中部・近畿の温泉 新潟県の温泉

五十沢温泉【ゆもとかん】宿泊記ブログ「ワニはいる?つまり混浴」

こんにちは、KOUです。

先日、新潟県の名湯「五十沢温泉」の「ゆもとかん」に宿泊してきました。

この魚沼市近辺って、すごく湧出量が多いなどの名湯が少ないなって印象だけど、この「ゆもとかん」の温泉はとにかく素晴らしい湧出量で、鮮度はバツグンでした。

ちなみにココ「ゆもとかん」は、混浴なんです。

KOU
僕の体感では、混浴=素晴らしい泉質。詳しくはプロフィールをどうぞ。

混浴で泉質が良くなかったことは一度もありません。

ついでに「ワニ」さん情報ものせました。笑

そしてこの「ゆもとかん」は「コスパ良く気楽に宿泊できるところ」が魅力的かと。

それではその魅力をお伝えしていきます!

 

五十沢温泉【ゆもとかん】宿泊記ブログ「ワニはいる?つまり混浴」

こちらは、ロビー。けっこう大型の宿泊施設ですね!

ここまで大型の施設で「混浴」って珍しいですね。

チェックインもサクッと、部屋へと向かいました。

部屋は3F。

ゆもとかんの部屋の様子

広々とした8畳。

天井を見上げても、外観から想像するよりもすごくキレイな部屋です。

障子を開けると、広縁。

窓を開けると、

外は大自然!!

夕方になると、雲がすぐ近くに!どちらも部屋からの景色です。

テレビは奥まったところにやや小さめ。

僕はテレビを見ないのだけど、テレビ好きの方には「小さいな!」って思う方もいるかも。笑

冷蔵庫と洗面所もありました。

トイレは部屋からすぐのところに。

お茶請けは、地元の洋菓子。

 

アメニティは?

僕はスタ飯プランという安いプランだったこともあり、何もつかないプランでした。

ま〜普段、ハブラシとかも持ち歩くタイプなので、問題なしです。

もし、全てついているのが、好みの方は、予約の時に注意が必要かと思います。

 

ゆもとかんの部屋の魅力は?

窓を開けると、川の音と鳥の泣き声しか聞こえないところ。

そして抜群の景色だと思います。

一つ気になったのは、エアコンがすごい年季入っているけど、ほとんど使わないから、新しくすると経営が成り立たないのかなと。

(冬はエアコンでなく、暖房機が別にありました)

僕が泊まったのは、7月の終わりだけどクーラーをほとんど使用せず。

使うと、ちょっとやかましいけど‥笑、問題はないかと思います。

夜になれば、窓を開けると涼しいし、自然の中にいるようでした。

ちなみに廊下にはお酒も売ってましたよ!

価格も良心的です。

 

食事は1Fの会場で!

けっこうこちらも広いところでした。

人が写ってしまうので、あえてちょこっと。

ちなみにこのプランは「まんぷくスタ飯プラン」というちょっとお得なプランのものです。

詳しくは、僕も予約した楽天トラベルの「ゆもとかん」のプランページをどうぞ。

とんかつだけは、後から出来立てを持ってきていただきました。

それゆえに、サクサクで熱々です。

お鍋は、豚肉!

お刺身はマグロ。

  

そしてご飯とお味噌汁。

つまり「まんぷくスタ飯」とは、とんかつと豚肉のお鍋のことですね!

一般的な旅館に比べたら、品数は少なめだけど、その分「定食的」なスタイルで、コストを下げてくれているようです。

確かに満腹になるし、どれも美味しくいただきました!

続いて朝食を!

こちらが朝食。

朝から品数たっぷりで、こちらも満腹な感じでした!

温泉卵と、とろろは特に美味しかったかな。

ちなみにドリンクは無料。

他にもお茶など。

僕はコーヒーをいただきました。もちろんこちらも無料!

この価格帯で、確かに大満足なお食事となりました!

それでは温泉へ

 

温泉は2カ所「混浴と男女別」

出典:ゆもとかん

こちらは、大浴場。(混浴)

出典:ゆもとかん

露天風呂付きです。こちらも混浴。

この広さで、混浴ってとにかく珍しいですよね!?

 

泉質は?

泉質は、アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)

とはいえ、、僕の感覚ではかなり硫黄が多く感じました。

おそらく、あと少し硫黄の成分が多かったら「硫黄泉」だったと思います。

 

入ってみた感想「シャワーまで温泉はすごい!」

入った瞬間、硫黄の香りと温泉の新鮮さを感じる香りが。

浴槽も大きいけど、湧出量もすごく多くて、温泉の鮮度の高さはひしひしと感じました。

オーバーフローもたっぷり、循環もなし。

記載が見当たらなかったのだけど、消毒もないはずです。(ここは僕の感覚だけでスミマセン‥)

この広い大浴場でありながら「名湯だな〜」って感じるのは、伊東温泉の「大東館」と福島県の名湯「甲子温泉」以来かな〜という感じでした。(リンク先が宿泊記になっています)

つまりものすごく気に入った温泉ということです!!

「湧出量の多さ」という意味では、シャワーも温泉が欠け流されているのだからすごいですね。

鮮度が抜群に高いはずです!

 

男女別の浴槽も

ゆっくり入りたいなら、こちらの男女別の浴槽も良かったです。

夜はこちらでゆっくりと入浴しました。

出典:ゆもとかん

女性用の浴槽には、露天風呂があるそうです。

そりゃそうだ!混浴はやっぱり男性が有利ですからね。

 

五十沢温泉に「ワニ」はいるか!?

「ワニ」というのは、混浴でワニのように目を光らせている男性のことです。笑

もちろん本物のワニが出てくるわけではないですよ笑

なので、ここは割と「行きたいけどワニがたくさんいたらイヤだな」という女性の方のために書きました。笑

結論、ワニに遭遇する可能性はものすごく小さい、ということ。

理由としては、

  • 女性専用の時間もある。しかも長い(19:00~22:00)
  • 男女別に女性は露天風呂もある(男性はなし)

というわけで、女性は混浴の浴槽に一人もいらっしゃらなかったです。

というか、泉質も同じだし、何も混浴に入る意味もないですからね。笑

というわけで、ご安心を!(ワニになろうとしてた男性はガッカリした?笑)

 

口コミを参考にしたい方は下記をどうぞ

 

ロビーとお土産ショップ

こじんまりと、ちょっとした買い物には便利。

奥には自販機もありました!

それでは「ゆもとかん」のちょっとした近隣の情報も書いて終わりにしようと思います!

 

五十沢温泉【ゆもとかん】の近隣の情報を4つ!

その1:コインランドリーがあるぞ

おい、やけに美しいランドリーだな〜と。

ちょうど夕焼けだったこともありすごく映えました!

 

その2:近くにはコンビニもあり

写真はないのだけど、徒歩10分のところにヤマザキショップさんが。

足りないものはこちらで調達できるので、そのあたりもポイント高めです!

 

その3:五十沢温泉の旧館もあり

「ゆもとかん」からは600メートルくらいかな。

大通りを挟んだところに旧館もあるんです。

しかし、この日はお休み‥笑

おそらくここは、さらに素晴らしい温泉‥というかさらに鮮度が高いんじゃないかな〜と。

帰りに寄ってみるのも良いかもです!

 

その4:金城の里

この金城の里は「ゆもとかん」からもさほど遠くないところにあります。

湧出量も素晴らしい!しかし、わかるかわからないかギリギリくらいの消毒がされてました。

なので、ちょっと残念!とはいえ350円で気楽に訪れることのできる日帰り入浴施設でした!

 

その5:ラーメンヒグマ

僕は、あんまり地方でラーメンにハマることはないのだけど、これだけはハマった笑

いわゆる「長岡しょうが醤油ラーメン」というヤツですかね?

ちょっとしょっぱめな感じで、すごく美味しい‥

近くなので、ラーメン好きな方は行ってみてください!

>>> ラーメンヒグマ塩沢店

 

まとめ:五十沢温泉【ゆもとかん】宿泊記ブログ「ワニはいる?つまり混浴」

素晴らしい泉質の温泉に入って、自然に囲まれているとエネルギーが湧いてきますね!

今回はそんな旅になりました。

大型の施設かな?と思いきや、温泉は名湯で部屋の外は大自然。

もっというと、大浴場に入っていても「自然に囲まれていて気持ちがいいな〜」という感じ。

「気楽な旅で充電をしたい!」

みたいな方にぴったりかと思います。

それでは終わりです!

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

【記事内でご紹介した温泉】

伊東温泉 大東館
伊東温泉【大東館】宿泊記ブログ「20回ほど宿泊、防空壕がある!?」

続きを見る

甲子温泉 大黒屋
【宿泊記ブログ】甲子温泉大黒屋「雪ふる秘湯に感激」

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-中部・近畿の温泉, 新潟県の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.