中部・近畿の温泉 静岡県の温泉

浜辺の湯【下田荘】宿泊記ブログ「海まで徒歩1分!」

浜辺の湯 下田荘

こんにちは、KOUです。(プロフィールTwitter

昨日宿泊していた、下田荘さんが期待以上に素晴らしかったのでブログにまとめます!

温泉はアルカリ性単純泉が掛け流し。加水と消毒はあるものの、極微量で普通の人間には気がつくことの出来ないくらい。(温泉は数キロ離れた蓮台寺温泉から引湯しているとのこと)

部屋は広々と快適。また近くの定食屋さんもすごく美味しい!

僕は今回素泊まりだったけど、食事の評判も良いですね。

さらに海が近いこともあり、ウエットスーツのまま日帰り入浴もOKなんだそうです!

素泊まりは4000円台〜(食事付きも可能)。コスパも抜群ですね!

 

浜辺の湯【下田荘】宿泊記ブログ

いかにもサーファーっぽいご主人に案内していただきチェックイン!

部屋は1階で、入り口からすぐのところ。

 

部屋は広々!「トイレ、洗面所付き」

サーファーの宿として人気なようで、設備にはまったく期待をしていなかったけど、すごくキレイで広い!

   

この価格帯だと、部屋にトイレや洗面所がないところも多いけど、こちらは両方完備。

アメニティは、浴衣以外のバスタオル、歯ブラシはそろってました。

こちらは部屋からのリアルな眺め。景色もgoodです!

旅館ではないので、布団は自分で敷くスタイル。

そして伊豆の特徴だけど、冬でも部屋は暖房なしでも暖かいくらい。

もちろんエアコンは完備で、使用すればかなりポカポカと夜も暖かかったです!

(ちなみに僕は寒がりで、暖房をつけても寒いと感じることもあるほど笑)

 

さっそく浜辺の湯「下田荘」の温泉へ!

浜辺の湯 下田荘

3人がゆったりと入れるくらいの大きさ。

シャワーも完備。

さらに温度はある程度、自分で調節も可能。

温泉は、蓮台寺温泉からの引湯だそうで、掛け流し。

「オーバーフローは?」というと、、

上記の通り、浴槽の下の方で、かけ流されているそう。

こちらが成分書。もう一枚あったけど、写真の取り忘れ。笑

では重要なところをピックアップ!

  • 泉質:アルカリ性単純泉。低張性高温泉(成分が少なく、温度が高いという意味)
  • ph:7.6
  • 無色透明、無味無臭
  • 掛け流し、加水あり、加温なし、消毒あり

スミマセン、食毒ありの温泉は基本的には、このブログ内でご紹介していないのだけど、あえて載せました。

理由としては、認知できないくらいの消毒のため。匂いからも、舐めてみても分からないくらいでした。

とにかく、なんのクセもない名湯に感じたことは確かです。

単純泉で、未消毒というのは、それだけ難しいんですね…。

もし伊豆で、完全に消毒のない名湯に入るなら、下記がオススメですよ。

全てブログにしています。

もし「下田のあたりで、すごい名湯に入りたいな〜」と思ったら、3つ目の金谷旅館がオススメ!

 

食事は近くの大人気、定食屋さん

夜になると、この周辺、かなり暗くなるのでご注意を!

この定食屋さん「上の山亭」さんがあって良かった!

というか、この定食屋さんがないと、ちょっと素泊まりでの宿泊は厳しいかも…、と思ってしまう感じ。

木曜日が定休日だそうです!(公式サイトがないので、ググってくださいね!)

そしてこの定食屋さん、かなり美味しい!

オススメだそうなので、キンメのカツ丼を初体験!

カツ丼よりさっぱりしつつ、キンメの魅力を消さず…、美味しい。

そしてさらに美味しいのが、お隣の貝汁で、

食べ終わると、見たことのないような貝がたくさん!

この土地でしか味わいない、美味しいものに出会えるのって幸せなことですね!

 

海まで散歩、海水浴、サーフィンにオススメ

こちらは宿から徒歩1分の海!

海水浴の方や、サーフィン目的の方には、最高の立地ですね!

 

伊豆急下田駅からのアクセスは?

下田駅からは、3キロほど。

バスもたくさん出ているし、歩いても30分はかからないくらい。

上記は、宿に向かう途中に撮影したもの!

海を眺めつつ、黒船を眺めつつの散歩は心地良いのでオススメ!

 

まとめ:浜辺の湯【下田荘】宿泊記ブログ

海水浴、釣り、サーフィンもしたいし、温泉にも入りたい!

こんな方に最高にオススメできる宿だと思います!

もちろん、僕みたいにただの観光での宿泊もOK!

それでは良い旅を!

 

【下記は、近いので日帰り入浴もオススメ!】

千人風呂 金谷旅館
【金谷旅館】宿泊記ブログ「千人風呂は混浴!ワニはいない!?」

続きを見る

【保存版】湯治のできる安い温泉宿「一人泊、連泊もOK!」

続きを見る

【保存版】泊まって良かった温泉宿の一覧!【ブログ記事へのリンクあり】

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOU

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-中部・近畿の温泉, 静岡県の温泉