九州の温泉 鹿児島県の温泉

妙見温泉【ねむ】宿泊記ブログ「家族風呂あり→別源泉のぬる湯も素晴らしい」

妙見温泉 ねむ

こんにちは、温泉オタクのKOUです。

鹿児島県の妙見温泉をフラフラしてました。

そしてこの「ねむ」さんが素晴らしいところだったのでまとめます!

温泉はドバドバ掛け流し、さらに飲泉も可能。浴槽の種類も多いので、ファミリーカップルに特にオススメな印象です!

ではさっそく!

1泊2食付き15000円程度〜

 

妙見温泉「ねむ」にチェックイン

鹿児島空港〜バスで20分ほど。そして「ねむ」の目の前で、バスはストップ。

「めちゃくちゃアクセス良いな〜」という感じですね!

妙見温泉 ねむ

外見は、少し年季の入ったホテルだけど、中はリフォームしてあってキレイ!

このとおり。プロフェッショナルな感じの宿の方に、部屋に案内していただきました。

部屋へと。

 

妙見温泉「ねむ」のお部屋

妙見温泉 ねむ

清潔感はバッチリで、エアコンも最新。11月ゆえ「少し寒いかな?」という感じだったけど、一瞬で暖まりました。

テレビ、アメニティはフル完備で。

お茶セット。お茶菓子はなし。今、このブログを書きつつ「あれ、そういえばお菓子なかったな」と。

このタイプの旅館では、すごく珍しいですね。

代わりにすごくテンションの上がるものがコレ。

この「財宝」というお水は、温泉水で、あの有名な「温泉水99」と同じところから採取した温泉。

「めっちゃ美味しい!」というのは、共通点。

温泉水99のレビュー記事も前に書いています。

では続いて、部屋からの眺めを!

ベランダがあって、川を眺めることができるのです‥。コレ最高の気分!

向かいに見えるのは、湯治でも有名な「田島本館」で、ボクが前回来た時に泊まったところ。

この田島本館も素晴らしいところですよ!

田島本館 妙見温泉
妙見温泉【田島本館】宿泊記ブログ「3つの源泉→感動も3回」

続きを見る

ではお部屋の話に戻って。

部屋の奥に、お手洗いと、洗面所。

枕もフワフワで、2種類、用意していただいてました。

では温泉へ!

 

「ねむ」の温泉「家族風呂・貸切風呂あり」

まずは大浴場へ「時間で男女入れ替え」

こちらは「岩風呂」

妙見温泉 ねむ

温泉オタクは、大きい浴槽があまり好きじゃない…という特徴があるけど、こちらはドバドバなので、鮮度は高め。

さらに飲泉もOK!つまり名湯ですね!

妙見温泉 ねむ

シャワーも完備

とっぴつすべきは、この壺湯。

妙見温泉 ねむ

いわゆる超ドバドバ系の温泉で、鮮度の高さは、いうまでもなくピカイチ!

やっぱり、良い温泉に入ろうと思ったら、浴槽が小さいに限りますね!しかし、こちらは本当に小さいので、体を縮めつつ入る感じ。笑

よって人気もなさそうでした…笑

さらに寝湯も。いろいろな種類があって楽しい…

水風呂と、天然水が湧いているところもアリ。この天然水が抜群に美味しい!ペットボトルが空いたら、こちらで汲むのも良いですね。

ではもう一つの男女入れ替えの浴槽へ。

基本的に、こちらが女性用の内湯。

そして露天風呂。女性用は、水風呂がない代わりに、露天風呂があるような印象でした!

個人的には、水風呂がある方が好きかな?

 

貸切・家族風呂は2種類

それにしても、たくさんの浴槽がありますね…。子供さん、カップルとかテンションが上がりそうだなと。

こちらが通常の貸切風呂。源泉は、大浴場と同じ。

すごいのは、この「ぬる湯」の別源泉。

すごい泡付きもあって、いろいろ入ったけど「妙見温泉で1番の泉質では?」と個人的には思いました。

しかし、ぬる湯ゆえ38度。上がり湯もないので、少し寒いかなと。笑

あと、貸切風呂は、年季が入っているので、多少の廃墟感はあるかな。温泉オタクのボクとしては、大歓迎なんですけどね!

 

成分表を!

こちらをまとめまると

  • 泉質:ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉
  • 泉温:53度
  • ph:6.9(中性)
  • 掛け流し、循環なし、加水なし、加温なし、消毒あり

そして飲用も可能。

 

消毒ありについて「←気にしなくてOK!」

「飲泉可能」と「消毒あり」は、温泉好きの方ならわかる通り、一緒にできないものです。

なので、スタッフの方に聞きました!

結論「そうじの時に、少し塩素を使う」とのこと。さらに「源泉には、塩素は入れてない」とのことです。

ボクの予想では、大きい浴槽だけ掃除のあと、塩素を加えるのかと。(あとの浴槽は、入れてもすぐに温泉が入れ替わってしまいますからね…)

つまり、飲泉可能だし、温泉好き、温泉オタクの人がいっても後悔はないはずです!

実際ボクも、感動レベルに素晴らしい温泉でした!みじんも塩素は感じない!

 

「ねむ」のお食事

オシャレな食堂でいただきます。こちら、昼は「ネムノキ茶屋」としてランチやカフェとして利用できるようです。

ランチは、3000円ほどで、コーヒーは330円でお代わりOK!

 

まずは「ねむ」の夕食を!

順番に持ってきていただくスタイル。

まずはこちらを持ってきていただきました。

この美しさのとおりの美味。さらに地元の食材を使ってくれているのが、嬉しいところ。

お酒のメニューは、、

こんな感じで、やっぱり鹿児島にきたら焼酎を飲みたいなと。

ボクは「一本儀」という焼酎をお湯割りでたのんだけど、1合で600円。

焼酎を1合は、すごく量が多くて、フラフラに…笑

ではお料理にもどって。

それぞれ順番に食べ終わるタイミングで持ってきていただきました。

目で楽しみつつ、もちろん味も素晴らしい。

食べ終わると、このタイミングで茶そば。「なぜお茶?」と思うなかれ。。鹿児島は有名な「知覧茶」のあるところで、すごく美味しいお茶の産地なのです。

ボクも最近知って、この知覧茶の味には驚いてます…鹿児島空港とかのお土産にもオススメです!

» 知覧茶(Amazon)*静岡茶、狭山茶ともまた違った美味しさ

続いて、

「また前菜?」というような華やかさだけど、こちらは焼き物。(サワラ)

さらに銀杏もあって、季節に合わせてくれているのですね。器も素晴らしいなと。

そして鹿児島の豚を使ったしゃぶしゃぶ。

最後にご飯、お味噌汁。玄米と白米を選ぶことができるのだけど、「恐ろしいほど美味しい玄米」でした。。

ぜひ玄米、食べてみてください。あのキムタクが食べてることで有名な発酵玄米かな〜?

とにかく美味しい。

最後は、フルーツにゼリーをのせたもの。ギリギリ食べられるくらいの量で、かなり大食いの方でも満足の量だと思います。

 

「ねむ」の朝食

朝食も同じく会場で。オシャレですよね!

開放的で、ひとりでももちろん大丈夫だけど、どちらかというとファミリー、カップルの方が向いているかな、といった印象です。(ちなみにボクはひとり旅。ひとり旅の方もいたけど少なめ)

では朝食を!

オシャレなカフェの朝食を、もう一段レベルアップさせたような朝食でした!

普段、湯治宿で朝食を食べることが多いけど、こんな感じの朝食も最高だな〜と。

素材が良いのか、朝食を食べてもまったく胃もたれもせず。(朝、食欲がなくなりやすい…)

 

「ねむ」食事のレベルが高い…

この価格帯の中でも、かなりレベルが高いように思いました。

「温泉だけでなく、せっかくだから食事も美味しいものを…」という方にも満足なはず。

 

妙見温泉のオススメスポット「おまけ」

こちらは、cafeすが商店。「ねむ」のすぐ隣くらいだったはず。

正直、びっくりするほど美味しい、さらにお安いのでぜひ!

さらに夕食もいただけるので、素泊まりしつつこちらでお食事もアリですね。

そのほか、

  • 田島本館(日帰り入浴、徒歩3分)
  • 秀水湯(日帰り入浴、徒歩3分)*難易度高め
  • さかい田温泉(日帰り入浴、徒歩10分)*少し源泉も違って、打たせ湯や天然サウナあり。ちょ〜オススメ!
  • 田代鮮魚店(コイの刺身や鳥のタタキが美味しい&びっくりするほど安い。こちらも素泊まりの時に利用がオススメ!)

妙見温泉の少ないお店だけど、「あたりが多いな〜」という印象でした!

 

まとめ:妙見温泉「ねむ」宿泊記ブログ

 

では最後に「こんな方にオススメ」をまとめつつ終わります。

  • ファミリー、カップル(子供も喜びそう)
  • ドバドバ掛け流し、飲泉可能な温泉が好き!
  • 貸切風呂があったほうが良い
  • 食事も美味しいほうが良い
  • オシャレな宿に泊まりたい

こんな感じで「料金以上だな」という印象でした!

それにしても妙見温泉は、とにかく温泉のレベルが高いですね!

それでは終わります!

 

  • この記事を書いた人

KOU

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-九州の温泉, 鹿児島県の温泉