帰ることに。

「いや〜もっと入ってたい」と。

山梨県には、こんな感じの素晴らしいぬる湯の名湯(例えば「玉川温泉」とか「韮崎旭温泉」など)

あるけど、僕はこの山口温泉が一番好きかもしれない。

なぜか今回、特に心地良く感じました。

少し成分についても解説しますね。

 

成分表を

こちらをまとめると、

  • 泉質:ナトリウムー炭酸水素・塩化物泉
  • 泉温:41.6℃
  • 湧出量:686ℓ/分(すごい!!)

そして確かに、炭酸と鉄分を飲んだ時に感じました。

また飲用については、

この通り。

確かにこの温泉を飲んだ後は、とにかく胃がスッキリする感じを受けました。

これは本当に、身も心も軽くなる感じ。

 

この温泉に入りながらイヤなことを考えるなんてできない‥

そんな印象の天国的な温泉でした。

受付の横には、少しだけ休憩スペースが。

ここには寄らず帰宅することに。

いやそれにしても素晴らしい温泉でした!

 

山口温泉の営業情報

  • 電話:055-279-2611
  • 料金:大人600円、小人400円
  • 営業時間:9:00~20:50
  • 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

 

おまけ:もしゆる湯がお好きなら‥

ちょっとおまけコーナーをつけて終わりにします笑

ぬる湯好きの方には、上記の5つもオススメです!

全て僕の日帰り入浴記のリンクになっています。

それではまた!

【すぐ近くの同じくドバドバ掛け流しのビジホ】

ホテル昭和 山梨
【ホテル昭和】宿泊記ブログ「ドバドバ掛け流しビジホに感激!」

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-中部・近畿の温泉, 山梨県の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2022 All Rights Reserved.