中部・近畿の温泉 山梨県の温泉

山梨県【はやぶさ温泉】日帰り入浴ブログ【混雑に注意:対策あり】

こんにちは、KOUです。

先日、山梨県の名湯「はやぶさ温泉」に日帰り入浴をしました。

ここに来るのは久しぶり!2回目の入浴です。いつかまた来たいとずっと思っていた温泉で、ここに来れて嬉しい‥。

この「はやぶさ温泉」は、掛け流し、加温なし、加水なし、消毒なしの名湯であることはもちろんのこと、シャワーまで温泉が掛け流しととにかく湧出量が豊富。

もうこれだけで、これ以上の説明は不要なほどの名湯ですね。

ではさっそく!

山梨県【はやぶさ温泉】日帰り入浴ブログ

まずは車を止めて。周りの環境は自然が多くて静かな感じ。

こちらが温泉の入り口。「あれ、なんと旅館みたい‥」と思いつつ、

中に入るとこんな感じ。

受付で料金700円を支払い、温泉へ。

 

衝撃の湧出量!「鮮度が抜群すぎる!」

こちらが内湯。

なにやら奥で、魚の口から温泉が出てるぞ。

これ、循環ではなく、掛け流しの温泉です。さらにこの魚の脇からも温泉が湧いているからものすごい湧出量ですね。

オーバーフローもドバドバでした。

実はけっこう混んでいて、人がいない時を狙いつつ、許可をとりつつ頑張って温泉を撮影しました。笑

最後に人を撮影してないかスマホチェックまでされたりと‥笑

では続いて露天風呂。

階段を降りて向かいます。

こちらは自然に囲まれていて、ゆっくりできる感じ。

湧出量は、内湯に比べるとやや少なめかな。

それゆえ、温度がやや低くて(40度くらい。内湯は41度くらい)長湯できるでした。

 

温泉の泉質は?

まずは成分分析書を。

重要なところを抜き出すと、

  • PH値:9.9(かなりの高アルカリ性ですね)
  • 泉温:41.3℃
  • 知覚的実験:齲蝕透明、わずかに硫黄臭の味

入ってみた感想

ここまでPH値の高い温泉って珍しいですね。

例えば、アルカリ性が高いというと、岩手県の名湯「大沢温泉」とか思いつくけど、大沢温泉でもPH値は9.0。

つまりそれよりもさらにアルカリ度が強い‥。

» 大沢温泉「自炊部」の宿泊記はこちら(成分分析書も載せています)

ところが、、かなり優しい温泉なんですよね。

大沢温泉では、割と強烈な印象を受けたけど、ここ「はやぶさ温泉」は優しく包み込むような温泉。

 

公式サイトでは42℃で熱めと

書かれているけど、分析書は41.3℃。

これは湧出温度なので、実際は40℃くらいに感じました。

通路にこんなものがあったけど、ポイントはややぬるめの温度でゆっくり入るのが、一番はやぶさ温泉の効能を得ることができるとのこと。

 

食事もOK!「ゆっくりするのもアリ」

メニューは公式サイトをどうぞ!

注意点は、、2時間までは700円だけど、それ以上は1300円になってしまうこと。

う〜ん、ゆっくり食事をしていたら2時間を超えてしまう可能性もありますよね‥

入浴が1300円だと、少し高い印象です。(4時間以上は1800円!)

 

ぶどうが安い!よね?

受付の前が小さな道の駅みたいになっていて、さすが山梨!ぶどうが売られてました。

4つほど買って帰ったけど、すごい美味しかったですよ!

 

はやぶさ温泉の営業情報

混んでるのがイヤなら‥

僕が来た時も「平日なのにやや混んでいるな」という感じ。

すごく人気なんですね。

ネットの情報でも「混んでる‥」との声が。

僕ははやぶさ温泉に来る前は、山口温泉に行っていました。

そちらは、ほとんどガラガラ。

20キロほど離れてはいるけど「山梨って良い温泉に日帰り入浴したいな!」

って時には、山口温泉もすごい湧出量でオススメ。

まとめ:山梨県【はやぶさ温泉】日帰り入浴ブログ

結論!素晴らしい温泉でした!(素晴らしい温泉しかブログで紹介しないのだけどね笑)

すごい人気の温泉だけど、確かに「また来たくなるな〜」と。

まだまだ僕が2回入ったくらいでは気がついていない魅力があるのかもです。

ちなみに上記の写真は、はやぶさ温泉のお庭の写真。

めっちゃキレイですよね!

それでは終わります!

【はやぶさ温泉に匹敵!山口温泉】

山口温泉
山梨県【山口温泉】日帰り入浴ブログ「圧倒的な湧出量!」

続きを見る

【山梨県の古くからの名湯「下部温泉」はやっぱりすごい‥】

元湯旅館大黒屋
下部温泉【元湯旅館 大黒屋】日帰り入浴記ブログ「飲泉可能なぬる湯!」

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-中部・近畿の温泉, 山梨県の温泉

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.