エッセイ

【治った!】温泉は肩こりにすごく効果的!【体験談もあり】

こんにちは、KOUです。(プロフィールTwitter

温泉に行くと、肩こりって基本的に良くなりますよね?

本記事は、温泉オタクの僕が、肩こりについても調べつつ、肩こりにオススメの温泉もご紹介した記事になっています!

参考文献

ではさっそく!

 

肩こりの原因は?

ではサクッと解説します。

  • 筋肉の緊張:同じ姿勢、姿勢が悪い、体が冷えている
  • 加齢による骨や腱の衰え:五十肩などもこの一例
  • 病気による原因:貧血、低血圧、高血圧、心筋梗塞、胃潰瘍など
  • この他:運動不足、ストレス、眼精疲労など

続いては、肩こりに効果のある温泉の泉質を!

 

肩こりに効く温泉の泉質は?【基本的に全ての温泉は効果あり】

温泉には「一般適応症」というものがあるけど、その中で書かれているのは

「筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり」

つまり、基本的にどの泉質であっても、肩こりには効果的ということ。

ちなみに温泉の泉質は全部で10種類。

単純泉、硫黄泉、塩化物泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、含よう素泉、硫酸塩泉、酸性泉、硫黄泉、放射能泉

環境省のサイトから引用すると

この中で肩こりに関係するものとしたら「末梢循環障害、冷え性、筋肉のこわばり」など。

これを見ても、全ての泉質が肩こりに効果があることがわかります。

 

特に肩こりに効く温泉は存在する!

環境省が「温泉は全て肩こりに効果がある」という風に書いているのは、ごもっとも。

確かにそうだと思います。

とはいえ特に肩こりに効果のある温泉はありますよ!

具体的に、、

  • 酸性泉:血の巡りが良くなる効果はダントツ!!(草津、那須湯本など)
  • ぬる湯:ゆっくり1時間ほど入ることで、筋肉がゆるむ(栃尾又、沓掛、湯岐など)
  • 掛け流し、かつ鮮度が高いと「肩こり」への効果も高い

温泉によく出かける方だと「納得!」という感じだと思うけど、あまり行かない方は「なんのこっちゃ」という感じかもです。。

ここからは、上記の3つに当てはまる温泉を、さらに具体的にご紹介してみます!

 

肩こりに効果のあった4つの温泉

草津温泉(群馬県):酸性泉

草津温泉 湯畑

草津温泉は、酸性泉でしかも自然湧出量が日本一とあって、温泉の鮮度は抜群!

街自体も栄えていて楽しいけど、肩こりを解消する目的で出かけてみるのも良いですよ!

 

草津温泉の源泉は8種類

個人的にオススメは「地蔵の湯」。

無料、鮮度が高い、美肌効果も高いので、とにかくオススメ!

下記の記事で詳しく解説しています。

草津温泉の源泉の種類はいくつ?違いを比較してみた!

続きを見る

 

那須湯本温泉(栃木県):酸性硫黄泉

滝の湯

那須湯本温泉は、酸性泉で硫黄もたっぷりと含む温泉。

この温泉に入った後は、あまりにも温泉の効果が強烈すぎて、動くのもイヤになるほど。

しかし、ちょっと一休みした後は、びっくりするくらい肩こりも治ってます。

昔から癌などの湯治も盛んなところ。

那須湯本温泉の詳しい様子は、下記でご紹介しています。

鹿の湯
那須湯本温泉を解説!「鹿の湯で日帰り入浴、民宿街そして観光!」

続きを見る

 

湯岐(ゆじまた)温泉(福島県):ぬる湯

湯岐温泉 山形屋

湯岐温泉は、福島県の秘湯ゆえ知名度は、かなり低いかもです。

ぬる湯とは、具体的に40度以下の温泉のことだけど、それゆえ1時間くらい入るのは余裕。

僕は、湯岐温泉に来たときは、普通に1日4、5時間を目安に入浴しています。

すると、不思議なことに次の日は「肩こり」とは完全に無縁に!

昔から「中風の湯」と呼ばれていて、意味は「神経をゆるませる」ということ。

つまり肩こりにももちろん効くというわけです!

湯岐温泉の様子は、下記で詳しくまとめています。

湯岐温泉
【保存版】秘湯「湯岐温泉」を徹底解説!「絶対に行くべき湯治場です」

続きを見る

 

沓掛温泉:ぬる湯

沓掛温泉 小倉乃湯

沓掛温泉も同じく、ぬる湯で37度くらいの温泉です。

この温泉も神経をとにかく緩ませてくれる温泉で、不思議なくらい眠気に襲われます。

お風呂でも温泉でも、絶対に寝落ちしたりしない僕が、この沓掛温泉だけ唯一、寝落ちします!笑

30分経ってから、不思議と気持ち良くなってくる温泉で、オススメは1時間ほどゆっくり温泉に入ること。

温泉から出た後は、爆睡&肩こりはスッキリという感じだと思います。

こちらも下記で、さらに詳しくまとめています。

沓掛温泉 小倉乃湯
沓掛温泉【小倉乃湯】日帰り入浴記「ぬる湯の名湯!」

続きを見る

続いては、肩こりに効果的な温泉の入り方について!

 

肩こりに効果的な温泉の入り方

凌雲閣

1日3回、3セットが基本

これは、たいていの湯治場でも言われていることだけど、1日に3回ほど入浴するということ。

そして1回の入浴で、出たり入ったりを3回ほど繰り返す。

もちろん入りすぎは、湯当たりになってしまうから、体調と相談しつつですね。

 

ぬる湯は1〜2時間が基本

先ほどご紹介した「ぬる湯」の他にも、全国にはたくさんのぬる湯があります。

ぬる湯の場合は、最低でも1時間くらいは入浴しないと、肩こりにあまり効果を感じないですね。

しかし、1時間を超えたくらいから、ものすごく効果を感じるところは面白いところ。

たいてい、ぬる湯の場合は、湯当たりしにくいのでご安心を。

 

温冷浴は効果的

温冷浴とは、温かい温泉と、冷たい温泉を交互に繰り返すということ。

有名なところでは、山梨県の下部温泉。

下部温泉 湯元 大黒屋

こちらは以前、宿泊した大黒屋さんの温泉。

旅行ポイ活の方法「無料で旅行も可能です→怪しくない」

続きを見る

凌雲閣

そしてこちらは、北海道の十勝岳の温泉「凌雲閣」。

この凌雲閣にも、温かい温泉と冷たい温泉の2種類が湧いています。

一方が冷たい温泉を沸かした…ではなく、普通に2種類の温度の温泉が湧いているのです。

すごいですね!

凌雲閣
十勝岳温泉【凌雲閣】宿泊記ブログ「上富良野の名湯!」

続きを見る

この温冷浴は、とにかく効果が高いですよ!

ここからは、なかなか温泉に出かけられない方のために「自宅編」も一緒にご紹介しておきますね!

 

自宅で肩こりを治す「お風呂を温泉に!」

エプソムソルトがやっぱり一番かな

エプソムソルト

自宅のお風呂で「肩こり」を治すなら、個人的にはエプソムソルトが一番だと思ってます。

エプソムソルトとは、硫酸マグネシウムのことで、ヨーロッパの伝統的な入浴剤です。

もちろん成分は、天然100%。

モデルさんや、海外セレブが愛用していることで、大人気となったので、ご存知の方も多いはず。

マグネシウムは、神経をゆるませる効果と、肌をキレイにする効果の2つ。

僕自身、アトピーと不眠症の治療のために、このエプソムソルトを愛用していました。

さすがに神経を緩ませる効果が高いことから、肩こりにもすごく効果が。

エプソムソルトのページ

 

また、下記でエプソムソルトの効果は、詳しく解説しています。

エプソムソルト
エプソムソルトの効果と効能は?【現代人の必需品】

続きを見る

 

湯の花も同じく効果的

ひめの華

エプソムソルトが、ヨーロッパ最高の入浴剤だとすると、湯の花は日本最高の入浴剤かと。

上記はひめの華という湯の花で、一番のオススメ。

もともとは、アトピーに効果が高い湯の花と呼ばれていることもあって、肌が弱い方や美肌効果も一緒に欲しい方には特にオススメです。

980円でお試しもできるので、ぜひお試しあれ。

その効果に、かなり驚きます。。

» 「ひめの華」の公式サイト

またこの他にもオススメの湯の花は2つあり、それらは下記の記事で解説しています。

【感動】湯の花の効果・効能は温泉に匹敵【買うべきは3つ】

続きを見る

まとめ:温泉は肩こりに効果的!

では最後にサクッとまとめて終わりにします!

  • 肩こりの原因は:筋肉の緊張、加齢、病気、ストレス、運動不足、眼精疲労など多数
  • 肩こりに効く泉質は?:全ての泉質が効果あり
  • 特に効く温泉は?:酸性泉、ぬる湯、鮮度の高い湧き立ての温泉
  • 1日3回、3セットは効果的、ぬる湯は1時間以上入ると効果的、交互浴も効果的
  • 自宅ならエプソムソルトと湯の花が鉄板

以上です!

現代病とも言える「肩こり」だけど、薬でもストレッチでも正直治りにくいですよね、、

そんな時、温泉はやはりオススメ!

気持ち良く、肩こりが改善できれば幸いです!

  • この記事を書いた人

KOU

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-エッセイ