PR エッセイ

【温泉本】「すごい温泉」と「ソロ温泉」←これが「無料」はすごい時代…

こんにちは、温泉オタクのKOUです。

実は最近、AmazonのKindleで本を出版しようと考えていまして…

それで、実際にどんな温泉本が、どれくらいの値段で売られているのか調べていました。

その中で、驚くほど「すごい!」と思ったのが、上記の2冊。

なんとAmazonの「Kindle Unlimited」(980円で読み放題のサービス)で、読むことが可能なのです。

ボク自身、Kindleで800円くらいの本にしようかな?

と考えていたけど、この2冊があまりにもすごいので、「Kindle Unlimited」を使えば「無料」で読める本にしようと考えを改めました。

ちなみに月額980円なので、本当は無料ではない。しかし「現在Unlimitedを使っていれば無料」そして「無料体験もできる」という意味で、あえて「無料」という表現をしています。

ご了承ください!!

それではこの2冊の「すごいポイント」をサクッと書いてみます。

 

行きたい!残したい!すごい温泉100 著:渡辺裕美

この本の素晴らしいところは「本当に行きたくなる」「そして大切に残したい」と思えるような温泉ばかりを取り上げてくれている点。

いわゆる「秘湯」と呼ばれるところがほとんどで、見た目、効能のどちらも感動できる温泉ばかり。

例えば、、

ボクが以前ポストした東郷温泉の「寿湯」

本当に温泉の効能がすごくて、心臓がバクバクするけど、そのあとはものすごく肌がキレイになるし、カラダの軽さに驚くのです。

基本的に、こういった本当に魅力的な温泉だけを紹介してくれているのは、ありがたいかぎり。

どう考えても「有益」な温泉本。

 

写真のクオリティ高い→「ワクワク感がすごい」

ボクが最初に温泉にハマり出したころ読んでいた本で「秘湯・古湯100」というシリーズがあります。

温泉の写真がキレイだとワクワク感がハンパではないんですよね。

この渡辺さんもまったく同じ写真のクオリティ。

それゆえ、正直「紙の本の方が良いかも…」と思ってしまうけど、紙の本は1900円。

間違いなくこの価値がある本だと思います。

それがAmazonの「Kindle Unlimited」だと無料。

ボク自身、今度、本を出す予定だけど、「Kindle Unlimited」で読めない本はちょっと出せないな…と思ってしまった次第です…。

 

誰に「行きたい!残したい!すごい温泉」はオススメ?

サクッと、

  • これから温泉旅をはじめみたい
  • 温泉のすごさを知りたい
  • ワクワクすることを見つけたい

この本から、「温泉の楽しさ」が伝わってくるのは、すごい魅力。

読んでいるだけでハッピーになれるといった魅力もあると感じています。

 

続いて温泉のレジェンド高橋さんの本を。

 

ソロ温泉  著:高橋一樹

この本は、ちょっと温泉好きなライターさんがサクッと書いた本…というわけではなく、高橋さんが書いた。というのがすごい点。

高橋一樹さんは、日本中の温泉を巡るため会社もやめ、貯金も450万円使って「3016」の温泉を巡ったというレジェンド。

ボクも温泉好きだけど、とても追いつけないような方です。

» 著書「日本一周3016湯」という本があり、レビューしてます

そしてこの高橋さんが「ソロ温泉」という、一人で温泉を楽しむ方法を書いてくれている、というところが、この本の素晴らしいポイント。

 

Kindleで読みやすい

この高橋さんの本は、読みやすい文体であることと、Kindleで読みやすいスタイルになっているので、通勤中などにもすごく読みやすいのが特徴。

基本的に「文字だけ」なので、写真によるワクワク感などはないけど、「想像をかきたてられる」という意味でのワクワク感はすごい…

 

ソロ温泉は誰にオススメ?

こちらもサクッとまとめてみます。

  • ひとり温泉したいけど、不安あり…笑
  • 自分へのご褒美、投資を考えている
  • 温泉のすごさをより詳しく知りたい

ちなみにボクもほぼ99%はひとり温泉。

「あ〜たしかに!」と納得することばかりで、ひとり温泉の初心者の方でしたら100%役にたつ温泉本だと思います。

さらにコスパよく「ひとり温泉」をする方法などもあるのが、必読のポイント。

注意点としては、この「ソロ温泉」は温泉宿を見つけるための本ではないということかな。

ですので、渡辺さんの本や、ボクの作った「オススメ温泉宿の一覧」(🙇🏻‍♂️笑)などもあわせて読んでいただくと、より参考にしやすい本だと思います!

 

【簡単】Amazon「Kindle Unlimited」の使い方

Amazonのアカウントを持っているなら「Kindle Unlimited」の登録をすればOK。

スマホで読む場合は、登録後に上記のようなKindleのアプリをダウンロードすれば簡単。

また、今回オススメの温泉本として紹介した本は、「Kindle内の検索」でサクッと見つかると思います。

とにかく、この2冊は「よほど温泉に行きまくっていないと絶対に書けない!」と思える本。

そんな意味でもすごく貴重な2冊の本だと思います。

それではこのあたりで終わります。最後までありがとうございました!

 

  • この記事を書いた人
温泉桶

KOU

「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 現在、湯治とリモートワークを中心に温泉宿に年間50泊ほど宿泊。 泊まって良かった宿だけをブログにまとめています。 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 月/最高88万pv

-エッセイ