北海道・東北の温泉 宮城県の温泉

東鳴子温泉【久田旅館】宿泊記ブログ「静かな環境。布団もフカフカ!」

2022年2月19日

久田旅館 鳴子温泉

こんにちは、KOUです。

先日、東鳴子温泉の久田旅館さんに滞在してました。

この久田旅館さんの特徴としては、

  • 温泉が掛け流し、循環なし、消毒なし、加温なしの名湯(高温のため少し加水)
  • コスパが良い
  • 部屋が心地良い、ふとんがフカフカであったかい

とこんなメリットがあるので、湯治宿の変わりで…というのもアリかな?といった感じです。

デメリットとしては、温泉は朝8時までしか入れないところ。

これは温泉好きには、かなり痛いかと。(せめて9時にしてほしい…)

しかし、のちほど対策もご紹介していますので、ご安心を!

それではさっそく!

(2食付き9000円程度〜、素泊まり5000円程度〜)

※近くに飲食店はないので、2食付きの方がオススメです

 

東鳴子温泉【久田旅館】宿泊記ブログ

鳴子御殿湯駅

まわりは絶景!鳴子御殿湯駅から向かう

このとおり、周りは特に何もなく、心を清めるのに最適!笑

(駅前には少しだけ商店と、旅館があります)

駅からは、Googleで検索したところ950メートル。

つまり1キロ以内なので、歩いていくのも余裕でした!(15分くらいかな)

 

久田旅館に到着!

久田旅館 鳴子温泉

家族経営の旅館ですので、湯治宿のような雰囲気も。

ご主人にチェックインしていただき、女将さんに部屋まで案内していただきました。

 

部屋はかなりキレイで温かい

久田旅館 鳴子温泉

湯治宿だと布団は自分で敷くのが普通だけど、こちらは敷いてくれている!

さらに部屋は防音性が高いので、隣のおっちゃんのイビキが聞こえるとかもないです。笑

これで、湯治宿と同じような価格なので、それだけでも泊まる価値はすごく高いですよ!

黒いおまんじゅうとゴボウ茶。

部屋からの眺めは、

いい感じ!

そして旅館なので、アメニティは全て揃ってます。

エアコンもしっかりと効いていて、あったかかったのもポイントが高い!

 

ふとんがあったかいので助かる…

正直、僕は極度の寒がりで、冬は旅をしたくないほど。。笑

なので、布団が薄かったり、煎餅布団だと寒くて寝られなかったりするんですよね。

そんな僕でも快適に過ごすことができたので、冷え性の方や寒がりの方にも自信を持ってオススメ!

では温泉へ!

 

温泉は2種類!「露天風呂との無限ループ地獄へどうぞ…」

まずは内湯。

久田旅館 鳴子温泉

先ほどもお伝えした通り、温泉は加水しているものの、鮮度が高い温泉がドバドバとかけ流されています。

これは、このあたり周辺の「いさぜん旅館、阿部旅館、旅館すがわら、旅館大沼」さんたちと同じく、素晴らしいクオリティ!

湯治宿とは違い、シャワーも充実。(スミマセン、電気を付けずに撮影してました。。)

久田旅館 鳴子温泉

そしてこちらが露天風呂。なんと泉質が違います!

こちらはややぬるめで、ゆっくりと入浴が可能です。

 

では2つの泉質を比較してみます!

  

  • 共通点:掛け流し、循環なし、加温なし、加水あり、消毒なし、
  • 内湯:久田2号泉、露天風呂:久田1号泉
  • 泉質の共通点:炭酸水素塩泉
  • 露天風呂は、硫黄と塩化物イオンが高い
  • 内湯:清涼感、露天風呂:あったまる(イメージ)

露天風呂に、あったまる方の泉質を持ってきたのかと!

それにしても、上質な温泉を2種類、無限ループするのは最高すぎました!

 

食事は部屋でいただきました

久田旅館 鳴子温泉

はじめに持ってきていただいたもの。

  

こちらは蓋を開けた様子。

  

こちらは、お肉と釜飯。

お酒のメニューがなく、ビールの大瓶を頼んだところ700円(税抜き)。

僕が今回、予約したのがお料理控えめのプラン。

これでも十分美味しく、お腹いっぱいに。特に美味しかったのは豚肉の鉄板焼き!

もう少し量が欲しい方は、通常のプランにすることをオススメします!

続いて朝食を!

温玉、納豆、湯豆腐、郷土料理のしそ巻き、と十分満足の朝食!

ご飯もツヤツヤでかなりクオリティの高いお米で美味しく!

こちらも名物のかまぼこ。焼き魚の代わりがこのかまぼこですね!

久しぶりのかまぼこ!美味しくいただきました!

 

温泉が朝8時までが最大のデメリットだけど…

温泉好きには、かなりのデメリットに感じるかと思います。。

僕も正直、これを知って予約しようか迷ったほど。

しかし、予約をして正解でした。理由は以下の通り。

  • 朝食前にゆっくり入ればOK!(朝食は8時)
  • 近くに素晴らしい日帰り入浴できるところが多数!

以上の理由。

朝食後に、慌ただしく温泉に入るより、のんびりしてからの日帰り入浴はかえって気持ちよくも感じました。

というわけで、、

 

近くのオススメ日帰り入浴施設は?

間違いなく「いさぜん旅館」さんがオススメです。

理由は、泉質が全く違うこと。そして鳴子御殿湯駅の近く&駐車場も広い。

とアクセスも良好なところ。

ちなみに日帰り入浴は500円です。

いさぜん旅館
東鳴子温泉【いさぜん旅館】日帰り入浴記ブログ「猫ちゃんにも癒されつつ‥」

続きを見る

「いさぜん」さんは、男女別もあるけど、オススメの浴槽は混浴。

「混浴はちょっと…」という方は、下記の「旅館 すがわら」さんもそこそこ近く、また違った泉質でオススメです。

旅館すがわら 鳴子温泉
鳴子温泉【旅館 すがわら】日帰り入浴記ブログ

続きを見る

 

まとめ:久田旅館はこんな方にオススメ!

では最後にまとめつつ終わりにしますね!

  • コスパ良く旅がしたい(2食付き9000円程度〜)
  • 一人旅OKなところが良い
  • 温泉は、掛け流しで名湯が良い
  • 部屋が暖かく、布団もフカフカが好き
  • 駅近なところが良い
  • 食事は部屋食でのんびりと頂きたい
  • 静かな環境で、心を清めたい

温泉が朝8時までというデメリットがあっても、それを補うだけの魅力があることは確かです!

旅慣れない方や、神経質な方にもオススメしやすいところはポイント!

それでは終わります。良い旅を!

【鳴子温泉の周辺はオススメ旅館が多いです!】

阿部旅館:久田旅館からも近いです

赤這温泉 阿部旅館
【赤這温泉 阿部旅館】宿泊記ブログ「大人気も納得!」

続きを見る

高東旅館:素泊まりなら、こちらの方がオススメ。飲泉可能な名湯あり

東五郎の湯 高東旅館
川渡温泉【高東旅館】宿泊記ブログ「鳴子で湯治をするならココ!」

続きを見る

【保存版】湯治のできる安い温泉宿14選「一人泊OK!」

続きを見る

泊まって良かった温泉宿の一覧つくりました!

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-北海道・東北の温泉, 宮城県の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2022 All Rights Reserved.