九州の温泉 鹿児島県の温泉

指宿、二月田温泉【殿様湯】日帰り入浴記ブログ「飲泉が可能!」

二月田温泉 殿様湯

こんにちは、KOUです。

先日、指宿温泉の隣町にある二月田温泉「殿様湯」に日帰り入浴しました。

特徴は、指宿の周辺ではかなり珍しい「飲泉」が可能だということ。

「飲泉」が可能な温泉って、とにかく名湯ばかりですよね!

何しろ飲めるくらい鮮度の高い温泉のですからね。

ではさっそくご紹介していきます!

指宿、二月田温泉【殿様湯】日帰り入浴記ブログ

二月田温泉 殿様湯

僕はひたすら、指宿駅から徒歩で向かいました。(約3キロ)

看板が見えてきました。

二月田温泉 殿様湯

こちらが殿様湯の入り口。

二月田温泉 殿様湯

向かいで料金を支払います。(350円)

 

温泉へ

二月田温泉 殿様湯

こちらが温泉の入り口。

普通の日帰り入浴施設のようにも見えるけど、歴代の藩主のお名前が刻まれていて、威厳を感じます…。

二月田温泉 殿様湯

こちらは中に入ったところ。

ロッカーなどはなく、スタッフの方にも「貴重品はお気をつけください!」と。

二月田温泉 殿様湯

こちらは浴槽。

江戸時代の湯船ではないものの、成分の付着と相まって、なんとも素晴らしい雰囲気を醸し出していますね。

二月田温泉 殿様湯

こちらが温泉の出ているところ。

 

入ってみた感想!と泉質

二月田温泉 殿様湯

こちらが成分表。まとめると

  • 泉質:ナトリウムー塩化物泉
  • 源泉:56.3度
  • ph:6.4(中性、低張性)
  • カリウム、カルシウムイオンも高い

スタッフの方に「熱かったらお水を加えてくださいね」と。

つまり、自分で加水をしなければ、掛け流しで循環消毒なしの温泉ということ。

かなり熱かったので、少々水を加えつつ入ることに。

 

ガツンとくる塩化物泉

指宿温泉のほぼ全ての温泉に入ったけど、その中でも特にガツンとくるな〜と。

加水をしないと、ホント一瞬で温まりすぎてしまうくらい強烈。

浴槽を見ていただいくと「いかにも成分が濃そう!」

って思うけど、本当にそのとおり、成分の濃い温泉でした。

しかし、とにかく血の巡りが良くなって、疲れが吹っ飛ぶ感じ!

あたりまえだけど、こちらもすごい名湯ですね。

 

どこで飲泉するの?

それは、温泉を出たところ。

二月田温泉 殿様湯

効能は、胃腸病の他、糖尿、痛風、貧血に効果があるそう。

さらに飲用でも「腰痛」に効果があるそうです!

さらにすごいのは「ご自由にお持ち帰りください」というところ。

お湯が豊富なんですね!

二月田温泉 殿様湯

近くには、紙コップも用意してくれてました。

味は……「いや、美味しい塩湯」って感じかな。

極上の天然水に、上等なお塩を混ぜて、それから温めた、そんな感じ!

胃は確かにスッキリしましたよ!

 

殿様湯は歴史ある名湯「市の文化財なんです…」

この温泉は「殿様湯」の名前からも分かるとおり、かなり歴史のある温泉です。

殿様湯の由来は、第27代島津家当主島津斉興によって、天保2年(1831年)に設けられた温泉だから。

現在も風呂場の敷石や石造りの湯船、当時貼られたタイルが残っていて、市の文化財にも指定されているのだそうです!

 

殿様湯の営業情報

  • 営業時間:7:00~21:00(受付終了20:30)
  • 定休日:毎週金曜日(祭日、お盆、年末年始の金曜日は営業)
  • 入浴料:大人(中学生以上):350円 子供:100円 幼児:50円
  • 電話:0993-22-2827

 

殿様湯のアクセス

JR二月田駅から 車で3分/徒歩で7分。

車の場合、駐車場はかなり広いので、ご安心を!

ちなみに、僕は指宿駅から歩いたけど、3キロなので40分くらいだったかな。

ちょい大変だけど、もちろん来て良かった!

では終わりです!

【近くのオススメ日帰り入浴】

弥次ヶ湯温泉
鹿児島県、指宿【弥次ヶ湯温泉】日帰り入浴記ブログ「湯治もOK」

続きを見る

いぶすき元湯温泉
【いぶすき元湯温泉】日帰り入浴記ブログ「砂風呂の近くだよ」

続きを見る

指宿 砂むし温泉
指宿温泉【砂風呂(砂むし温泉)】を体験してみた感想

続きを見る

全て徒歩で行くことも可能です。

また車だと、ホントすぐです!

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-九州の温泉, 鹿児島県の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.