中部・近畿の温泉 長野県の温泉

田沢温泉「富士屋」宿泊記ブログ「ぬる湯の名湯!」

田沢温泉 富士屋

こんにちは、温泉オタクのKOUです。

先日、長野の田沢温泉にある「富士屋」さんに宿泊していました。

田沢温泉は、長野の小さな温泉地だけど、実は長野でトップクラスに好きな温泉地…

魅力は、「おだやかな空気、自然の多さ、人の温かさ、そしてぬる湯の名湯」です。

なぜかこの温泉地って人が優しいと思うんですよね…

この「富士屋」さんも同じく、人が優しく、温泉も優しく、食事はお値段以上…

というわけで、ブログにまとめてみました!

2食付き12000円程度〜(プラン多数あり)

 

田沢温泉「富士屋」さんにチェックイン

田沢温泉 富士屋

穏やかで感じの良いスタッフの方に案内していただきました。

夕食のドリンクを聞かれましたので、チェックイン前にこちらのメニューを見て検討しておくことをオススメします…笑

外から見ているよりも、館内は広いのに驚きです。

全体的には、かなり年季が入っているけど、ところどころリフォームしてありますね。

そして部屋に到着!

 

「富士屋」さんのお部屋「静かで落ち着く」

田沢温泉 富士屋

畳の香りがふんわりと。静かで心地良く、もちろん年季は入っているもののピカピカ。

たくさん旅をしているけど、トップクラスに落ち着く部屋でした。

広縁も落ち着く空間で、外の景色を見るのに最高!

こちらはリアルな景色。空気が澄み切っているのを、ひたすら感じます…

アメニティなど。

テレビとお茶など。

お手洗いは、部屋のすぐ近くにありました。

もし、「部屋にトイレほしい!」という方は、部屋にお手洗いのついたプランもあるので、そちらを検討するのがgoodかと。

とにかく最高に居心地の良いお部屋でした!(温泉付きのお部屋もあるそうです)

 

「富士屋」さんの温泉「ぬる湯の名湯が掛け流し」

こちらが温泉の入り口。

脱衣所からも景色が良くて気持ち良いんですよね。

田沢温泉 富士屋

こちらが内湯。奥がジェットバスになってます。

田沢温泉 富士屋

こんな感じに、ドバドバ掛け流し。オーバーフローは全体的に溢れているけど、1番はジャグジーの奥から。

ちなみにこの内湯は、田沢温泉2、3号源泉が、加温、加水、循環消毒なしの掛け流し。

これは共同浴場「有乳湯」と同じです。つまり最強クラスの名湯だということ。

ぬるめ(40度くらい)だけど、よく温まる

これって田沢温泉の特徴だと思うんですよね。

はじめは「ちょっとぬるいかな?」と思っても、割と短時間ですごくあったまってくる…。

不思議なくらいです!

続いて露天風呂を。

田沢温泉 富士屋

空気が美味しい…という意味で、露天風呂は最高…

田沢温泉 富士屋

なんと居眠りスペースもあるのです。

露天風呂は田沢温泉1号泉が、循環、消毒、加温あり。田沢温泉は基本的にぬる湯なので、仕方ないですね。

しかし、消毒のにおいはゼロだし、眺めと空気の良さで、最高に気持ちの良い露天風呂。

 

泉質と効能を!

これらを参考に!(こちらでは内湯を参考にします。露天風呂は、拡大しつつご覧ください)

  • 泉質:アルカリ性単純硫黄泉
  • 湧出量:記載なし。しかしかなりドバドバ
  • ph:9.6(かなり強めのアルカリ性ですね)
  • 泉温:40度

 

余談:共同浴場「有乳湯」はゼッタイに行くべき

田沢温泉 有乳湯(うちゆ)

こちらは徒歩1分の共同浴場「有乳湯」。

入浴料は200円だけど、「富士屋」さんで100円券をもらえます!

富士屋さんの内湯と同じ源泉だけど、こちらは「鮮度」という意味で、1段上かな。

泡付きがまったく違うので、行ってみる価値はすごく大きいです。

 

沓掛温泉もオススメ!「車で5分のすごい名湯」

沓掛温泉

沓掛温泉は、田沢温泉よりもさらに「ぬる湯」で、36度ほど。

つまり何時間でも入れる…

オススメは、30分以上かけてゆっくりと入浴すること。不思議なくらい心地良い温泉で、トップクラスに好きな温泉です!

こちらも200円で入れるのでぜひ!

 

「富士屋」さんのお食事「お値段以上のクオリティ」

お食事は、別室の個室で!

お品書き。

結論、都会で食べたら普通に「宿泊代と同じくらいなのでは?」と思うほど。

前菜。チーズにも蜂の子が使われていたり、酢の物も信州サーモンを使用。右上の小鉢は、長野産の豚肉を煮たもの。

松茸の土瓶蒸し。こんな美味しい土瓶蒸しは初めてかも…というか松茸ってほとんど食べたことなかった…笑

信州サーモンの昆布じめと、イワナの薫製。お刺身もひと手間加えてあって、芸術品のよう…

右の焼き物は、イワナを杉の木にはさんで焼いたもの。

左はナスの田楽に、鴨ロースをのせたもの。右は長野県産の牛肉のキノコ鍋。

天ぷらはもちろん揚げたてを持ってきていただいて、最後は松茸ごはんとお吸い物。

デザートは、リンゴをワインで煮たものに、マスカットが乗ってました。

食事の前に「ご飯が出るまでに1時間かかりますが大丈夫ですか?」と聞かれたけど、それくらいゆっくりペースのお食事です。

普段、これくらいたくさん食べると、胃がもたれてしまうのだけど、そんなことは全くないので、おそらくすべて良い食材を使ってくれているのかと思います。

最高のお食事でした。続いて朝食を。

 

朝食は、個室ではなく食堂でいただきます

こちらが最初に用意いただいたもの。

鮭は焼きたて。右上の味噌みたいなのも美味しかった!

こちらは、オリーブオイルに魚や野菜を入れたもので、パンにつけて食べるのです。驚きのうまさ。

サラダと湯豆腐。そしてお蕎麦。

最後は、ご飯、お味噌汁、そしてデザート。

不思議とこれだけ食べても胃は軽い…。おそらく食材の良さ、調理のうまさだと思いますね。

 

まとめ:田沢温泉「富士屋」宿泊記ブログ

誰にでもオススメしたい旅館だけど、とりあえず「こんな方にオススメ!」をまとめつつ終わります。

  • ぬる湯が好き
  • 静かな温泉地が好き
  • 食事も豪華な方が良い
  • 湯治目的(湯治プランもあるため)
  • 一人旅・カップル・ファミリーどれもオススメ

基本的に、ゆったりとした空気感のため、のんびり癒されたい方に特にオススメです!

それでは終わります。

 

  • この記事を書いた人

KOU

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-中部・近畿の温泉, 長野県の温泉