中部・近畿の温泉 長野県の温泉

長野県【角間温泉の共同浴場】が素晴らしすぎた‥のでブログで解説

角間温泉 共同浴場 王湯

こんにちは、KOUです。(プロフィールTwitter

先日、長野県の「角間温泉」に行ってきました。

そこで驚いたのが共同浴場の素晴らしさ。

ちなみに宿泊していたのは「高島屋」さんで、こちらも素晴らしい旅館。

その時の様子は「高島屋旅館 宿泊記」にまとめています。

今回は明治時代から歴史ある共同浴場についてまとめてみます!

角間温泉の共同浴場は3つ

角間温泉ってそもそも小さな温泉地だけど、中心地から100メートルくらいの間に3つの共同浴場がありました。

では順番に。

大湯

角間温泉 共同浴場 王湯

なんと明治時代の建物なんだとか。

こういう温泉ってすごく泉質が良いところが多いけど、ここも確かに素晴らしい‥

中に入ると、こちらも「昔から全く変わらない‥」といった雰囲気。

そう、僕は宿の下駄を借りてここに来たんです。笑 この建物にピッタリですね。

角間温泉 共同浴場 王湯

浴槽はややこじんまりと。それゆえお湯がものすごい勢いでオーバーフローしていて本当に新鮮なお湯そのもの。

 

滝の湯

続いて数10メートル離れたところにある滝の湯。

外からの見た目は、大湯と変わらず。

中に入ると、

上から滝のように温泉が湧いていました!

これが「滝の湯」の名前の由来ですね。

 

新田の湯

最後にこちらが新田の湯。

源泉から少しだけ離れているので、加水せずとも温度が低いのが特徴。

なので、熱いのが苦手な方はこちらに行くことをおすすめします。

角間温泉 新田の湯 共同浴場

不思議となぜかこの「新田の湯」が一番湯の華が多いようにも。

角間温泉の共同浴場「泉質と効能は?」

と、その前に前提としてもちろん「掛け流し、循環なし、加水なし、加温なし」のいわゆるパーフェクト温泉。

この事実だけで、行く価値はものすごく高いと言えそうですね。

それでは分析書をお付けします!

これを重要なところだけ、わかりやすくまとめてみますね!

  • 源泉名:薬師の湯とみろくの湯の混合
  • 泉質:ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉
  • 泉温:73.2℃(使用は43.2℃)

 

入ってみた感想と驚いたこと

まず、基本的に角間温泉はどこも「少し熱め」だと思います。

「かなり熱い!」と感じる方もいる可能性も。

王湯には2回入ったけど、実は2回ともそんなに熱くなかったんです。

偶然か、前に誰が加水したか、のどちらかだと思います。

とはいえ加水をしてもこの湧出量なら、すぐにあったまってしまうけどな‥と思いつつ。

驚いたことは、確かに肌がキレイになるということ。

角間温泉って「アトピーに効く」で有名なんです。

実は僕も最初はそのことで興味を持ちました。

「肌に効く温泉ってのは本当だったんだな〜」とこれは本当に嬉しいところ。

肌が健康な方も、きっと角間温泉に入ったらさらに肌がキレイになると思いますよ!

 

角間温泉の共同浴場は宿泊が必須

こんなに素晴らしい「角間温泉の共同浴場」だけど、宿泊をして鍵を借りないと入ることができません。

このあたりは、栃木県の那須湯本温泉とも同じですね。(なんと名前も「滝の湯」で同じ)

>>> 那須湯本温泉も同じくらいに素晴らしい!(那須湯本温泉の記事)

まずは、宿でこちらの鍵を借ります。(これは高島屋さんのもの)

それを、

入り口に差し込むと鍵があきます。

木の形をした電子キーなんです!文化とセキュリティの両立をしていて、いや〜、素晴らしいアイディアですね!

 

角間温泉の共同浴場が使える旅館のまとめ

 

これら全ての宿が口コミ評価「5」に限りなく近いのが共通点。

どこに宿泊しても間違いないかと思います。

僕が宿泊記を書いているのは「高島屋」さんと「越後屋」さん。どちらもオススメです!

(ようだやさん、福島屋さんも素晴らしい宿だとTwitterで、情報をいただきました!僕も近いうち、宿泊してみますね!)

比較しつつ検討してみてください!

それでは終わりです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

角間温泉 高島屋旅館
角間温泉【高島屋旅館】宿泊記ブログ「湯治の文化と旅館のいいとこ取り!」

続きを見る

角間温泉 越後屋旅館
角間温泉【越後屋旅館】宿泊記ブログ「日帰りOK!食事は地元の牛肉を」

続きを見る

やや離れたところにある角間荘さんも、心地良く、コスパも良くオススメの素泊まり旅館です!

角間荘
自炊が楽しい【角間荘】宿泊記ブログ「湯田中渋温泉郷の角間温泉!」

続きを見る

地蔵の湯
共同浴場の全知識!「温泉に入って感動してしまうという事実…」

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOU

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-中部・近畿の温泉, 長野県の温泉