アトピー 自宅で温泉

湯の花はアトピーに効果あり【蔵王/明礬/草津/を比較】

別府温泉

こんにちは、KOUです。

悩んでいる人
湯の花が実際のところ、アトピーに効果があるのか知りたい…

 

こういった方のお役に立てる記事になっています。

 

KOU
本記事は、別府大学の研究と、実際の僕自身の体験談をもとに作成した記事になります。

僕はもともとひどいアトピーでしたが、食事、温泉そして湯の花などを活用し、10年かけて完治することができました。

詳しくはプロフィールTwitterもどうぞ!

 

山ほど湯の花を試したので、アトピーの方は参考にしていただけると思います。

ではさっそく!

湯の花のアトピー効果をわかりやすく!

別府大学の仙波和代教授を中心に5人の学生さんと、企業が中心となって研究がされたそうです。

≫ 参考リンク(別府大学)

さすが「別府!」と思わざるを得ないですね。

これは僕の予想だけど「湯の花はアトピーの効果がある」ということを、

体験的にまたは、体験談を地元ゆえにたくさん聞いてきたから「研究してみよう!」

という気になったのでは?と思います。

 

研究結果からわかること

  • 黄色ブドウ球菌が減少(かゆみが治る)
  • 免疫のバランスをとる効果

この2点は、科学的にも証明されました。

(わかりやすくするために、難しいことは簡略化しています)

 

湯の花の歴史は古い「作り方も解説」

別府、明礬温泉の湯の花を例にあげると、始まりはなんと江戸時代!

その作り方は、、

わらの小屋の中に「ぎち」と呼ばれる青粘土を敷き詰め、床から温泉の噴気(天然の蒸気)をあてることで湯の花の結晶を作ります。

1日に1ミリずつしか成長しない湯の花の結晶を、1~2ヵ月ほど育てて採取。

そして、この製法は、2006年に重要無形民俗文化財に認定もされています。

 

湯の花の一般的に言われている効果

あせも、いんきん、湿疹、しもやけなどの皮膚のトラブル。

そのほか、肩こりや腰痛、神経痛、冷え症などに有効。

これは、科学的な研究ではなく、あくまでも江戸時代からの言い伝え。

しかし、昔からの言い伝えには、科学的な根拠より正確なこともありますよね。

先ほどの、別府大学の研究は「ミョウバンが別府湯の花の主成分。それならアトピーに対しても有効なのではないか?」

との考えから、試験を行なったそうです。

つまり皮膚トラブルについては、科学的な根拠もあるということです。

ではここからは、僕の実際の体験談をもとに解説してみます!

 

湯の花のアトピーに対する効果【体験談!】

別府温泉

アトピーは薬では治らない

アトピーで有名な薬ではステロイドがトップ。そしてプロトピックという薬もありますね?

僕も実際に、高校生の時から使ってました。

結論、「薬で治ることはない」ですね。

軽症であれば、治ることもあるかと思います。

とはいえ、重症だと僕と同じように治らないはず。

 

薬はやっぱり、対症療法

病院に行くと「ステロイドを必要以上に恐れないで」

という書かれていることもありますよね。

僕が実際に数年ほど使った感想としては「やっぱり副作用が強いので、恐れた方が良い」です…。

皮膚が薄くなったり、肌が弱くなったり、アトピーが難治化してしまう原因の一つは、やっぱりステロイドだと思います。

なので、アトピーを治す場合は、根治療法を探すしかないですね。

 

アトピーを治すなら「食事、生活習慣、そして温泉」

僕自身、病院、漢方薬、いろいろと試したけど、結局は治らず…。

そして行き着いたのが「食事、生活習慣、温泉」でした。

参考にしてものは、本とネットからの情報。

≫ アトピーが100日で完治した方法

上記のサイトは、食事、生活習慣に関することで、ものすごく役に立ちました。

(怪しいサイトではないので、ご安心を。笑)

 

湯の花って劇的には効かないよ

先ほどの別府大学の研究では「9日で大幅に改善。そして30日でほぼ完治」とあります。

僕もおおむね、同じような体験をしました。

僕が、ものすごく酷かったときに試した感想としては、

  • 1回の入浴でも、かゆみは確かにおさまってくる
  • 1週間で、ちょっと良い感じ
  • 完治までは3ヶ月ほど

正直、こんな感じ。食事に気をつけていても、こんなペースでした。

しかし、かゆみの原因である「黄色ブドウ球菌」を減らす効果があるので、1回でも効果は実感できました。

 

蔵王、草津、那須の湯の花も有名

この3つは有名な湯の花の産地。

特徴を踏まえつつ、比較してみます。(全て、酸性の湯の花です)

  • 蔵王:かゆみがおさまる。毎日使うと乾燥肌になる。最近手に入りにくい。
  • 草津:効果が薄い。値段も高い
  • 那須湯本:かゆみがおさまる。毎日使うと乾燥肌になる。現地でしか手に入らない

蔵王と、那須湯本の湯の花は、たまに使うと、アトピーにかなり調子が良かったです。

というのも、こちらもブドウ球菌に作用するようで、かゆみがピタリと止みました。

デメリットは、基本的に現地でしか手に入らないということです…。

蔵王温泉の共同浴場(山形県)と、那須湯本温泉(栃木県)の様子は、別記事でまとめていますので、参考にしてみてください!

この2つは、アトピーにも効果を実感します!(特にオススメは那須湯本温泉)

 

アトピーに効果のあった湯の花は2つ!

明礬温泉の湯の花はさすが!「注意点あり」

湯の花

この明礬温泉の湯の花は、確かにアトピーに効果がありました。

僕は、実際に明礬温泉に出かけつつ、湯の花を作っているところも見学しています。

注意点があって、それは「明礬温泉の湯の花っていろいろメーカーが出している」ということ。

湯の里

出典:湯の里

こちらは、湯の花を作っている「湯の里」さんの様子。僕が見学したところもココ!

≫ 湯の里さんの公式サイト

もし「明礬温泉の湯の花を試してみたい」と思うなら、まずは湯の里さんの湯の花がオススメです。

 

Amazon、楽天市場でも購入可能

 

これはすごい!北海道二俣温泉「ひめの華」

ひめの華

こちらは、北海道の二俣温泉の湯の花で「ひめの華」というもの。

「あとぴた」と呼ばれるほど、アトピーに効果が高いと言われている湯の花。

もちろん湯の花なので、100%天然!

アトピーに効果のある湯の花を探していたら、間違いなくこの「ひめの華」が一番オススメ!

僕もその効果には、大変驚きました。

大将時代には、なんとこの湯の花を使った療養所まであったほど。

詳しいことは、ひめの華の公式サイトに記載があります。

そして、この湯の花、リピート率が97%というから本当に驚きです‥。(さらにこれほどの湯の花を、たったの980円で試せるところも魅力的)

※ Amazonや楽天市場で購入することはできません。 ひめの華の公式サイトからのみ購入可能です。

下記は、ひめの華を10日間、使い続けた日記です。

ひめの華
【日記】最高の湯の花「ひめの華」で10日間「湯治」をしてみた記録

続きを見る

 

まとめ:湯の花はアトピーに効果あり

では、湯の花のアトピーに対する効果をまとめつつ、終わりにします!

  • 別府大学で、湯の花がアトピーに効果あることを実証
  • 江戸時代から、湯の花は効果があると言われている
  • アトピーは薬では治りにくい
  • 食事、生活習慣、入浴の全てが大事
  • 湯の花を試すなら、明礬温泉かひめの華がオススメ!

以上です。

自分のアトピーが全く治らず、いろいろ試行錯誤した結果です。

現在は、アトピーがほぼ完治し、肌の調子が良いことから温泉オタク、温泉ブロガーをやってます。笑

湯の花も素晴らしいものですので、ぜひお試しを!

 

【湯の花を使用する際の注意点などは、下記の記事で解説しています】

ひめの華
【注意点あり】湯の花の効果的な使い方「経験談も含めつつ」

続きを見る

【アトピーに効果のある温泉地:角間温泉】

角間温泉 共同浴場 王湯
長野県【角間温泉の共同浴場】が素晴らしすぎた‥のでブログで解説

続きを見る

【草津温泉の地蔵の湯もアトピーに効果がありました】

地蔵の湯
草津温泉の共同浴場「地蔵の湯」はやっぱり最高すぎる!

続きを見る

【下記は湯治宿をまとめた記事です】

【保存版】湯治のできる安い温泉宿14選「一人泊OK!」

続きを見る

そのほか、このブログでご紹介している温泉は、基本的に僕自身がアトピーにも効果のあったものばかりをご紹介しています!

  • この記事を書いた人

KOU

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-アトピー, 自宅で温泉