アトピー

【体験談】アトピーに塩風呂「効果はあるけど注意が必要だった…」

こんにちは、アトピーで温泉オタク、入浴剤オタクのKOUです。

本記事は、そんなボクが実際の体験談をもとに、「塩風呂」のアトピーに対する効果をまとめてみました!

アトピーでお悩みの方の、少しでも参考になれば幸いです。

 

多くの本で「アトピーに塩風呂が効果ある」と書かれてある

有名な著書である「体を温めると病気は必ず治る」でもアトピーの人は「塩風呂」に入ると良いということが書かれてあります。

そのほかにも、

日本人には塩が足りない」の中でも、塩にはアトピーを改善する効果があることが語られていますね。

この2冊の本は、多くの知識人がオススメしているので、読んでみたところ、すごく感銘を受けました。

たしかに、実践してみると、調子が良いことは多いです。

 

アトピーに塩が良い理屈

ざっくりと本の内容をまとめると、

  • 塩には、体の水毒を解消する効果(アトピーは漢方では水毒)
  • 塩でミネラルバランスを整える
  • 塩による保湿効果
  • 塩による体温の上昇(体温が高い方が免疫力が高い)

理屈的には、こんな感じ。

さらにヨーロッパでは、肌のトラブルに悩んだ方が、「死海で治す」という文化があります。

この死海は「塩」が多いことでも有名で、Amazonなどでも普通に「死海の塩」が手に入ります。

しかし、本の注意点として「本の著者」が実際にアトピーで、体験したわけではない…。

なので、アトピーのボクが実際に「塩風呂」に入りつつ、体験をまとめてみます!

 

アトピーのボクが実際に「塩風呂」に入った体験談

試した塩は5種類

  • 最安の塩→ヒリヒリ
  • ある程度の価格→ややヒリヒリ
  • 高い塩→少し良い
  • 普通のバスソルト→ややヒリヒリ
  • 死海の塩→1番良いけど、注意も必要

アトピーの方が「塩風呂」を試すなら、死海の塩がベストかと。

いちおう、サラリと良かったことと、デメリットをまとめてみますね。

 

「塩風呂」に入って良かったこと

  • 湯上りに肌がしっとりする
  • 体温が上がる
  • 長期で利用すると、少しずつ効果を感じる

薬ではないので、劇的に「うわ、すごい良くなった!」ということはないですね。

続いて、デメリットを。

 

「塩風呂」のデメリットは悪化の可能性

  • ヒリヒリすることもある
  • 逆に悪化することもある

という感じ。

すごくひどい時は、塩風呂でヒリヒリしてしまいました。

なので、塩風呂をオススメしたいのは、

  • 軽いアトピー
  • 肌が乾燥する
  • 冷え性

こんなタイプのアトピーの方は、試してみる価値があると思いますね。

さらに「安い塩」はヒリヒリすることが多かったので、ある程度良いものを使う必要がありそうです。

 

死海の塩が1番口コミでも良い

やはり、ボクと同じように「死海の塩」が1番よいと口コミを書いている方が多いです。

死海の塩はマグネシウムを含むので、ヒリヒリ感が中和されるみたいです。

もしアトピーの方が「塩風呂」を試すなら、死海の塩がヨーロッパの伝統を考えてもベストですね。

※ 注意点として、「100%死海の塩」であるか?だけチェックをお忘れずに!

ここからは、塩風呂のほかにも良いものがあるので、ご紹介しておきます。

 

アトピーに効果「塩風呂を超える可能性」

 

「浄水器」はアトピーに最高

もし、都会に住んでいるなら、お風呂用の浄水器を検討してみる価値は、高いです。

というのも、これだけでアトピーは改善してくるかもです…。

ボクは、お風呂に浄水器を付けることが1番の効果を感じました。

実際に使っているのは、ゼンケンの「アクアセンチュリーレインボーCCF-151S」というもの。

お風呂用の浄水器のデメリットとしては、種類が少ない…ということ。

その中で、いろいろ試してみたけど、この「アクアセンチュリーレインボーCCF-151S」がベストでした。

詳しくは、下記でレビューしてます。

» アクアセンチュリーレインボーCCF151Sをレビュー

 

湯の花は、アトピーに効果的

ひめの華

湯の花とは、「温泉の成分」が固まったもの。

そしてこれは、別府大学の研究で、アトピーに効果があることがわかっています。

実際にボクも「湯の花」で何度も、アトピーを改善しています。

オススメは、上記の二股温泉「ひめの華」か明礬温泉「岡本屋」の湯の花。

どちらも下記の記事でレビューをしています。

特に「ひめの華」は、アトピーへの効果から「あとぴたの粉」と呼ばれたりもしています。

»  ひめの華の公式サイト

 

硫酸塩泉はアトピーに効果的

ままねの湯

温泉オタクゆえ、軽く温泉に触れると、泉質で「硫酸塩泉」は、アトピーに効果が高いことがわかっています。

上記は、湯河原温泉の「ままねの湯」で、霊泉と呼ばれるほどの効果がある温泉です。

» ボクが「ままねの湯」に訪れた記事

硫酸塩泉は、「傷の湯」と呼ばれていて、傷を治す効果が高いのです。

 

硫酸塩泉は、自宅で再現しやすい

これは「硫酸ナトリウム」を入浴剤として入れればOKです。

ちまたで、グラウバーソルトというものが売られているけど、それが「硫酸ナトリウム」のこと。

多くの入浴剤にも使われている、安心な成分です。

アトピーに効果を出すなら、100%グラウバーソルトがオススメ。

 

乾燥が強いなら「肌潤シリーズ」がベスト

肌潤風呂

アトピーがひどい時に、保湿したいけど「保湿すると肌が荒れる」ということに悩んだことがあります…。

その時にお世話になったのが、この肌潤シリーズ。

入浴剤、肌潤糖、ローションの3つだけど、どれも痒くならずに保湿できたので、今でも感謝しているものです。

グラウバーソルトにこの肌潤風呂を混ぜると、保湿の効果もあって、さらに調子が良かったです。

乾燥肌の方は、下記の記事をどうぞ。

» 肌潤風呂をレビュー

 

塩風呂=温泉の泉質「塩化物泉」

角間温泉 共同浴場 王湯

塩風呂は、温泉でいうところの塩化物泉。

上記の長野県の角間温泉は、塩を含む温泉で、アトピーにも効果がすごいと言われているところ。

ボクも実際に湯治をし、かなり良くなった経験があります。

詳しくは、下記の共同浴場の記事がわかりやすいと思います。

» 角間温泉の共同浴場の記事

 

まとめ:アトピーに塩風呂は有効でした

 

ではサクッとまとめて終わります。

 

もしアトピーの方が「塩風呂」を試すなら、死海の塩がヨーロッパの伝統を考えてもベストですね。

※ 注意点として、「100%死海の塩」であるか?だけチェックをお忘れずに!

それでは、少しでも参考になり、アトピー改善の助けになれば幸いです。終わりです。

  • この記事を書いた人

KOU

年間50泊以上、温泉に出かける「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 現在、月間7万pvほど

-アトピー