エッセイ

高橋一喜さん著「日本一周3016湯」を読んだ感想「→値段の10倍の価値あり」

こんにちは、KOUです。

最高の温泉本を見つけました!

高橋一喜さん(@solosolo_onsen)の著書で、「日本一周3016湯」という本。

温泉オタクのボクの体感としては「10倍の値段の価値があるよな〜」という感じでした。

具体的にレビューしてみますね!

 

日本一周3016湯について

 

会社を辞めて温泉巡りに出る

この本の冒頭は、「温泉に入りたいので、会社を辞めさせてください。」から。

会社員になったことがないけど、それでも「すべてを捨てて、温泉旅に出られるかな?」

と思うと、じっくり考えたすえ「たぶん無理だろうな‥」と思ってしまう。

 

普通の温泉本ではない!

いわゆる普通の出版社が、普通に温泉の写真を載せて、つくったものではないです。

この本を作るのに、高橋さんは「450万円ほどを使い、386日間で、3000の温泉をまわった」と書いてあります。

つまり、この本の制作費用は、450万円…。

さらに個人で1年以上の月日を費やして、ようやく完成した本でもあるのです。

本の中で「これほど高額」でさらに「労力を使った」ものってなかなかないと思います…。

 

人生で1冊しか書けないと思う…

3000の温泉を2周して本を書く…とは普通に考えてならないかと…。

つまり、普通に考えて、ひとりの人間が「一生に一冊しか書けないような本」といっても過言ではないと思います。

 

「日本一周3016湯」5つのすごい魅力

 

これ以上ないほど詳しい温泉本「千葉にも良い温泉があった!?」

ボクも10年ほど温泉をまわっていますので、1000カ所くらいの温泉には入っています。

しかしこの本を読むと「え、こんな温泉があったの!?」と驚くことが多数。

具体的には、千葉県の温泉。

実は恥ずかしいことに「千葉は良い温泉ないしな〜」と思ってました…。

千葉県にもすごく良さそうな温泉があるのですね。

反省しつつ、千葉県に出かけて、このブログにも入れようかと思います‥。

 

ボリューム大!しかし読みやすい

あたりまえだけど、450万円で日本を一周しつつ3000の温泉をまわっているのです。

ページは、余裕に500ページを超えます。

このとおり。

しかし読みやすい

高橋さんは、もともと出版社に勤められていたそうで、文章のプロ。

さらに現在は、ライティングの仕事にも携わっているとのこと。

正直言うと「このボリュームの本読めるかな?」と思ったけど、驚くほどスラスラと読むことができました。

活字の苦手な方でも、このブログを読めるのでしたら、大丈夫だと思います!

 

何よりワクワク感を体感できる

この「3016湯」の魅力は、自分が旅に出ていないのに、実際に温泉にいきまくっている自分が想像できる、ということ。

つまり、この本の魅力は「ワクワク感」。

「最近、本を読んでワクワクしたことはありますか?」

心が震えるほどワクワクしたい方は、読んで損はないと思います。

 

「3016湯」に影響されたこと

それは、、「もう少し長い温泉旅に出ようかな?」ということ。

現在50泊ほど温泉に出かけているけど、5日以上の長期はめったに出かけていないのです。

今考えていることは、「2週間なら行ける」ということ。

 

「3016湯」は良い温泉を探すのにも役立つ

ボク自身、もともと温泉の湯治効果によってハマったこともあり、「掛け流し」であることには、すごくこだわっています。

高橋さんも掛け流しかどうかは、すごく重視しているようで、良い温泉を探すのにもすごく役立ちます。

注意点あり

写真集ではないので、少しだけ温泉の写真はあるものの、写真で楽しむようなタイプの本ではないです。

とはいえ、温泉名でググればいくらでも、写真は見つかるので問題はないかと。

 

「日本一周3016湯」のオススメな2つの読み方

  1. ゆっくりと時間をかけつつ、旅に出た気分で読む
  2. 温泉ガイドブックとして

つまり、一度は物語として楽しみ、その後は温泉ガイドとして家に置いておく。

こんな感じに重宝するはず。

とにかくゆっくり、ゆったりと豊かな気持ちで読みたい本です。

 

まとめ:「もし15000円で売られていたら」→結論「秒で買う!」

 

辞書のようにして15000円くらいで売られている本ってあるじゃないですか?

この「日本一周3016湯」がもしそんな感じに売られていたら、もちろん「書い」の一択。

普通に考えて、15000円以上の価値は十分にあるように感じます。

温泉のガイドブックとしても、これ以上のものはないかと。

さらにワクワク感も味わえる…。

さらに「自分のやりたいことをやる!」ということに、すごく「勇気」をいただきました!

人生に悔いを残したくない方にもオススメできる、温泉本に思います!

終わりです!

そのほか、山ほど温泉の本を読む中で、よかったものは下記にまとめています!⏬

【無料あり】本当に買ってよかったおすすめ温泉本【13選】

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOU

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-エッセイ