エッセイ

温泉で目が痛いのだけど…「硫黄が原因かな?結論:酸性度」

こんにちは、KOUです。(プロフィール

悩んでいる人
温泉に入ったら、目が痛かったんだけど、この原因は何??

 

結論は酸性だから。僕が温泉に入りまくってみた結論としては「硫黄」ではないですね。

サクッと目に良い温泉もご紹介しつつ解説してみました!

 

温泉で目が痛いのだけど…「硫黄が原因かな?結論:酸性度」

硫黄に入りまくった「目は痛くない…」

硫黄泉は全国でもあちこちにあるけど、今回は長野県の野沢温泉を対象にしています。

もちろん、この他の硫黄泉もたくさん入りましたよ!

野沢温泉 滝の湯

こちらは共同浴場の「滝の湯」だけど、硫黄の成分はかなり濃厚です。

パチリと温泉の中で目を開けてみると……、全く痛くないです!

目が痛い原因は「硫黄」ではないですね。

 

那須湯本温泉はそこそこ目が痛い

滝の湯

こちらは那須湯本温泉の共同浴場「滝の湯」。

同じく硫黄泉だけど、ここは目が痛い!!

この差は何??

というと結論はphが違います。

野沢温泉は8〜9のphの弱アルカリ性。そして那須湯本は2くらいの酸性。

 

酸性度の強い温泉は目が痛い!

酸性度の強い温泉というと、

このあたり。(全て僕の宿泊機や解説記事へのリンクになっています)

これらの共通点はもちろん「目がとにかく痛い!!」ということ。

ホントはっきり言って激痛です。笑

 

おまけ:目に良い温泉がある!

貝掛温泉

出典:貝掛温泉

貝掛温泉(新潟県)

あまりにも有名だけど一応、ご紹介させていただきました。

なぜ良いのか理屈はよくわからないけど、確かに効果は実感しますね。

僕もまだ1回しか入ったことがないけど、ひどいドライアイがここで目を洗ったあとはなぜかスッキリ。

さすがは鎌倉時代からの言い伝え。

さすがにこれくらい歴史が長いと、まだ科学的に証明されていない何かの成分があるのでは?

と思ってしまいます…。

楽天トラベルのページに「貝掛温泉での目の洗い方」が解説していましたので、お出かけの際はチェックしてみるのがオススメ。

≫ 貝掛温泉での目の洗い方(楽天トラベルのページ)

なんと、白内障や眼底出血にも効果があるそうです。

昔は目薬として売られていたけど、現代は売られていないそう…。

おそらく薬事法の関係とかだと思うけど、こういうのってぜひ再発売して欲しいなって思います。

 

【不思議!】酸性でも目が痛くない温泉もある【草津温泉:地蔵の湯】

もちろん強酸性だと、どこでも目は痛い…。

けど不思議なくらいにあまり目が痛くないのは、群馬県の草津温泉の共同浴場「地蔵の湯」。

この温泉は目に良いって言われているんです。

僕の知るかぎり、目に入ってもあまり目が痛くないのは、この地蔵の湯だけ。

もちろん痛いけど、他の源泉に比べると圧倒的に痛くはないんですよね。

さすがは草津温泉でも「目に良い」と言い伝えがあるだけのことはあります。

詳しくは下記をどうぞ。

地蔵の湯
草津温泉の共同浴場「地蔵の湯」はやっぱり最高すぎる!

続きを見る

 

基本的に温泉は目に良い話

参考文献は、中川和宏著「目を温めれば脳がよみがえる」

この本によると、目の毛細血管はとにかく細い。

そして、著者によると、眼病のほとんどは、目の血流障害とのことです。

つまり温泉は普通のお風呂以上に体(目)を温める作用もあるから、どの温泉でも目に効果があることは確かですね。

僕が草津温泉でテレワークをしていた経験から言えることは、圧倒的に目の疲れがない。

ということ。

血の巡りが抜群だから、当たり前かもですね。

草津温泉でテレワークをしてみたいな、って方は参考までに下記の記事をどうぞ!

草津温泉でテレワークをしてみた!「メリットとデメリットは?」

続きを見る

 

それではこれくらいで終わります。

酸性の温泉が目に入らないように注意しつつ、温泉を楽しみましょう!笑

貝掛温泉はもちろん…目が痛くないですよ!笑

 

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-エッセイ

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.