北海道の温泉 北海道・東北の温泉

十勝岳温泉【凌雲閣】宿泊記ブログ「上富良野の名湯!」

凌雲閣

こんにちは、KOUです。(プロフィールTwitter

先日、北海道の上富良野にある、十勝岳温泉「凌雲閣」にこもっていました!

こちらは、北海道で一番、標高の高い温泉で、さらに絶景の露天風呂、「雲海」が見えることでも有名です!

「え、めっちゃ寒そう〜」と、正解です。笑

とはいえ、さすがは北海道で、室内の暖房はとにかく完璧!

ハッキリ東京よりも、あったかいですよ!

そして、温泉は掛け流しの名湯で、超オススメ温泉なので、さっそくご紹介していきますね!

2021年の泊って良かった温泉宿ランキング」にもランクイン!

(旅館プラン15000円程度〜、湯治プラン2泊5食付きで15000円程度〜。つまり湯治プランだと同じ料金で2泊できますね^ ^)

 

十勝岳温泉【凌雲閣】宿泊記ブログ「絶景の名湯!」

上富良野駅

上富良野の駅から向かいます!

上富良野、寒いです…。そしてここまでのアクセスもかなりヘビー。

記事の後半で、凌雲閣までのアクセス方法は解説してます!

ちなみにこの上富良野駅から「凌雲閣」へは、市営のバスで40分ほど。

(バスの中は、TシャツでOK!というくらいに暖かい!一緒に乗り込んだ青年は、一言目に「アツ!」って言ってました。笑)

 

凌雲閣に到着!

凌雲閣

上富良野の駅前は、サラっと雪があるくらいだけど、この凌雲閣の周辺は、完全な雪景色!(12月の上旬です)

宿の人に聞いたけど、なんと寒い時は、氷点下30度くらいになることもあるのだとか!

(しかし、リアルにTシャツで行っても大丈夫なくらいに、この辺りの暖房は完璧です)

こちらはロビー。

お土産も少々。

というわけで、チェックインして部屋へと向かいました!

 

凌雲閣の部屋の様子は?「ポカポカでした」

こちらは廊下。「廊下は寒い?」というと、とにかく暖かい!

そしてこちらがお部屋。(僕は湯治の2泊プランできましたので、この宿で一番小さなお部屋です)

部屋には、テレビ、冷蔵庫、そしてアメニティは、湯治プランでもフル完備。

そしてお茶請けは「おまんじゅう」で、ほうじ茶が用意されてました。

こちらは暖房となぜか扇風機。笑

洗面所とトイレは、部屋からすぐのところに。

 

寝る時や、トイレ、洗面所、いつでもあたたかい

結論、なぜか暖房を切っても暖かったです!(そうでないと凍死するかもですしね笑)

そして洗面所に行こうと、トイレに行こうと、1秒でも「寒い」とか「冷たい」と感じたことはなかったです。

これだけ外は極寒なのに、ホントすごいですね!

 

夕食は食堂で!「2泊してました…」

部屋は2階で、食堂は1階、そして温泉は地下にありました。

僕は、繰り返しになるけど、僕は湯治プランの食事でしたので、普通のプランでしたらもう少し豪華だと思います。

では、、

お刺身と、数の子。

お酒もいろいろとあったけど、北海道限定のビールがオススメとのことなので、一緒にいただきます。

そして、このサッポロビールだけど「ものすごくうまい!」いや、普通のサッポロビールと全く違うのだが。笑

続いて、焼き魚を。

メインは、この地元の豚肉。確かにすごく美味しかったですよ!

そしてご飯とお味噌汁を最後に。と、これで終わりなので、やはり一般的な旅館からすると、湯治プランなので、やや少なめですね。

とはいえ、お肉もしっかりとあって「足りない」という感じではなかったです。

大食いの方は、もしかしたら軽食を持っていくのもアリかもですね。

では次の日の朝食です!

夕食より豪華じゃない?というくらい、ボリュームもしっかりと。

  

ご飯、お味噌汁、卵、納豆、さらにジュース、コーヒーなどはバイキング形式でした。

そしてそして、、この湯治プラン、なんと昼食も付くんです!

「どんな昼食だろう??」と思いつつ、食堂に向かうと、

「山菜そば」でした!

次の日の夕食は、前の日と似たもので、

こんな感じ!少しずつ変化があるので、「飽きる」ということは、全くなかったです!

相変わらず、この地元の豚肉が特に美味しい!

次の日の朝食は、、

完全に全てがバイキング!

どうやら前の日は、人数が少なかったため、バイキングでなかったようですね。

 

凌雲閣と言えば「雲海」

いや、僕は知らなかったんですよ!

朝食を食べていたら、宿の方に「雲海が見えますね〜」と。

「雲海?何それ?」という感じだったけど、朝食を食べていたら、バッチリと見えました!

外に出て、撮影したらもっと綺麗に撮影できたかも…。とにかく美しい景色を見つつ、いただく朝食は最高すぎます。

 

デロンギのコーヒーも飲める

デロンギのコーヒーって美味しいですよね!しかも凌雲閣って、宿に流れる水の全てが天然水なんです。

「山の湧き水コーヒー」って書かれてあるけど、めっちゃ美味しかったですよ!

デロンギのコーヒーを知らない方は、下記をどうぞ!(本格的なコーヒーやエスプレッソを作れるマシンです)



デロンギ公式オンラインストア

白銀荘で日帰り入浴!

白銀荘

さらに連泊でしたので「近くの白銀荘の露天風呂は素晴らしいですよ!」

と声をかけていただき、車で送っていただきました。(10分ほど。無料送迎です)

白銀荘

出典:白銀荘

こちらも、全てが掛け流しで、サウナも完備してあるところ。

泉質は、弱酸性の硫酸塩・塩化物泉。(凌雲閣の温泉にやや似ているけど、違う源泉です)

 

凌雲閣の温泉「絶景にして、類まれな名湯!」

スミマセン、遅くなりましたが、ようやくここから凌雲閣の温泉についてです!

こちらは内湯。

もう一つの内湯。

やや色が違うように見えるかもだけど、その時々によって、色が変化していましたね。

凌雲閣

そしてこちらの小さい浴槽は、源泉が違います。(酸性泉で30度ないくらいの冷泉)

凌雲閣

そして露天風呂!

凌雲閣

もう一つの露天風呂。

 

凌雲閣の泉質について

成分表はなかったので、パンフレットや公式サイトを参考にしつつまとめました。

  • 全て、掛け流し、循環なし、加温なし、加水なしのパーフェクト
  • 源泉は2種類
  • 色のあるものは「鉄分をたっぷり含む、カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉」
  • 小さい浴槽は「酸性冷鉱泉」

普通、この色だと「含鉄泉?」って思いますよね?

ところが、この見た目でなんと、カルシウムを含む硫酸塩泉なんです!

これって北海道の療養温泉の特徴ですね。

僕の愛用している「湯の花」で「ひめの華」というものがあるけど、これも同じような泉質。

自宅で「凌雲閣」と同じ泉質を試したいなら、「ひめの華」を試してみると良いですよ!

下記の記事も参考になると思います。

ひめの華
北海道「二股温泉」の湯の華【ひめの華】をレビュー「アトピーにも効果あり」

続きを見る

 

凌雲閣の温泉に入ってみた感想!

素晴らしい!ことは、何も言わずとも伝わると思いますので、具体的にまとめてみました!

  • 成分が濃く、体にまとわりつくような感じ
  • 冷鉱泉との交互浴がとにかく気持ちいい
  • 絶景の露天風呂が最高すぎる…(言うまでもないかと笑)
  • 白いタオルもあっという間に茶色に。笑
  • 酸性泉は、福島の秘湯「微温湯温泉」に似ている

最高の硫酸塩泉と、最高の酸性冷鉱泉の交互浴ができるわけです。

最高すぎますよね……。

しかもサウナもあって、水風呂の代わりに、この冷鉱泉に入ることも可能です。

しつこいけど、ホント最高。笑

 

凌雲閣に行くなら「連泊」がオススメ!

理由は3つ。

  • アクセスが悪い(いや、そこが良い!?)
  • 連泊のプランがある(湯治プラン)
  • 雪山に「こもる」感じが最高…

温泉に入りつつ、雪を眺めつつ、のんびりと過ごすのは、イヤ最高すぎますよ!

連泊しないと「白銀荘」に日帰りもしにくいという点でも、連泊がオススメ。

そしてアクセスが悪い、、というか富良野の山奥ゆえに注意点があるので、ここからはアクセス方法についてまとめました。

 

十勝岳温泉【凌雲閣】「アクセス方法について」

早朝、部屋から撮影

冬に車で行く場合はかなり注意して!

上記の通り、完全な雪国です。

しかも、先ほどお伝えした通り、マイナス30度になることもあるほどの、極寒の地。

宿の方とお話ししていたら「子供の頃は、マイナス30度になると、学校が休みになって喜んでました!」と。

このレベルなので、レンタカーを借りつつ、というのはかなり注意が必要です。

ちなみに僕が、来た2021年12月の上旬は気温が0度前後といった感じで、「すごい寒い」という感じはしなかったです。

 

新千歳空港?それとも旭川空港?

結論は

  • コスパ重視:新千歳→札幌駅からバス(2500円)で富良野駅→電車で上富良野駅→上富良野駅からバス
  • 行きやすさ重視:旭川空港→電車で上富良野駅→同じくバスで凌雲閣へ

こんな感じです。

時間は、新千歳空港を使うと、約3時間ほど時間がかかる感じです。(札幌〜上富良野駅は電車だと値段は倍だけど、時間は速いです)

ちなみに僕は、札幌でも宿泊してこともあって、新千歳空港を利用です。

新千歳空港を利用すると「安い」理由は、もちろんLCC(格安航空)が使えるため。(飛行機の値段は3倍くらい変わります)

 

必要な情報をまとめました

 

格安航空券は5000円程度〜、下記の記事では最も安い飛行機を探すための記事になっています。

ぜひ参考にしてみてください!

 

あとの詳しい、電車の時刻などはググりつつお願いいたします!笑

 

まとめ:十勝岳温泉【凌雲閣】宿泊記ブログ

「連泊が良さそうだな…」と思いますよね??

僕は「あ〜連泊で良かった」と本気で思いましたよ!

さすがに1泊だと、日程がヘビーすぎかもです…。

では最後に「こんな方にオススメ!」をまとめて終わりにしますね!

  • 北海道の名湯を探している!
  • 絶景の露天風呂が大好き!
  • 温泉の質にはこだわりがある!
  • ストレス解消したい!
  • 雪山にのんびりこもりたい…
  • 湯治の効果がある温泉を探している!
  • 一人旅OK!ファミリーOK!カップルOK!

こんな感じになりました!

素晴らしい思い出になることは確かです!

ぜひ時間をとって、出かけてみてください!

 

【僕が凌雲閣に興味を持ったのは、下記の記事で紹介している「秘湯・古湯100」のシリーズで毎回紹介されているためです】

もう一度行きたい【秘湯・古湯100】をレビュー!「オススメ!」

続きを見る

2021年!泊まって良かった温泉宿ランキング!

続きを見る

【保存版】湯治のできる安い温泉宿14選「一人泊OK!」

続きを見る

泊まって良かった温泉宿の一覧つくりました!

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOU

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-北海道の温泉, 北海道・東北の温泉