群馬県の温泉 関東の温泉

【比較】草津温泉と万座温泉どっちに行こうか迷ったら読む記事

草津温泉 湯畑

こんにちはKOUです。

悩んでいる人
草津温泉と万座温泉どっちに行こうか迷うな〜

こういった方のお役に立てる記事になっています。

 

KOU
僕は温泉オタクゆえに草津温泉には100回以上、万座温泉には20回程度行った経験があります。今年の8月は月の半分ほどを草津温泉で過ごしていたほど。

 

「どっちがオススメ?」と聞かれても「時と場合と好みによる」としか言えないです。

なので、それぞれの温泉地のメリット・デメリットを解説しつつ比較してみますね!

 

【比較】草津温泉と万座温泉どっちに行こう?

2つの温泉の共通点!

  • 標高の高い、高原の温泉地
  • 酸性の温泉で、掛け流しの名湯だらけ

標高は万座温泉の方が高く、さらに5度くらい気温が低いです。

温泉は、万座温泉の方が同じ強酸性の温泉でも「硫黄」が多いため、柔らかい肌あたり。

※酸性泉って「硫黄」が多いとお湯が柔らかくなるんです。

 

草津温泉のメリット・デメリット

草津温泉 湯畑

まずは草津温泉のメリットからいきますね!

  • 賑やかで温泉街「湯畑」の散歩が楽しい
  • 温泉グルメも充実!
  • 無料の共同浴場など日帰り入浴施設が充実
  • 宿もたくさんある

デメリットは、賑やかなところかな。

「温泉に行ってゆっくりしたいな〜」という方は「万座温泉」の方がオススメ。

 

万座温泉のメリット・デメリット

続いては「万座温泉」のメリットです。

  • 景色が抜群に良い!
  • 温泉地は静か
  • スキーをするのは便利(万座プリンスホテルはスキー場に直結)

デメリットは、山奥ゆえに色々とあって

  • 交通費が高くなりがち
  • 気温がかなり低いので注意
  • コンビニ、スーパーなど買い物はできない
  • 温泉街などはない
  • 宿の数は少ない

デメリットは多いけど、逆に言うとすごく旅行をしている気分になるのも万座温泉ですね。

 

2つの温泉を比較「オタク目線」笑

ざっくり言うと、草津温泉は「ピリッと」。そして万座温泉は「マイルド」。

それぞれたくさんの源泉があるけど、草津温泉の方が源泉によって趣きが変わる印象です。

下記の記事で草津温泉の 源泉について解説しました!

草津温泉の源泉の種類はいくつ?違いを比較してみた!

続きを見る

ちょっとまとめると、

  • ピリッとした温泉が好き→草津温泉
  • マイルドな温泉が好き→万座温泉
  • にごり湯が好き→万座温泉
  • 源泉100%が良い→万座温泉は一部「加水」、草津温泉はほぼ100%
  • 温泉の鮮度は→草津温泉の共同浴場が最高
KOU
どちらの温泉地も、酸性泉ゆえに掛け流しで、循環なし、消毒なしの名湯であることには変わらないです!

そしてどっちかが特に優れている‥ということもないと思っています。

とはいえ温泉から受ける印象はかなり違うのが面白いですね!

まとめ:【比較】草津温泉と万座温泉どっちに行こう?

では「こんな方にオススメ!」でまとめつつ終わりにします。

  • 温泉は賑やかな方が好き→草津温泉
  • 静かな温泉地に行きたい→万座温泉
  • なるべく交通費を抑えたい→草津温泉
  • 肌に傷がある→万座温泉(草津温泉は痛いかもです)
  • 温泉グルメを楽しみたい→草津温泉

結論!どちらも素晴らしい温泉地!笑

草津温泉だと素泊まりでも飲食店が多数なのが良いですね!

万座温泉は宿の数が「草津温泉」に比べて、かなり少ないです。

僕は主要な宿泊施設には、ほぼ宿泊しましたので、5つの宿を比較してます。

気になる方は参考までにどうぞ!

万座温泉のおすすめ宿は?5つの宿に泊まったので比較してみた

続きを見る

それでは終わります!

良い旅を!

 

 

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-群馬県の温泉, 関東の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.