温泉特集

飲泉のまとめ!「効果がすごい!どこで飲めるかも解説!」

2022年2月3日

伊香保温泉 飲泉所

こんにちは、KOUです。(プロフィールTwitter

「飲泉」についてとにかく、詳しくまとめました!

本記事は、

  • 飲泉の効果・歴史
  • 飲泉のできる温泉!

の2部構成になっています!

飲泉のできる温泉を探すのに、お役に立てれば幸いです!

 

飲泉の効果・効能は?

二月田温泉 殿様湯

飲泉はヨーロッパの方が盛ん?

ドイツ、イタリア、フランス、チェコあたりでは、実は飲泉が盛んです。

ヨーロッパの療養地では、温度が低いこともあって「入浴よりもかえって飲泉の方が盛ん」と言われています。

 

飲泉の方法は?

飲泉のできる施設では、たいてい同じように書かれているので、それらをまとめてみますね。

  • 一回あたり100~200mLを飲む
  • ゆっくりと飲む
  • 食事の30分から1時間前、または空腹の時に飲む
  • 含鉄泉、放射能泉、ヒ素、ヨウ素を含む温泉は食後に飲む
  • 含鉄泉の飲泉直後は、タンニンを含むお茶などは摂取禁止!(鉄の吸収を妨げ、歯が黒くなってしまうため)
  • 酸性泉は薄めて飲むこと(秋田県、玉川温泉の例)
KOU
温泉地には、必ず注意書きがあるので、そんなに難しく考える事はないと思います!

 

日本に「飲泉」を広めたのも外国人!?

ベルツ博士

こちらは、草津温泉「西の河原公園」のベルツ博士とスクリバ博士!

飲泉を日本に広めたのも、このベルツ博士!

そのほかの飲泉の歴史については下記です↓

  • 江戸時代の中期までは、飲泉に関する著書はない
  • 温泉医学の原点と言われている「一本堂薬選續」(1738年)には、飲泉に関する効果と注意書きがある
  • 明治13年、発行のベルツ著「日本鉱泉論」には、飲泉の適応症や注意点、飲泉施設について書かれている
KOU
ちなみに、ベルツ博士は明治時代に群馬県の伊香保温泉で、飲泉の指導をされています!

 

飲泉の主な効能

一般的に言われていることをまとめてみます。

  • 消化促進
  • 便秘
  • 痛風
  • 胆汁促進
  • 動脈硬化予防
  • リウマチ
KOU

僕自身、何度も飲泉をしているけど、胃腸の調子の良さは100%感じますよ!

下痢も便秘も治る感じで、これにはホント驚きます。。

 

飲泉の凄さは「効果」だけじゃない!?

スーパー銭湯で、お風呂のお湯飲めますか?

飲めないですよね!

飲泉ができる温泉には、こんな特徴があります!

  • 循環装置は使ってない
  • 塩素などで消毒してない
  • 加温、加水してない
  • 温泉が湧きたてで新鮮(源泉からの距離が近い)
  • 衛生管理もバッチリ!

つまり、よほどの「名湯!」でなければ、飲泉はできないわけです。

塩素で消毒した温泉を飲むのは、ちょっとナンセンスですしね。笑

「どこに飲泉できる温泉があるの?」という方のために、ここからは飲泉できる素晴らしい温泉をご紹介していきますね!

 

どこで飲泉できるの?

全て、僕が実際に足を運んだところばかりなので、個別に記事も用意しているので、そちらも参考になるかと思います!

一応、北から南の順番になっています。

ではさっそく!

 

その1:玉川温泉(秋田県)

玉川温泉

非常に有名な湯治場で、癌を治した方も多数いらっしゃるほど、ものすごい効果を持った温泉地です。

そんな玉川温泉も飲泉ができます。

日本一の強酸性の温泉なので、水で薄めないと飲めないのですが、それでもかなり酸っぱいです!

浴室に飲泉所があって、行けばわかります。

≫ 玉川温泉の宿泊記

 

その2:肘折温泉「カルデラ館」(山形県)

カルデラ温泉館

こちらは、日帰り入浴施設の「カルデラ館」の中。

ここはすごいですよ!

あったかい温泉と、冷たい炭酸水(温泉)の2種類が湧いています!

上記の飲泉できるスペースでは、もちろん天然の炭酸水を飲むことが可能。

しかも温泉だから、健康、美容効果まで得られるわけです!

肘折温泉に出かけたら、ぜひ寄り道したいスポットです。

≫ カルデラ館の日帰り入浴記

 

その3:熱塩温泉「ふじや」(福島県)

熱塩温泉 ふじや

熱塩温泉は、その名のとおり「熱い温泉で、塩分を多く含んだ温泉!」

飲んでみると、本当に美味しい温かい「塩湯」と言った感じ!

ミネラルがとにかく豊富で、美容と健康の効果は抜群。

温泉に入りつつ飲むと、とにかく体がホカホカに!

冬は特にオススメ!

≫ 熱塩温泉「ふじや」の宿泊記

 

その4:中ノ沢温泉「白城屋」(福島県)

中ノ沢温泉 白城屋

中ノ沢温泉は、このとおりとにかく濃厚な硫黄を含む「酸性泉」。

今回、ご紹介している温泉の中では、一番飲むのに勇気のいる温泉かと思います。笑

味は、、酸っぱくてドロっとした液体。笑

しかし「マズい」という事はなく、体が喜んでいる感じ。

女将さんに「胃がスッキリするよ」と教えて頂いたけど、本当にその通り!

ものすごく体調まで良くなりました!

≫ 中ノ沢温泉 白城屋 宿泊記

 

その5:甲子温泉「大黒屋旅館」(福島県)

甲子温泉 大黒屋

日本秘湯を守る会の宿ということでも、有名な旅館です。

温泉は、足元からやや冷たい温泉と、神棚のそばから温かい温泉の2種類が湧いています。

飲めるのは、神棚から湧いている温泉。

味は、、いたって普通のお湯。しかしとんでもなく美味しいクセのない温泉!

温泉もぬる湯で、1時間くらいのんびりと入浴できるし、途中に水分補給もできるわけです!

最高ですね!

≫ 甲子温泉 大黒屋旅館 宿泊記

 

その6:戸倉観世温泉(長野県)

戸倉観世温泉は、言わずと知れた、緑色のとにかく美しい温泉。

こんなメロンソーダみたいな温泉が飲めるの??というと、問題なく飲めます!

少しだけ、硫黄の香りのする温泉で、クセが強いかな?と思いきや意外なほど優しい味で、スッキリと飲めます。

お客さんがたくさんいる中、湯口から温泉を飲むのは、少しだけ恥ずかしいけど、飲んでみる価値はもちろんありますよ!笑

≫ 戸倉観世温泉の日帰り入浴記

 

その7:伊香保温泉 露天風呂の近く(群馬県)

伊香保温泉 飲泉

こちらは、伊香保の有名な露天風呂からすぐ近くにある飲泉所。

伊香保温泉 露天風呂

このとおり、鉄分をたっぷりと含んだ温泉で、味はもちろん鉄の味。

しかし、イヤな鉄の味ではなく、なぜか不思議と癒される鉄の味。

よく意味がわからないかもですが…笑

鉄分が多いので、注意点として直後にタンニンを含むお茶などを飲んでしまうと、効果がないばかりではなく、。歯が黒くなってしまいます。

鉄分が多いゆえ「貧血」の方などにとにかくオススメ!

体の内外から「鉄分」をたっぷりと吸収できます!

≫ 伊香保露天風呂について

 

その8:湯宿温泉「湯本館」(群馬県)

湯本館 水上温泉

こちらは、湯宿温泉の湯本館。

泉質は、硫酸塩泉でクセのない温泉です。

敷地内から温泉が湧いているあって、鮮度はとにかく抜群!

さらにラジウムを含む温泉で、湯上りは不思議なくらい体調が良くて、不思議なくらいです。笑

群馬といえば、草津、伊香保あたりが有名だけど、ここ「湯宿温泉」にもすごい温泉がありますね!

≫ 湯宿温泉 湯本館 宿泊記

 

その9:大塚温泉「金井旅館」(群馬県)

大塚温泉 金井旅館

こちらは、湯宿温泉からもそれほど距離がないところにある秘湯、大塚温泉「金井旅館」。

知名度はさらに低いかもですね…。

こちらは混浴で、Twitterを見ると「ワニ」さんが多いことの方が有名かも。。

とはいえ、非常に湯治の効果が高い名湯で、飲泉も可能。

この大塚温泉の温泉ほど、かぎりなく普通の天然水に近いものはないかな?といった印象です。

イメージとしては、すごく美味しい天然水に入りつつ、天然水を飲んでいる‥、とそんな感じ!

ぬる湯ゆえ、夏は特にオススメです!(空いている方が良い場合は、逆に冬!)

≫ 大塚温泉 金井旅館 日帰り入浴記

 

その10:下部温泉「大黒屋」(山梨県)

下部温泉 湯元 大黒屋

下部温泉は、山梨県で古くから「信玄の隠し湯」としても有名だったところ。

冷たい温泉と、温かい温泉の2つが湧いていて、古い源泉は冷たい方!

この冷たい源泉が飲泉可能です。(右の浴槽)

1時間ほど、のんびりと入浴することで、湯治の効果を得られる温泉だけど、その際に飲泉できるのは、とにかく最高…。

味は、こちらも天然水に近いけど、ミネラルはかなり含むな〜という印象です。

≫ 下部温泉 大黒屋 宿泊記

 

その11:金谷旅館「千人風呂」(静岡県、伊豆)

千人風呂 金谷旅館

この金谷旅館は、伊豆の先端「下田」にある有名な旅館です。

坂本龍馬が訪れた、すぐ後くらいの開業で、歴史を感じつつ、しかも昔ながらの混浴。

温泉はドバドバと掛け流しで、飲泉も可能。

この温泉もクセがなく、飲みやすいタイプ。

「伊豆で一番素晴らしい温泉は?」と聞かれたら、間違いなく候補に上がる名湯です。

≫ 金谷旅館 仙人風呂 日帰り入浴記

 

その12:別府温泉「ホテルアーサー」(大分県)

こちらは、別府駅の駅前のビジネスホテル「ホテルアーサー」さん。

駅前のビジホで、飲泉可能なんて、別府温泉の他では、ちょっと考えられないですね!

「あったかいミネラルウォーター」と書かれているけど、本当にそのとおり!

サウナも水風呂もあって、永遠にここにいれます。笑

別府温泉に行ったら、オススメのビジホです!

≫ 別府温泉 ホテルアーサー 宿泊記

 

その13:指宿温泉「殿様湯」(鹿児島県)

二月田温泉 殿様湯

指宿(いぶすき)温泉の殿様湯は浴槽の外で、飲泉ができます!(飲泉所あり)

指宿には、たくさんの名湯があるけど、飲泉ができるのはココだけですね。

指宿温泉は、海の近くということもあって、とにかく塩分の強い温泉。

もちろん飲んでみると「塩湯」ですね。

湯上りに汗をかいた後、たっぷりとミネラルを補給する感じで「体が喜んでるな〜」と言った感じ。

350円でサクッと日帰り入浴できます。

≫ 殿様湯 日帰り入浴記

 

その14:妙見温泉「秀水湯」(鹿児島県)

秀水湯

ものすごくインパクトのある温泉だけど、こちらも飲泉OK!

浴槽の前に、しっかりと飲泉所が用意してあるので、そちらでゆっくりと飲むことが可能です。

女将さんに「すごく美味しいよ〜」と声をかけて頂いたけど、本当にそのとおり!

見た目からは、想像できないほど、不思議と美味しい温泉水という言った印象でした。

超ドバドバ系の温泉で、行ってみる価値はすごく高いですよ!

≫ 妙見温泉 秀水湯 日帰り入浴記

 

自宅で「飲泉」も可能です「これは試すべき!しかも安い!」

温泉水99というものがあって、これは鹿児島県の垂水温泉をそのまま入れたもの。

phは驚きの9.9で、硬度は1.7。(普通の水は、中性なので7くらい)

「99」というのは、phが9.9という意味ですね!

そもそも論としてph9.9の水なんて、普通は飲む機会なんてないからホントに貴重な体験。

 

天然水とは全く違う

「とはいえ、天然水でしょ」というと、全く違います。

SNSでも「水はあまり飲めないけど、これは飲める」などの声があるけど、本当にそのとおり!

コーヒーにしても、お酒を割ってもとにかく美味しいので、驚きます。

女性誌でたくさん紹介されているとおり、美容効果もすごいという口コミも多数。

  温泉水99の公式サイトにも多くの口コミが記載されていました。

温泉(飲泉)って本当にすごいですね!

普通に、ph9.9の温泉を試してみるだけでも、十分に価値があると思いますよ。

すごいことに、6リットルほどを990円(1本165円)で試せるので、興味のある方は下記からどうぞ!

»   温泉水99の公式サイト

下記で詳しくレビューもしています。

温泉水99
【感激】温泉水99のレビューブログ「効果より美味さ!」

続きを見る

まとめ:飲泉の効果はすごい!

飲泉のできる温泉=ものすごい名湯

これは間違いなくイコールですね!

なので「飲泉ができる」と聞くと、テンションが上がります。笑

もし「湯治の効果がある温泉に行きたい」や「とにかく美容効果が凄まじい温泉に入ってみたい」

と思うなら、飲泉のできる温泉を探しつつ、温泉に出かけてみるのもアリです。

「飲めるほど素晴らしい温泉に入ると、こんなに効果があるんだ〜!」

と感じていただけるかと思います。

ぜひ素晴らしい温泉を体感しつつ、飲泉してみてください!

それでは終わりです!

【保存版】湯治のできる安い温泉宿14選「一人泊OK!」

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-温泉特集

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2022 All Rights Reserved.