九州の温泉 鹿児島県の温泉

妙見温泉【田島本館】宿泊記ブログ「天空の森と同じ経営者!?」

田島本館 妙見温泉

こんにちは、KOUです。

先日、鹿児島県の妙見温泉にある宿泊施設で湯治宿でもある「田島本館」さんに宿泊してきました。

ここはあの超高級宿「天空の森」を経営されている、田島健夫さんの経営する宿でもあります。

ざっと1泊30万円以上で、100万なんてプランも。

ホリエモンさんも宿泊したことがあるようで「100万の宿の需要はある」とおっしゃったことでも有名です。

さらに驚くべきは、これだけの高額の宿にもかかわらず、ものすごく評判も良いんですよね。

僕もいつかは泊まってみようかと思います。

≫ 高級宿「天空の森」の宿泊予約と情報のページ(Relux)

とはいえ今回は、1泊2食付きで1万円程度〜というコスパ抜群の湯治宿「田島本館」さんについてです!

温泉は、妙見温泉がドバドバと掛け流し。

そしてさすがは高級宿も経営する宿だな〜という感じのお食事と部屋と接客。

こちらも素晴らしいところなので、さっそくご紹介していきますね!

 

妙見温泉【田島本館】宿泊記ブログ「天空の森と同じ経営者!?」

田島本館 妙見温泉

まわりはとにかく自然に囲まれたところで、とにかく気持ち良い!

湯治場ゆえに「ボロボロかな?」とか思いつつ入るといい意味で裏切られました!

田島本館 妙見温泉

中はとにかく綺麗!

確かに高級宿を経営する方の湯治宿だな〜という印象そのままです。

案内していただき部屋へと向かいました。

 

部屋に到着!「川沿いで心地良い」

田島本館 妙見温泉

こちらがお部屋。川沿いのお部屋で、

この絶景!癒される感じです!

アメニティはフル完備。

布団は自分で敷かないといけないものの、フカフカで寝心地は良かったです。

こちらはお茶のセット。お茶菓子はなかったはず。(いろいろなところに宿泊しすぎて忘れてしまった笑)

広縁に冷蔵庫もありました。

 

洗面所とお手洗いは部屋にない

こちらは部屋から出て、すぐのところに。お湯も自由に飲める感じです。

さらにすごいのが、お水の美味しさ!間違いなく天然水レベルの味です!(水にはこだわり強めです…)

建物自体は、かなり年季が入っているけど、トイレはピカピカですね!

田島本館 妙見温泉

あまりブログにトイレの写真は載せない僕だけど、あえて…。

オシャレなカフェのトイレみたいだな〜と。

では温泉へと向かいます!

 

温泉は3種類「全てがドバドバと掛け流し」

3種類は具体的に

  • 胃腸湯→胃腸をスッキリさせる効果
  • 傷湯→肌を健康に、保湿もいらないほどしっとり
  • 神経痛の湯→リウマチ、肩こり、筋肉痛に効果を発揮

どれも間違いなく名湯で素晴らしい湧出量!

まずはメインの浴槽「神経痛の湯」から。

田島本館 妙見温泉

ドアを開けると広々!この開放感ゆえか、一番人気の印象でした。

田島本館 妙見温泉

浴槽はこちら。やや濁ったお湯で、鉄分と塩分を混ぜたような味が。

田島本館 妙見温泉

この量がかけ流されているのですから、温泉の鮮度の高さが伝わるかもです。

田島本館 妙見温泉

お隣は、水風呂が。かなり冷たいけど交互浴はとにかく最高…。

これも天然水で、お水が美味しい理由がわかりました!

雰囲気もとにかく抜群なんです…

田島本館 妙見温泉

夜、一人で入っていたけど、古くとも清潔感があるので、不気味な感じとかとはホントに無縁。

最高の雰囲気の温泉の一つに感じますね。

ではもう一つのお風呂へ。

田島本館 妙見温泉

こちらは川沿いが入り口で「傷湯」と「胃腸湯」があります。

注意点は、宿泊者の専用であるということ。

それゆえ、ややこじんまりとしたスペース。

田島本館 妙見温泉

浴槽が2つ。手前が「きずゆ」でキリッと熱めの温泉です。

そしてかなり炭酸を含む温泉。「え、この温度でこんなに泡が出るの!」

と、驚くほどの泡付きです。

そして奥は「胃腸湯」。

この胃腸湯は、ややぬるめ(39度くらい)で、のんびりと癒されるような温泉。

田島本館 妙見温泉

奥はこんな感じで、打たせ湯になっていました!

 

泉質は?

田島本館 妙見温泉

こちらは昔の表記になっているので、翻訳しつつまとめると、

  • 泉質:炭酸水素塩泉
  • 源泉:49.1度
  • ph:6.7(中性)
  • ラドンを含む

無色透明と書かれているけど「え、濁ってね…」という感じ。笑

 

入ってみた感想

今年は九州だけでも、温泉宿に20泊ほどしているけど、その中でも湧出量は間違いなくトップクラス。

3つの浴槽がどれもドバドバと欠け流されている様子は、温泉オタクじゃなくとも感激するはず。

3つとも基本的には「炭酸水素塩泉」なのに、それぞれ個性が違うのは、ホントに面白い…。

夜にもたくさん温泉に入ろうと、お酒も飲まなかったほど。笑

お湯は炭酸水素塩泉らしく、清涼感のある温泉で、温まりすぎることはなく、あくまでも癒し系の温泉に感じました。

それでも翌日は特に、体の調子の良さを感じるので「さすがは湯治場で栄えた妙見温泉だな〜」と。

文句なしに、素晴らしすぎる温泉であることは確かです!

 

食事は食堂で「釜戸のごはん!?」

田島本館 妙見温泉

こちらは入り口にあったもの。実はご飯はこれで炊いています。

田島本館 妙見温泉

その前は囲炉裏になっていて、これがまたいい香り!

田島本館 妙見温泉

こちらの食堂でいただくのだけど、この囲炉裏の良い香りに包まれつついただくご飯はまた最高。

ではまずは夕食から。

田島本館 妙見温泉

いっぺんに出していただくスタイルで、こちらが全て。

中心は鴨のお刺身で、普段はなかなか食べられないですよね。

小鉢を開けると、茶碗蒸しと煮物。

さらにご飯とお味噌汁を。

いかにも高級宿を経営する宿の湯治料理といった印象で、味付けはどれも抜群。

健康的でホッとするお味がどれも最高でした。

続いて朝食を

田島本館 妙見温泉

朝食もひたすら健康的なメニューで味付けは抜群。

卵もすごく殻が固くて「これはもしやすごく美味しい卵では?」と思ったけど、確かに素晴らしく美味しい卵。

田島本館 妙見温泉 田島本館 妙見温泉 田島本館 妙見温泉

小鉢を開けると、こちらも朝から胃腸に優しい感じのとろみのついたお豆腐でした。

ご飯の美味しさは言うまでもない感じ。

ちなみに

夜はこんな感じにお酒が並んでました。

「妙見」といういも焼酎があるんですね。飲みたかったけど、温泉に入りたかったので…。

この「妙見」という焼酎は、すぐ近くのどんなに大雨が降っても濁らない「不思議な名水」を使用しているとのこと。

さらに月間200~400しか作らないという貴重さ。

Amazonにはなかったのですが、楽天市場に売られていたのでポチってみました。

ひたすらに上品で清涼感のある感じで、まさに妙見温泉を思わせる感じ。

その土地の水って、なぜか個性を持っていて、本当に面白いなって思うんですよね。

≫ 楽天市場で、芋焼酎「妙見」が手に入ります(やや値段が高いですが、特別な時などにオススメの焼酎です!)

 

田島本館に日帰り入浴もあり

これだけ素晴らしい設備の温泉だから、日帰りでもすごく人気だそうです。

宿の方いわく「夕方は混むので、神経痛の湯は避けた方がオススメ」とのこと。

確かに、地元の方が中心にたくさんの方がいらしてました。

それもそのはず、料金は大人300円、子供150円

安い…。

営業時間は、10:00-19:00 (最終受付 18:00)とのことで、年中無休とのこと。

 

近くの名湯「秀水湯」もオススメ

秀水湯

この「秀水湯」さんは、田島本館から徒歩10分ほどのところに。

田島本館の温泉も素晴らしいけど、正直なところ「秀水湯」には負けてしまうかと…。

それほど凄すぎる温泉があります…。

「神経痛の湯」と同じくらいの温度で、「傷湯」よりも泡付きが強い名湯です。

さらに日帰り入浴は、田島本館よりも安い200円!

妙見温泉、、素晴らしいですね。

詳しくは、下記をどうぞ!

秀水湯
妙見温泉【秀水湯】日帰り入浴記ブログ「東京から日帰り可能!?」

続きを見る

 

田島本館はアクセスも良いのが驚き!

九州人でない僕からすると「え、鹿児島の山奥!それってすごいアクセス悪くて時間かかりそう…」

って思うんですよね。

ところが鹿児島空港からなんとバスで30分かかからないくらい。

僕もこんな感じに、妙見温泉からあっという間に成田空港まで帰って行った感じです。

日帰り入浴も、、ある意味できます。笑

 

まとめ:妙見温泉【田島本館】宿泊記ブログ「天空の森と同じ経営者!?」

では、書くまでもなさそうだけど「こんな方にオススメ!」をまとめつつ終わりにします!

  • 湯治を目的として!
  • 気楽な旅行がしたい!
  • 鹿児島空港のアクセス拠点として
  • コスパ良く旅行がしたい
  • ドバドバ系の名湯が好き!

あくまでも湯治場の風情が残る宿で、豪華絢爛な食事を求める方には不向きかと思います。

あとは、一人旅でもファミリーでもカップルでもオススメですね。

それではこの辺りで終わりにします!お読みいただき、ありがとうございました!

良い旅を!

 

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-九州の温泉, 鹿児島県の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.