群馬県の温泉 関東の温泉

万座温泉【万座プリンスホテル】宿泊記ブログ「混浴、バイキングの解説あり」

こんにちは、KOUです。

先日、万座温泉にある万座プリンスホテルに宿泊してきました。

僕の知る限り、万座温泉には7つの宿泊施設があるけど、その中の5つに宿泊したことがあります。

具体的には、万座高原ホテル、日進館、豊国館、聚楽、そしてこのプリンスホテル。

そんなわけで、ちょっと比較をしつつブログにしてみました。

 

万座温泉【万座プリンスホテル】宿泊記ブログ

まずはチェックイン。

外は、山奥というか秘湯の雰囲気だけど、一度ホテルに入るとそこは都内のホテルと変わらない感じですね。

このあたり(草津温泉、万座温泉)では、抜群に施設の綺麗なホテルなんじゃないかと。

ちょっと早くついてしまったので、待合室へ。

「1時間も早くついてしまって悪いな〜」と。

しかし、ここで待たせてもらえるなら何時間でもOKといった感じではありました。

10分ほど待っていたら受付のお姉さんに、

「もう部屋を使って大丈夫ですよ」と。

ありがたいことに1時間ほど早くチェックインさせていただいてしまいました。

ちなみに‥待っている時間お土産を見るのも楽しいですよ!

万座プリンスホテル

こちらにお酒から、軽食までなんでもありました。

 

部屋の様子は?

万座プリンスホテル

「ここは、本当に万座温泉か?」

というほどキレイな廊下を通って部屋へ。

僕は、一人で宿泊していたのでこちらのツインルーム。

このホテルで一番小さい部屋のようです。

アメニティは?というと‥

そこはもちろんプリンスホテルですからね、なんの心配もなく。

ちょっと変わっているのは、混浴に入る時に腰にまく用のタオルが一つ多いということ。

女性の方は、湯浴み着やもっと大きなバスタオルもあるのでご安心を。笑

こちらは部屋にあったお茶。

バス・トイレ付きで、ユニットタイプですね。

万座温泉や草津温泉に共通していることだけど、どこの宿でもたいてい蛇口をひねると天然水。

「聚楽」に泊まったときは、「これは天然水!」って書いてあったけど、

こちらは書いてないものの、天然水の味そのものでした。

そして、窓の外はさすが万座!絶景ですよ!

実は、リモートワークしつつ、この景色を見つつ、温泉で休憩。

のようなことをしていたけど、これは最高すぎました!

心が子供にかえったようにワクワクと!

万座プリンスホテル

作業のできる机がいい感じ。

ちなみにここは、東館のツインルーム。

いくつか種類があるので、チェックしてみるのがいいかと思います。

>>> 万座プリンスホテルの部屋のギャラリー

 

温泉は?「絶景、そして混浴‥」

もちろん、掛け流しの温泉です。

万座温泉は、酸性の硫黄泉なので、循環装置や消毒の必要がないのが良いポイントでもありますね。

それに万座温泉の湧出量は1日540万ℓですから、そもそも必要なさそうです。

というか540万ℓってイメージもつきませんね‥笑

計算してみたら25メートルプールを20個くらい。笑

内湯と露天風呂

まずはこちら内湯の「ななかまどの湯」

万座プリンスホテル

出典:楽天トラベル

大型のホテルにもかかわらず、かなりの湧出量。

それから万座温泉らしく、かなりの硫化水素の香りでした。

加水はあるのものの、天然水ですので、薄まった感じとかはなく、素晴らしい温泉。

続いて、絶景の露天風呂。

万座プリンスホテル

出典:楽天トラベル

一部が混浴で残りは男女別に分かれていました。

混浴は、タオル巻きや湯あみ着がOKなので、プールみたいなものかな。

「男性もタオル巻いてください」って書いてあったけど、タオル巻いてる人はほとんどいなかったかな。

というか女性専用の露天風呂もあるので、女性の方はいなかったです。笑

万座プリンスホテル

出典:楽天トラベル

冬はこんな感じに。

夜はものすごい星空がキレイでしたよ!

そして、女性の方はもう一つあるんです。

万座プリンスホテル

出典:楽天トラベル

こちら「しゃくなげの湯」というもので、女性限定。

屋根付きの露天風呂といった感じだそうです。

万座プリンスホテルの温泉を楽しむなら、女性の方が有利。かと思います。笑

続いてお食事編へ。

 

食事「バイキングのクオリティが高い」

朝と夜どちらもバイキング。

プランによっては、西洋料理、日本料理、中国料理とあるようです。

僕が泊まっていたときは、バイキングのプランだけだったようで、上記のお店は全てしまっていました。

食事の時間は以下の通り。

夜は、17:30~19:30。朝は、17:00~9:00。

ではまずは、夜のバイキングから。

結論を先に言ってしまうと、万座温泉で一番クオリティが高いというか、高級感があるというかそんな印象でした。

聚楽、高原ホテル、日進館は、自分でとるスタイルだけど、こちらは全てよそってもらえます。

とにかくたくさんあるから目移りしつつ‥

本当にいろいろな種類があるのでごく一部をご紹介しますね。

とりあえず、サラダ、麻婆豆腐、ローストビーフと中華のお惣菜。

「見た目以上に美味しい〜」という感じ。

続いて、クリームコロッケ、焼売、キャベツを煮た物。

こちらもとにかく見た目以上。「あれ、キャベツってこんなに美味しかったっけ」と。

続いて‥中華の炒め物、スープは‥すみません忘れた笑

天ぷらはその場で揚げたて。

最後に味噌ラーメンを。

チャーシューがかなりうまい!と。

プリンスホテルは中華が美味しいって噂を聞いたことがあるけど、それ本当かもですね。

どれも美味しいけど、確かに中華が一番かも‥って思いました。

デザートも豊富ですよ。

僕は食べてないけど、こんなものも。

こちらは食べてみました。

一流のケーキのクオリティ。さすがプリンスホテル!

ドリンクは?

ソフトドリンクは自由に飲み放題。

アルコールは、飲み放題か単品。

僕は単品でビールを一杯だけ飲みました。

3杯以上飲むなら飲み放題がお得らしいです。

それでは朝食のバイキングを

雰囲気は、夜と一緒。

夜、食べすぎたらおそらく朝はそんなにお腹空かないかも‥笑

なんて思います。

朝も和洋中、なんでもあるので、普段まず食べないものをチョイスしてみました。

フルーツ、杏仁豆腐、パンケーキ、肉まん。そしてミルク。

パンケーキはその場で焼いて、飾りまでつけてもらえます。

お子さんは喜びそうです!

このオムレツはすごい人気でしたよ!

その場でシェフが作ってくれます。

若い女性のシェフだったけど、「作るのうまいな〜」と関心しつつ眺めてました。

ちなみにこれは、アボカドオムレツで、他にもチーズとかいろいろな味に変えることが可能でした。

普段は、朝ごはん食べないのにまだまだ‥笑

サクッサクのクロワッサンとカレー。

久しぶりにクロワッサンを食べたけど、ホテルのクロワッサンって美味しいイメージがあるけど、その通り美味しかったです。

カレーももちろん。とにかくお腹いっぱいではありました。笑

ソフトドリンクの飲み放題は夜と一緒で、朝は部屋にコーヒーを持ち帰ることができるようです。

大満足バイキングに感謝です。

 

スキーをするなら一番便利なホテルかな

万座温泉スキー場

実は、リフト券付きのすごく安いプランがあったので、スキーも滑ってきました。

すごくいいのが、ホテルとスキー場が直結していること。

ホテル内でレンタルもできるし、本当にノーストレスでスキーを楽しむことができます。

万座温泉でスキーをするならプリンスホテルが一番便利なのは、間違いなかと思います。

 

こんな方におすすめ

では最後に僕なりにまとめてみます。

コスパだけでいえば、もっと安く万座温泉に宿泊できるところがあります。

しかし、食事、部屋、温泉とどれもハイレベルで、「誰にでも安心しておすすめできる」

そんなところだな〜というのが印象的です。

それらを踏まえて、

  • 美味しいバイキングを楽しみたい
  • スキーをする予定
  • 絶景の温泉に入りたい
  • 設備がキレイなところがいい
  • お子さん、またはお年寄りと一緒

僕みたいな温泉好きでも、楽しめるクオリティなのが良いところでもあります。

 

そのほかの宿と迷ったら‥

こんな感じに選ぶのもおすすめです。

 

 

まとめ:万座温泉【万座プリンスホテル】宿泊記ブログ

万座温泉に来ると、ストレスがゼロになります。

これは、僕が万座に来るといつも思うこと。

こちらは、日進館で撮影したものだけど‥

万座温泉って、世界の長寿の地域に似た環境らしいです。

そして、癌などの難病が直ってしまったという霊験もあるそうです。

僕自身、今回の旅では、関節の痛みと肌がみるみるキレイになっていくことを体感。

万座温泉 湯畑

こちらは、万座温泉湯畑の様子だけど、近づいてはいけないほど硫化水素ガスが出ています。

スマホも故障するとのことで、僕はかなり遠くからズームで撮影をしました。

「何かとんでもないエネルギーを感じるな」

というのが感想。

確かに、万座温泉に入ると体にエネルギーが入ってきて、エネルギーが体の底から湧いてくるような感じも受けました。

そんな魅力に溢れた万座温泉です。

ぜひ体感してみてください!

 

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-群馬県の温泉, 関東の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUの温泉三昧 , 2021 All Rights Reserved.