エッセイ

法師温泉【長寿館】にワニはいる?「混浴難易度は?」

2021年7月30日

こんにちは、KOUです。

悩んでいる人
法師温泉の「法師の湯」に行きたいけど、混浴だよね!ワニさんがいたらイヤだよ!

という方のために、、

 

KOU
僕は何度も法師温泉に行っているので、経験談を語ってみます!

 

もちろん上記の写真のような「ワニ」のお話ではないですよ!

混浴で目を光らせている方の「ワニ」です!笑

結論「かなり混浴の難易度は高いけど、たくさん女性の方も入っている」

という、混浴温泉の中でもかなり特殊なところだと思ってます。

それではさっそく詳しく!

法師温泉【長寿館】にワニはいる?「混浴難易度は?」

女性の入っていることが多いので驚く‥

「混浴」と言えど、色々なところで入っている経験から言うと、ほとんど男湯って雰囲気ですよね。

ココ法師温泉も基本はそんな感じ。

ところが‥わりと入っている女性が多いのも事実。

僕は10数回この法師温泉に来ているけど、だいたい8割近くは女性が入っていたかな。

 

理由は、この建物でしょうね

こちら「法師の湯」

雰囲気はとにかく抜群ですよね。

もちろん温泉も足元湧出のすごい名湯!

たしかに、僕が女性だったら多少、男がいても入りたいと思うはず‥笑

 

ぬる湯だからみんな長湯

法師温泉ってぬる湯なんです。

だいたい40度くらいかな。手前が熱くて、奥がぬるめ。

ってことは、つまりみんなが長湯をするんです。

建物の雰囲気もいいし、みんな1時間くらい平均で入っている印象です。

雰囲気が良すぎて、とにかく長湯がしたくなるところなんですよ!

 

ワニじゃなくともワニに見える笑

ただ長湯をしているだけでも「ワニ」に見える‥笑

と、これは事実かと。笑

だから「ワニ」目的で来ているのか、ただ温泉に入りに来ているのかなんてハッキリ言ってわからない笑

僕が何度も法師温泉に行っている印象では、もちろん「温泉好きな方が来ている」って印象です。

「あの人ワニかも!」

って方も、ただ長湯をしているだけかもしれない笑

 

入れない方がほとんどなのは事実

ちなみに僕の知り合いは、入った人は一人もいないです。

お湯は透明だし、見晴らしは良いし、タオル巻きは不可だし、混浴難易度MAXは間違いないですね。

 

宿泊なら余裕ですよ

僕が今語っていたのは、日帰り入浴の話。

宿泊すれば、女性専用の時間がありますよ。

この「法師の湯」に入らず、法師温泉に行くのはちょっとかわいそうですからね‥

ゆえに女性の方は、日帰りより宿泊が圧倒的にオススメです。

ちなみに女性専用の時間帯は午後8時〜10時。

2時間あればゆっくりと温泉を楽しめますね!

3種類の温泉がある↓

出典:法師温泉

 

そのほかにも色々な温泉があるので、やはり女性は特に宿泊の一択だと思います。

男性ももちろん色々と入りたいところですね。笑

 

 

深夜帯は穴場?「かけ湯くん」を読むべし

かけ湯くん

この著書の作者の松本英子さんが、20代の時に真夜中に法師温泉の混浴に入ったけど、大丈夫だったとのお話がのっています。

この本は、温泉に関する内容がとにかく豊富でオススメ本の一つ。

下記の記事で詳しく解説しています。

【無料あり】本当に買ってよかったおすすめ温泉本【11選】

続きを見る

 

まとめ:すごい名湯で「ワニ」はやめよう笑

僕自身、何度も来ているけど「あ、コイツはワニだな!」

って思った方は一人もいないです。笑

みなさんマナーの良い方ばかりでした。

逆におばあちゃんに話しかけられて、オロオロしている男性は見たことがあります。笑

僕も話しかけられないように、必死にオーラを消してました。笑

という感じでした!

「ワニ」に気をつけつつ、「ワニ」に間違えられないように気をつけつつ、名湯を楽しみましょう!

それでは終わりです。

結論!宿泊の方がオススメ!

 

【近くの名湯!湯本館】

やや熱めで、法師温泉とはまた違う温泉を楽しめるのが良いです。ちなみにこちらも混浴‥この辺「川古温泉」とかもあるし、混浴が多いですね。

みなかみ湯宿温泉「湯本館」に日帰り入浴!「鮮度バツグン!すごい温泉!」

続きを見る

【旅の移動に】Audibleを使ってみた感想→悪くない【意外と安い】

続きを見る

 

 

 

  • この記事を書いた人

KOUのふわふわ温泉

KOUと申します。 ここ10年、年間平均40泊 温泉旅行する温泉大好き人間のブログです。 1000を超える温泉施設に行った経験があります。 超敏感肌&アトピーもち、ゆえに 温泉を見極める能力は高いと思っています。 また温泉業界の発展に貢献して、温泉の健康効果をお伝えできればと思っています。 素晴らしい温泉、温泉宿を見極めてこのブログにて発信中です。

-エッセイ

Copyright© 温泉ブログ - KOUのふわふわ温泉 , 2021 All Rights Reserved.