エッセイ

【まとめ】混浴あるある!【メリット・デメリットそして対策!】

甲子温泉 大黒屋

こんにちは、KOUです。

僕はもう何度も「混浴」の温泉には出かけています。

上記の写真は、甲子温泉大黒屋さんの混浴。

「もしやおぬし、あれだな‥ワニというやつだな」

イヤ、違います‥笑 ただの温泉オタクです‥笑

むしろ特に「混浴」は気を使うから好きではなくて、好きなのは「泉質」の方。

とはいえ、あまりにもたくさん「混浴」に出かけたので、いろいろと情報が溜まってきました。笑

そこで「混浴あるある」についてエッセイにしてみた感じです。

 

本記事を読むと良いのはこんな方

  • 人生で一度も混浴に入ったことないけど、行ってみたい
  • 行きたい温泉なのに、混浴‥
  • 混浴の体験談が知りたいです
  • オススメの混浴ってあるの?
  • 混浴の魅力を教えて!

とこのあたり。

「どこの混浴でワニになろうかな?」みたいな方は読まないでくださいね!笑

ではさっそく。

 

混浴あるある!「まずはメリットから!」

万座プリンスホテル

カップル・家族で入れる

比較的ライトな「混浴」例えば、万座プリンスホテルみたいに「水着OK」「タオル巻きOK」みたいな混浴だと、楽しくカップル、家族で入ることができますね。

「タオルNG」な秘湯の混浴とかでも楽しく入っているカップルとかはよく見かけますね。

もちろんマナー違反はNGです。

 

湯治ができる「介護OK」

ものすごく泉質の良い温泉とかで、効果の高い温泉だと、介護を目的とする関係で「混浴」にしている場合も少なからずあります。

実際に僕も何度も見かけたことがあります。

代表的な温泉といえば福島の名湯「湯岐温泉の山形屋」さんなんかはこのタイプの「混浴」です。

 

泉質が良い、秘湯であり、名湯!

「混浴=名湯」と言ってもいいくらいに名湯揃いです。

足元湧出にするために、あえて仕方なく「混浴」にしている場合などです。

僕なんかだと「混浴」って聞くと、「え、じゃ〜スゴイ泉質が良いかも」

なんてワクワクします。

このタイプの「混浴」は、名湯でありつつ雰囲気も良いので、若い女性が平気で入っていることもよく見かけます‥

例えば、「法師温泉」「甲子温泉」「川古温泉」あたり。

続いて、注意点とデメリットについて。

 

混浴あるある!「デメリット多め‥」

もちろん混浴って天秤にかけたら、デメリットの方が多めかと。

ワニがいる

これが一番の注意点!

ワニ目的で「混浴」に来ているのか、たまたま女性が入ってきたからワニに変貌したのかわからないけど、マナーの良くない人がいるのは確かなようです。

僕が温泉巡りをする中で、そこまで露骨なワニさんは見たことがないけど、

「じろじろ見られた」とか「すごい話しかけられた」みたいな話はたまに聞きます‥

 

カップルがいる

ところで「カップルの隣で温泉に入りたいですか?」

多分、多くの方が「それはちょっと‥」とお答えするはず。笑

僕ももちろんその一人。

 

「つまり落ち着かない‥笑」

つまり、混浴の1番のデメリットって落ち着いて入浴しにくいことだと思います。

「さすがにこの男湯状態で女性は入ってこないだろうな」

みたいなところにも女性が入ってくることって、たまに見かけますからね。

「リラックスして疲れを取りたい」みたいな方には完全にデメリットかと。

 

人(若い女性)から聞いた混浴あるある

これは全員が20代の女性。

「私、混浴行ってきた!」っていうから「どうだった?」

と聞いたお話しをまとめてみました。(内心「マジか?」とは思いました笑)

 

めっちゃ話しかけられる

「おじさんにすごい話しかけられた」らしいです‥

で聞いてみると「イヤではなかった」だそう。

普通にただ話しかけられただけだそう。

 

めっちゃ見られる

これは別の人の話。

酸ヶ湯温泉の混浴に挑戦したら「すごい見られて恥ずかしかった」とのこと。

ちなみに酸ヶ湯温泉は、湯浴み着もOK。

「湯浴み着着れば良かったじゃん」と言ったら「知らなかった」と。笑

 

スリルがあって楽しかった笑

また別の人。

「なんだかドキドキして楽しかった」らしいです‥笑

ま〜こんな経験はなかなかできないですからね。

人によると思います‥

 

混浴あるある「僕の体験談」

僕の体験談もちょこっとだけご紹介。

おばあちゃん率高め

混浴の露天風呂で涼んでいたら、おばあちゃん二人組が歩行浴をはじめられたことがありました。

歩行浴ってつまりそういうことです。笑

 

混んでますが‥

法師温泉って人気だから、たまにすごい混んでる時があるんですよね‥

Twitterとかで「ワニ園」って言っている人いるけど、そんな感じ。笑

混浴なのに混んでることって、ごくまれにありますね。

 

浴槽が小さいぞ

「小さい浴槽だからさすがに女性は入って来ないよな」

と思っていたら、普通に入ってきて男一人になったことがあります。

出るに出れない‥そして気が小さいので素早く帰ることに‥笑

 

おまけ:初めての混浴「難易度別に」

最後は「混浴にでも一度行ってみるか!」

みたいな混浴初心者の方にオススメの混浴をご紹介してみますね。

 

初級:五十沢温泉ゆもとかん(新潟)

ここは秘湯の雰囲気はゼロ。なんとなくスーパー銭湯のようでもあります。

なのに「混浴」。

ここは隠れていようと思えば、ずっと隠れていられるような雰囲気なので、混浴の難易度はかなり低めかと。

五十沢温泉【ゆもとかん】宿泊記ブログ「ワニはいる?つまり混浴」

続きを見る

 

中級:酸ヶ湯温泉(青森)

出典:酸ヶ湯温泉

ここも隠れることが可能だし、湯浴み着を着ることもOK。

雰囲気はもちろんのこと、この凄まじい泉質に入る価値はものすごく高いですよ!

酸ヶ湯温泉
酸ヶ湯温泉【湯治部】宿泊記ブログ「混浴!日帰りもおすすめ!」

続きを見る

 

上級:法師温泉「長寿館」(群馬)

出典:法師温泉

ここは一応、上級としました。

理由としては、タオル巻きNGであり、隠れるところもなく、見晴らしも抜群です。笑

とはいえお湯の良さ、建物の雰囲気の良さは格別。

どうしても混浴がムリ!という場合は、普通に宿泊すれば女性限定の時間があります。

ちなみに男性限定はないので、男性の方は常に混浴ですね。笑

法師温泉【長寿館】にワニはいる?「混浴難易度は?」

続きを見る

 

まとめ:混浴あるある!

混浴の温泉って

  • 建物の雰囲気が抜群!
  • 泉質がすごい(足元湧出など)
  • 山奥の秘湯に多い

こんなことが多いです。

感動のあまり「混浴」であることを忘れてしまうこともあるほど。

イヤ、日本にはまだまだ素晴らしいところがたくさんありますね。

それでは良い旅を!

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-エッセイ

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.