エッセイ

草津温泉の道の駅「運動茶屋公園」で車中泊【要注意!】

こんにちは、KOUです。

先日、北関東で仕事をしていて、終わったのは夜8時。

「よし、草津温泉に行こう!」と。(温泉好きには気持ちがわかってもらえるかと笑)

ゆっくりと食事をして、それから草津温泉へと下道オンリーで向かいました。

着いたのは、夜12時をちょっと過ぎたくらい。

そして道の駅「運動茶屋公園」で車中泊をさせていただきました。

というわけで、今回は草津温泉の車中泊の事情などを含めてお伝えできればと思います。

KOU
ちなみに僕は、温泉のプロ?ではあるけど、車中泊は普段ほとんどしません。詳しくはプロフィールをどうぞ

道の駅で車中泊して良いの?「グレーゾーン‥」

一応、結論を先に言うと、グレーゾーンです。

そもそも禁止されているところもあります。

国土交通省の説明を引用すると、

「道の駅は休憩施設であるため、駐車場など公共空間で宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。もちろん、道の駅は、ドライバーなど皆さんが交通事故防止のため24時間無料で利用できる休憩施設であるので、施設で仮眠していただくことはかまいません」

とのこと。

今回、僕は12時過ぎに到着して、朝6時頃までいました。

これは「仮眠」ということにしてくれるかな?笑

ちなみにガッツリ草津温泉で車中泊をする予定なら、間違いなく「湯畑観光駐車場」の方がオススメ。

ページ下で解説してます。

草津温泉の道の駅の事情

トイレは24時間&自販機アリ

ホントにありがたい!「これ以上何をお望み?」

という感じですね。

 

30~40台はとめられる

このトイレのあるあたりに20台ほど。

そして反対にも20台ほど泊められるスペースがありました。

僕が泊まったのは、日曜日の夜。

7割は埋まっている感じでした。

つまり、金曜日とか土曜日、連休中などは、おそらく簡単には泊められないことが予想されますね。

 

気温は?「10度低い!」

7月の下旬の気温です。

朝6時ごろだけど「18度!」

体感的にも、夜はかなり涼しくて、車の窓を開けなくてもちょうど良い温度でした。

逆に言うと、冬はかなり寒い!!と思いますので、ご注意を。

 

草津温泉で朝風呂のススメ

ご存知の通り、草津温泉は共同浴場が無料で、しかも早朝から開いています。

草津温泉の共同浴場で観光客が入ってもOKなのは「白旗の湯、千代の湯、地蔵の湯」の3通り。

では開く時間をまとめてみます。

各リンク先が僕の入浴記になっています。

一押しは「地蔵の湯」だけど、営業時間が短いのがネック。

白旗の湯は清掃時間があるので、早朝に温泉に入るなら、千代の湯の一択だと思います。

ちなみに僕もこの日は、千代の湯に行きました。

 

その他:草津温泉で車中泊をするなら‥

 

湯畑観光駐車場オススメ!

こちらは、草津温泉のバスターミナルのすぐそばにある「湯畑観光駐車場」

オススメの理由としては、車中泊がOKとなっているところ。

料金は下記の通り。

つまり、普通車だと800円。

湯畑までも徒歩1分くらいだし、近くに食事処も日帰り温泉もとにかくたくさんあります。

「草津温泉で車中泊をしよう!」

と考えるなら、この湯畑観光駐車場の一択だと思います。

また、公式サイトは存在しません。

ですので、車のナビで「草津バスターミナル」で検索すれば100%わかると思います。

 

天狗山第一駐車場

現在は、コロナウイルスの影響で、営業を中止しているとのことです。

また再開されましたら、記事をリライトします!

ちなみにここは、冬期をのぞいて無料。

しかし、湯畑までは15分ほど歩きますし、近くに飲食店もありません。

とにかく広いので「混んでいて車が泊められない」みたいなことがないところがメリットだと思います。

 

まとめ:草津温泉で車中泊!

まとめると、

  • 夜遅く到着:道の駅「運動茶屋公園」を利用
  • 昼間に到着:湯畑観光駐車場(800円)

こんな感じです!

マナーを守りつつ、草津温泉に感謝しつつ、引き続き草津温泉を楽しみたいと思います。

それでは終わります!

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

【草津温泉の共同浴場】

草津温泉「白旗の湯」に日帰り入浴「タオルと貴重品は?熱いって本当?」

続きを見る

地蔵の湯
草津温泉の共同浴場「地蔵の湯」はやっぱり最高すぎる!

続きを見る

千代の湯
草津温泉の共同浴場【千代の湯】を徹底解説「同時に3人まで入れます^ ^」

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-エッセイ

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.