自宅で温泉

【安心】重曹風呂は危険?←安全な3つの理由

こんにちは、温泉オタクのKOUです。

重曹風呂がなんだか流行っていますね。肌がキレイになりますからね!

ところで「重曹風呂に危険性はあるの?」という疑問をもたれる方が多いので、まとめておきました。

結論は「安全」で「安心」。

本記事では「安全な理由」と「重曹風呂に関する有益な情報」をマルっとまとめましたので、サラサラとご確認ください!

 

【安心】重曹風呂が危険でない3つの理由

1. 重曹について「危険はない!」

重曹とは、炭酸水素ナトリウムのこと。

さらに重炭酸ソーダ、や重炭酸ナトリウムと呼ばれることも。

すべて同じ「重曹」のことですね。

重曹は短時間なら触っても大丈夫

これは、重曹を売っているメーカーの説明書きを見ると、すべて同じように書かれてあります。

触りすぎると、肌荒れの原因になる可能性があるとのこと。

しかし、入浴剤のように薄めて使う場合は、安全そのものとのことです。

 

2. 重曹「入浴剤、ベーキングパウダー、胃腸薬に使われる」

入浴剤には、たいてい重曹が疲れています。

例えば有名な「バブ」。この主成分は重曹で、「炭酸水素Na」と書かれてあるので、ぜひ確認してみてください!

» バブ(Amazon)

さらに、ベーキングパウダーや胃腸薬にも使われているので、「重曹が危険」ということは、そもそもありえないですね。

もちろん、極端に入れすぎはNGなので、普通の入浴剤レベルで入れる範囲なら大丈夫。

 

3. 温泉でいう「炭酸水素塩泉」→重曹泉

温泉には、泉質が10ほどあって、その中に炭酸水素塩泉というものがあります。

実は、昔はこれを「重曹泉」と呼ばれていたのです。

宮城県の鳴子温泉などを旅していると、確かに今でも「重曹泉」と書かれてあるところを良くみます。

ま〜結論、お風呂に重曹を入れる「重曹風呂」も安全ということです。

 

重曹風呂「さらに安全性を高める方法」

重曹「塩とアンモニアから作る」→「天然ものもある」

ボク自身、何度もお風呂に重曹を入れつつ入浴しています。

しかし、重曹のデメリットとして、肌がキレイになるけど、乾燥しやすいということ。

天然100%の重曹だと乾燥しない

もし重曹で、肌をキレイにしたり、健康効果を得るなら天然のものがベスト。

さらに天然ものは、安全性が高いというメリットもあります。

オススメは、「内モンゴル産の重曹」。

これはアースコンシャス・ストアという、天然100%の入浴剤を扱ったショップで購入が可能です。

さらにAmazonや楽天市場でも購入可能なので、ぜひチェックしてみてください!

コスパも良いです。

別に詳しく「内モンゴル産 天然重曹をレビュー」した記事もあります。

 

重曹「肌の余分な皮脂を除去→乾燥に注意」

重曹のデメリットとして、乾燥するということ。

油汚れに重曹を使うくらいだから、当たり前といえば当たり前。

温泉でも、炭酸水素塩泉に入浴したら、「しっかりと保湿」と言われていますね。

内モンゴル産の重曹だと、乾燥しにくいので、やはりオススメ。

 

重曹の入れ過ぎは、やはり危険

重曹は、洗浄力が強いので、入れすぎると肌の乾燥も強くなってしまうので危険です。

基本的に、家庭の浴槽(150-200L)に重曹1回約40~80gが目安、と言われています。

 

クエン酸を入れると炭酸泉に「危険ではない」

クエン酸を、重曹の半分の量入れると「炭酸泉」になるのは、有名な話。

市販の入浴剤は、この作用を利用しているのです。

「重曹にクエン酸を入れると危険なのでは?」というお話があるけど、もちろん安全。

しかし、入れすぎると炭酸ガスが浴室に充満してしまうので、危険。

適量を守った方が良いですね。

 

重曹風呂「危険ではないけど、2つのデメリットがある」

 

重曹風呂の2つのデメリットは、乾燥&清涼感があるということ。

 

重曹泉は、清涼の湯「克服できる◎」

重曹泉(炭酸水素塩泉)の温泉でも、清涼の湯と呼ばれたりしています。

有名な温泉地では、鳴子温泉や妙見温泉など。

たしかに、のぼせないけど、湯冷めもしやすいのが特徴。

夏は良い。冬は他の入浴剤と混ぜるのもアリ

夏は最高なんですけどね、冬は他の天然100%の入浴剤と混ぜるもオススメですよ。

ちなみに先ほどの、

こちらの口コミを見ても「エプソムソルトと混ぜたら最高」や「ピンクソルトと混ぜたら最高」の口コミもありますね。

温泉オタクのボクがオススメするのは、エプソムソルト 。

こちらは、保湿効果もあるし、湯冷めもしないし、秋・冬にオススメ!

下記の記事の中でも紹介してます!

「乾燥を防げ」秋・冬にオススメな入浴剤【ランキングあり】

続きを見る

 

まとめ:重曹風呂は危険ではない「安心でした」

では、サクッとまとめて終わります。

  • 重曹とは→炭酸水素ナトリウム
  • 重曹は、入浴剤、ベーキングパウダー、胃腸薬にも使われる
  • 温泉でも重曹泉がある「炭酸水素塩泉」
  • さらに安全→天然の重曹がベスト!(内モンゴル産重曹
  • 重曹の入れ過ぎは危険→目安はひとつかみ程度
  • 重曹のデメリットは乾燥&湯冷めしやすい

以上です!

結論はやはり、「かなり安全な入浴剤」だということ。

「危険」といっても、かなり入れすぎだ時に、肌荒れするかも…というレベル。

とりえあず、重曹の美容・健康効果が欲しい方は、やはり内モンゴル産の天然重曹がオススメですよ!

それでは終わります!

モンゴル産重曹
入浴剤【内モンゴル産重曹】をレビュー「普通の重曹とは全く違う!」

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOU

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-自宅で温泉