温泉特集

山形駅から蔵王温泉にバスで向かう方法【注意点あり】

こんにちは、温泉オタクのKOUです。

先日、山形駅からバスで蔵王温泉へと向かいました。

ボクが調べた限りでは「バス」がベストな方法だと思いますので、サクッとまとめておきます!

 

山形駅〜蔵王温泉にバスで向かう方法

 

山形駅前から蔵王温泉は、路線バスである山交バス(Z90)が運行しています。

 

山形駅→東口「1番のりば」へ!

こちらは駅の看板。

「東口!」そして「1番のりば」ということだけ覚えておけば、難しいことは何もないです!

こちらは山形駅の「東口」にある看板。

1番乗り場が「蔵王温泉」となっています。

乗り場は全部で5つ。広いロータリーではないので、迷うことはほぼないはず。

 

所要時間と料金など

  • 片道:1000円ピッタリ
  • 所要時間:37分
  • バスの本数:1時間に1本ほど
  • 交通系ICカードの利用OK!

» 詳しい時間は「山交バス」の公式サイトをどうぞ

 

蔵王温泉バスターミナルに到着

こちらは蔵王温泉バスターミナルの様子。

真冬でかなり吹雪いてました!笑 この時マイナス12度で生命の危機を感じるレベル…笑

帰りもバスを利用する際は、こちらに戻ってくる感じです。

 

蔵王温泉街にも近いです

スキー場までも徒歩3分くらいで、共同浴場までも5分ほど。

つまり蔵王温泉へのアクセスは抜群です。

この日は、猛吹雪だったけど何の問題もない感じでした!

 

バスの乗り心地と注意点【山形駅〜蔵王温泉】

乗り心地は、高速バスのような車内で「快適」でした。

乗り物酔いしやすいのですが、かなりゆっくり運転しているので、酔ってしまう感じはゼロです。

(気になる方は、バスの中央あたりが揺れなくてオススメです!)

 

注意点は「混雑」

バスの注意点はなんと言っても「混雑」です。

平日でも、外人の方が多く、そこそこ混んでました。

おそらく大型連休などだとかなり混雑するはず。

帰り道、朝10時台は混雑してました

10時台は、宿のチェックアウトの時間と重なるため、かなり混雑していました。(1本遅らせたほど…)

12時台のバスも平日でほぼ満席。土日も本数が増えるわけではないので、かなり混雑するはず。

もしどうしてもこの10時台のバス(蔵王温泉〜山形駅へ)に乗りたい方は、早めに並んでおくことをオススメします!

 

比較:山形駅〜蔵王温泉「徒歩とタクシーは?」

 

天気が良ければ「徒歩」、そして大人数でしたらタクシーを利用するのもアリだと思います。

 

徒歩「山形駅〜蔵王温泉」

山形駅からだと19キロで、4時間半程度。

しかし、最寄りの駅は「茂吉記念館前」駅からで、12キロで3時間。

正直「これくらいなら歩くのも気持ち良いかな?」と思ってました。

蔵王温泉へは登り坂ですので、帰りの方が歩きやすいということはありますね。

 

タクシー「山形駅〜蔵王温泉」

タクシーだと7000円ほどで、37分ほどとのこと。(時間がバスと同じですね。Googleマップ調べ)

4人ですと、1750円なのでバスとそれほど変わらずに行くことができますね。

混んでいたらタクシーを利用するのもアリだと思います。

 

まとめ:山形駅〜蔵王温泉へ【バス・徒歩・タクシー】

サクッとまとめつつ終わります。

  • バスのりば「山形駅、東口、1番のりば」
  • 料金:1000円
  • 時間:37分
  • 1時間に1本程度
  • 注意点は「混雑」しやすいこと
  • タクシー7000円。バスと時間は変わらず

以上です!

それでは良い旅を!

到着したら宿のチェックインまで「共同浴場」巡りがオススメです!

蔵王温泉 共同浴場
蔵王温泉の共同浴場を解説!「オススメは3つ全てです‥」

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOU

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-温泉特集