hokonetent箱根テント

神奈川県の温泉 関東の温泉

箱根テント【HAKONE TENT】宿泊記ブログ

2020年12月9日

 

こんにちは、KOUです。

 

先日、箱根の強羅にある箱根テントさんに宿泊してきました。

結論から先に言ってしまうと、温泉は最高。併設しているバーの食事も最高。部屋はゲストハウスゆえに少し狭いけどオシャレできれいだったので居心地が良かったです。

というわけで記事にしました。

では、具体的にレビューをしていきます。

 

箱根テント【HAKONE TENT】宿泊記ブログ

こちら強羅の駅から徒歩5分くらい。このアクセスの良さもいいですね!

そして一階はなんとバーになっているんです。チェックインもこのバーで。

感じの良い若いお兄さんにその後案内してもらいました。このお兄さんもそうだけどここの人みんな感じのいい方たちばかりですごく若い人が多いな〜と。

まずは部屋の様子からどうぞ。

 

【HAKONE TENT】部屋の様子は?

hokonetent箱根テント

僕がこの日泊まったのは個室。(4畳半くらいかな?)部屋の種類はたくさんあってもう少し広い部屋や、ドミトリーでもっと安く泊まることも可能です。

ちなみにこのシングルの個室で1泊4000円。

hokonetent箱根テント   

とにかく照明からベットまで全てがオシャレ。そしてきれいです。

鍵はナンキン錠のタイプ。部屋から出る時は、これをひっかけて鍵を閉める感じになります。

鍵の横のチケットは、食事券。食事付きのプランにしたので、2000円分のチケットがいただけます。(もちろん一階のバーでの食事です)

部屋の備品はというと‥

hokonetent箱根テント

耳栓とティッシュとタオル。この3点でした。たしかに部屋の外の声は割と部屋に響きます。とはいえ夜は、みなさん気をつかって静かにしているのか、とにかく静かでした。

 

【HAKONE TENT】温泉は?

貸し切り風呂が2種類、これだけです。もちろん宿が大きくないので、「入りたい時間に入れなかった」ということはなかったのでご安心を。

hokonetent箱根テント

こちらは予約せずに入ることのできるヒノキ風呂。二人で入るのにちょうど良いくらいかな。結構な量の温泉がかけ流されていてお湯はいたって新鮮。

箱根にはいろいろな泉質の温泉があるけど、ここの温泉は酸性の硫酸塩泉。まず酸性泉であることが珍しいですね。

普通このタイプの温泉って「酸性泉や硫黄泉」と呼ばれることがほとんどなのに、なんと硫酸塩泉

これって全国的にもかなり珍しいかと。僕がいろいろ入った中では知らないです。

見た目と酸性度でいったら、那須湯本の有名な秘湯「鹿の湯」や草津の「白旗の湯」に似ているけどやっぱりなんとなく違いますね。

温泉の匂いも違うし、この大涌谷源泉特有の肌にまとわりつくような感じが。

本当にオンリーワンな感じの温泉なので、この温泉に入るために来るだけでも価値があるな〜と。(ちょっとマニアックかな笑)

ではもう一つの貸し切り風呂に移って‥

hokonetent箱根テント   hokonetent箱根テント

こちらは夜に撮影したため、すごい蒸気でこんな感じになってしまいました。とはいえやや暗めな照明が心地よいです。

もちろん温泉は先ほどのものと同じ。こちらの方は4人くらいなら入れる大きさです。

どちらがいいとかはないですよ。ただ広さが違うだけ。

ちなみにこちらは予約制で、一階にあるボードにシールをつけて予約する感じでした。

夜11時以降は予約しなくて良いようで、僕は予約せずに入りました。

hokonetent箱根テント

成分表がありましたので参考までに。これを見ただけで温泉好きならテンションが上がるかと。笑

「硫酸塩泉PH2.2」ってこれが珍しい!twitterで呟いたら、「長野の毒沢鉱泉も似ている」との情報もご親切にいただきました。

hokonetent箱根テント

あと温泉の入り口にこんなものがあるけど、もちろん温泉の温度を変えるものではなくシャワーの温度。

シャワーブースもある

hokonetent箱根テント   hokonetent箱根テント

これは、「オンセンヨリシャワーガイイデス」っていう外国人のためかと。

頭を乾かしたりするスペースもしっかりとあって、ここもとにかくオシャレ。

 

【HAKONE TENT】食事は?

食事は、併設されたBARでいただくことが可能です。詳しいメニューは、公式サイトにありました。

カウンターでその都度お支払いをするシステムでした。

とりあえず、サラダを。まずは野菜から食べるようにしているのです。笑

サーモンが入って、自家製のシーザーソースがかかったサラダでこれは美味しい!

そしてビールを。

ピザもビールもたくさん種類があって、僕が今回頼んだのは、マルゲリータとハートランド。

久しぶりに飲んだハートランドは、日本のビールより美味しく感じたな〜キリッとした感じ。

ピザは、いわゆる冷凍のピザとかではなくかなり本格的なイタリアン。見た目からもわかるかな。いや〜久しぶりに食べるピザはうまいな!

写真で伝わるかわからないけどすごいボリューム。となりの一人で来ていたお客さんは店員さんと一緒に食べてたくらい。笑

続いてチキンソテーとジントニックを。

こちらもホワッと焼いてあって「これはプロの技だ」とわかる一品。実はチキンソテーって僕も作ったことが何回かあるんです。

もちろんそれよりはるかに美味しかったです。当たり前か!笑

久しぶりに飲んだジントニックも美味しかったな〜ライムがキリッと多めにきいています。

食べ物の持ち込みもOK!

だそうです。「それでちゃんと利益出るのかな」と心配にはなりますが‥笑

ちなみにここから徒歩10分くらいのところにはデイリーヤマザキがありましたよ。個室を予約したのなら部屋に帰ってからまた軽食を食べたりとかもいいですね。(「強羅 ヤマザキ」とかで検索すれば見つかります)

 

バーにはこんなスペースも

   

オシャレなBARにコタツも。ここでパソコン作業している人もいましたよ。みんななぜかmacbook笑。ちなみに僕も。それからよく見るとギターも飾ってあって演奏してみてもいんだとか。

   

こっちにはピアノも。黒いヴァイオリンもありますね。とにかくオシャレさとリラックスできる空間がいい感じにハイブリッドしていてとにかくいい雰囲気だな〜と。

 

【HAKONE TENT】共有スペースもあり

hokonetent箱根テント

こんな感じのスペースがあって、個室を予約していなくてもここで食事とかも可能ですね。

hokonetent箱根テント

調理なんかも一通りできるようになっています。使ったものは、自分で洗って片付ければOKだそうです。

hokonetent箱根テント

コーヒーやお茶なんかは好きに飲んでOKだそうです。僕はカフェインが苦手なので飲まず。

 

【HAKONE TENT】こんな方におすすめ「デメリットも含めて」

「こんな方におすすめ」の前にまずは「こんな方はやめておいた方がいい」をまとめてみたいと思います。

  • 温泉旅館をイメージしている方(何しろ食事はBARですからね)
  • 足の悪い方(建物に段差が多いです。それゆえ年配の方もきついんじゃないかな〜宿泊している人もこの日は20代〜40代くらいの人が多かったです)
  • 太っている方(やや通路が狭いです。とはいえある程度は大丈夫です)

と思いつく限りではこんな感じです。

ではこんな方におすすめです。

  • コスパ良く箱根の温泉に宿泊したい(箱根は全体的に価格が高めですからね)
  • にごり湯の酸性・硫酸塩泉の掛け流しに入りたい(かなり珍しい温泉です)
  • オシャレで気楽に旅を楽しみたい!(一人旅OK!僕も一人旅だったけどすごく居心地良かったですよ)
  • 貸し切り温泉があった方がい〜(貸し切りオンリーです)
  • 温泉旅行デビューに(かなり気楽に宿泊できるのでおすすめです!)

例えば食事をBARでしなかったらとにかく費用が安いというところもいいですね。僕はここに来たらBARに行きたくなってしまいますが‥笑

 

まとめ:箱根テント【HAKONE TENT】宿泊記ブログ

ここのゲストハウスのスタッフさん達がみなさん感じのいい方ばかりだったのが印象的です。

何か接客業務をしているという感じでなくて、楽しいからここにいる。といった感じ。

これがここにきて居心地の良かった理由なのではと。

ゲストハウス特有の空気感なのか、素晴らしい経営者なのかわかりませんが、個人的には経営者さんが素晴らしい方なのでは?って思いました。

とにかく古い建物をリノベーションしてあってイヤな感じが全くしない、オシャレで素晴らしいゲストハウスであったことは確かです。

「箱根行きたいけど、どこも割高なんだよな〜」なんて思っている方にも特におすすめですね。

ぜひ行ってみてください!

 

  • この記事を書いた人

KOUの温泉三昧

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-神奈川県の温泉, 関東の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUの温泉三昧 , 2021 All Rights Reserved.