群馬県の温泉 関東の温泉

草津温泉【御座之湯】日帰り入浴記ブログ「駐車場は近くにアリ」

こんにちは、KOUです。

草津温泉の御座之湯に日帰り入浴をしてきました。

2013年に新しくできた時に1回、そして今回2回の訪問です。

その間、草津温泉には100回以上来ている僕が、この御座之湯の「メリット、デメリット、こんな方にオススメ!」

をまとめつつ、ブログにしてみます。

それではさっそく!

 

草津温泉【御座之湯】日帰り入浴記ブログ

場所は、湯畑の目の前!

この「白旗源泉」が湧いているところの奥です!

となりは「光泉寺」というお寺。泉質が光ると書いて、「光泉寺」。良いですね、、

ちなみにその隣の「ぬ志勇旅館」は、貴重な白旗源泉を使った宿で、湯畑を見渡せる露天風呂まであってオススメ。

»「ぬ志勇旅館」を検索してみる(じゃらんnet)

話が逸れました!「御座之湯」の話に戻ります!

料金はこのとおり「大人600円の子供300円」。

営業時間もこの写真を拡大しつつご覧ください‥w

もし「大滝の湯」とか「西の河原露天風呂」にも行くなら上記の「三湯めぐり手形」を購入した方が安いです。

この2つの日帰り入浴施設もオススメ。

詳しくは、下記の記事をご覧ください。

では「御座之湯」の中へと。

中は、美しくてキレイ。

建物が新しいだけじゃなく、草津温泉の伝統をすごく大切にしている印象です。

自販機とかも特にないんですよね‥これ、多分だけど景観を意識してのことかと。

伝統と新しさという点で、式年遷宮を終えた後の「伊勢神宮」とかを思い出す感じ。

もともと、江戸時代と明治時代の頃には「後座之湯」という共同浴場があったのだとか。

それを非常にうまく再現した感じ。

ハッキリ言ってこの辺りの感覚は、脱帽というほど素晴らしいと思うんですよね。

 

「石」と「木」の浴槽

出典:御座之湯

毎日、日替わりでどちらかに入浴可能。

そしてそして、最大の特徴といえば‥

 

万代源泉と湯畑源泉

これが最高に素晴らしい特徴だと思います。

悩んでいる人
万代源泉と湯畑源泉って何?

って方は、下記の記事で非常に詳しくご説明してます。

【保存版】草津温泉でオススメの日帰り入浴「オタクの世界です‥」

続きを見る

ここでは記事が長くなりますので、サクッといきますね。

簡単に言うと、万代源泉はピリッと。そして湯畑源泉は優しい。

こんな感じ!

この御座之湯では、湯畑源泉の方が温度が低く設定されていることもあって、さらにマイルドに感じました。

 

2つの源泉の比較は楽しすぎる‥

「え、私に違いがわかるかな?」

ってわかりますよ!

「入り比べをするとこんなに違うんだな〜」と言うのが感想です。

 

湧出量はどれくらい?

草津温泉ゆえ、掛け流し、加温なし、加水なし、消毒なしはもちろん。

気になるのは、湧出量かと。

結論、一般的な旅館よりも湧出量が多め。そして共同浴場よりもやや少なめ。

と言う感じ。

十分に最高かと思います。

ちなみにすぐ近くの共同浴場「千代の湯」だとこれ以上ない鮮度抜群の「湯畑源泉」に入ることができるので、そちらとの比較も楽しいかと。

千代の湯
草津温泉の共同浴場【千代の湯】を徹底解説「同時に3人まで入れます^ ^」

続きを見る

 

休憩所は居心地良い

浴槽から2階へと。

いや、とにかく美しい‥

こちらが休憩室の入り口。

スミマセン、他の方が映らないように撮影。

床の間まであっていい感じ。

窓からの景色は、、

湯畑が見えてとにかく絶景!

 

御座之湯の良いところ

  • 源泉の入り比べが楽しい
  • 湯畑から徒歩0分
  • 建物の雰囲気がとにかく抜群!
  • 温泉の鮮度もある程度高い
  • 休憩室も心地良い

こんな感じ!

 

御座之湯で注意すべきところ

  • 駐車場からは徒歩3分ほど(有料)
  • 飲食は不可
  • サウナ、露天風呂などはない(シャワー、ドライヤーはあり)

サウナと露天風呂があると、江戸情緒が失われてしまうようで、僕としてはこの辺りも好きなポイント!

 

草津温泉【御座之湯】日帰り入浴記ブログ「御座之湯はこんな方にオススメ!」

ではまとめつつ終わりにしようと思います!

  • 草津温泉に初めて来た!
  • ある程度設備が整っている方が良い
  • 草津温泉の源泉の入り比べがしたい

こんな感じ!

付け加えると、2つの源泉「万代源泉」と「湯畑源泉」は見た目的には同じ感じ。

近くの白旗の湯はと言うと‥

白く濁ってます!ですので源泉の入り比べにすぐ隣の「白旗の湯」を加えるのも楽しいですよ!

では終わります!

良い旅を!

草津温泉「白旗の湯」に日帰り入浴「タオルと貴重品は?熱いって本当?」

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-群馬県の温泉, 関東の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.