PR 温泉特集

運気の上がる温泉!「厄落とし」「浄化」など→スピリチュアル効果

松川温泉 峡雲荘

こんにちは、温泉オタクのKOUです。

全国の温泉を旅歩く中で、「これは確かに運気の上がる温泉だな〜」というところにもたくさんの出会いがありました。

この記事を書くきっかけになったのは、

この李家幽竹さんという温泉好きの風水師さんの「パワースポット温泉」を読んで、すごく納得するところが多かったため。

日本でも昔から「湯垢離場」(ゆごりば)といって、温泉で浄化するという文化もあったのです。

そういったことをサラリとまとめつつ、最後に温泉オタクのボクが「本当に運気が上がった」と感じた温泉もまとめました。

この記事を参考に温泉に出かけると「あれ、本当に運気の上がる温泉ってあるな…」と思っていただけるかもです…!

まずはサクッと風水的なことから!

 

【泉質別】風水的→運気の上がる温泉

湯岐温泉 和泉屋旅館

パワースポット温泉」によると、温泉には「すべての運気を上げる効果」があるそうです。(上記の写真は和泉屋さん)

長くなるので、詳しい話は著書を読んでください…笑

ここでは泉質別にまとめてみました。

  • 単純泉→すべての運気をアップ、アルカリ性は恋愛に◎
  • 硫黄泉→金毒の浄化、金運アップ、匂いが強いとパワフル
  • 塩化物泉→塩による浄化、運の体質改善
  • 含鉄線→浪費グセをなおす
  • 炭酸水素塩泉→女性らしさアップ
  • 硫酸塩泉→浄化と回復、ストレス解消、金運アップ
  • 二酸化炭酸泉→活力アップ、若返り
  • 酸性泉→才能アップ、自分の道が分かる
  • 放射能泉→細胞から運を活性化

さらに、

  • 源泉に近い
  • 掛け流しであること
  • 清浄であること
  • 自然があること
  • 温泉そのものを楽しめる施設なところ(遊興施設ではない)

「源泉に近い?」といっても「?」な方が多いはず。

このサイトで紹介している温泉は、基本的に「源泉に近い掛け流しの温泉」オンリーにしています。

源泉に近いと、鮮度の高さゆえの気持ち良さがありますね。

 

「風水的マナー」もあって、

  1. お湯に浸かる前に全身を清浄に
  2. 長い髪はまとめて入る
  3. ほしい運を思い浮かべて入る
  4. 温泉の中では楽しい会話
  5. 内湯、外湯がある場合は両方入る

運気を上げるなら、このあたりは大事だそうです。

イライラと不潔は特にNGなようですね。笑

これらをふまえつつ「オススメの温泉」は後ほどご紹介します!

 

日本は龍?龍穴=温泉の説

日本地図をよく見ると「龍のように見える」は有名な話ですね。

どこかの温泉地で聞いた話では、温泉は「龍のエネルギー」が噴き出したところ。

体にもツボがあるけど、龍にもツボがあるみたいです。それが温泉。

 

温泉の浄化作用(厄落とし)→「湯垢離場(ゆごりば)」

こちらは、和歌山県の世界遺産「つぼ湯」。

もちろんこの写真は、ボクが実際に訪れた時に撮影したもの。

入ってみると、たしかに体がものすごく浄化されるような感じがありました。

入り口はこんな感じ。

「つぼ湯」の脇の細い道は、有名な熊野古道になっています。

湯垢離場というのは、神仏に参拝する前に体を浄化するために設けられた温泉のこと。

もちろん上記の「つぼ湯」も、熊野本宮大社に参拝する前に体を清めるためのもの。

この「つぼ湯」は、湯の峰温泉にあるけど、その様子などは近くの歴史ある宿「伊せや」さんの宿泊記に載せています。

湯の峰温泉 伊せや
湯の峰温泉「伊せや」宿泊記ブログ「飲泉OK!熊野古道をちょっとだけ歩くもアリ」

続きを見る

また、この周辺は極上の温泉が多く川湯温泉もオススメ!

下記のペンション「あしたの森」さんの記事に載せています。

あしたの森
川湯温泉「あしたの森」宿泊記ブログ「極上温泉ペンション!」

続きを見る

 

有名な湯垢離場(ゆごりば)

  • 伊勢神宮→榊原温泉
  • 出雲大社→玉造温泉
  • 諏訪大社→上諏訪温泉、下諏訪温泉

むかしは伊勢神宮に参拝する前に、必ず榊原温泉に寄ってから行くような文化があったそうです。

さらに諏訪大社の周辺には、共同浴場がたくさんありますね。

上記の写真は「旦過の湯」。

歴史を見てみると元々は「修行僧のための温泉…」というようなことが書いてまりました。

たしかに、この「旦過の湯」に入ってみると、気持ちがキリッと引き締まりつつ体が浄化されるような印象を持ちました!

もし諏訪大社に出かけるならぜひ!

» 「旦過の湯」(下諏訪観光のサイト)

 

極上の温泉=「温泉神社」多数あり

こちらは、那須湯本温泉(栃木県)の温泉神社。

良い温泉地には、必ずといって良いほど、温泉神社もしくは大きな神社などがありますね。

もともと神社は、御神木のあるところに神社をつくったそうです。

つまり神社が先ではなく「木」の方が先。

温泉神社も同じく、むかしの人が温泉が湧いているところに霊験を感じて神社をつくったとのこと。

パッと思いつく温泉神社を書くと、

  • 鳴子温泉→ 温泉神社(共同浴場「滝の湯」の隣)
  • いわき湯本温泉→温泉神社
  • 熱海温泉→湯前神社
  • 別府温泉→温泉神社

などなど。

ボクがいろいろな温泉神社を巡った中では、湯の鶴温泉の温泉神社に感銘を受けました。

こちら熊本県の湯の鶴温泉の温泉神社。

大自然に囲まれた温泉神社で、清々しさがとにかく抜群…。

「癒し」を求めて温泉に行きたい方に、全国でもトップクラスにオススメな温泉地です!

鹿児島空港から、そこそこアクセスも良いです。

水俣市【湯の鶴温泉】を観光「温泉オタクの旅人目線でブログに…」

続きを見る

では最後に温泉オタクのボクが「運気が上がった!」と思った温泉をまとめて終わります!

 

実際に「運気が上がった!」と感じた温泉

草津温泉 湯畑

特に「運が上がった」と感じた温泉をまとめてみました。

 

草津温泉

ありきたりだけど、草津温泉って来る人がみんな楽しそうだし「運が上がったな〜」と感じる温泉。

風水的には「金運アップ」に効果があるとのこと。

さらに草津温泉では「恋の病の他はすべての病気が治る」と言われているけど、草津温泉で恋の病にかかる人は多いですね。

昔、草津温泉でリゾートバイトをしたことがあるのでわかります…笑

さらに湯畑の様子を見ても「これで運が上がらないはずないよな‥」とすら思ってしまいます…笑

 

藤七温泉 彩雲荘(岩手県)

藤七温泉

藤七温泉は、岩手県の有名な絶景の秘湯。

空気のキレイさ、温泉の効能の素晴らしさ、食事の美味しさなど「運が良くなる秘湯」の代表にように感じました。

標高の高い温泉って、基本的に絶景だし、空気はキレイだし体が浄化されて「運」にも良さそうだな〜と。

詳しくは「藤七温泉 宿泊記ブログ」にまとめています。

 

伊東温泉

伊東温泉

伊東温泉は、ボクのラッキースポットでもあります。

海はキレイだし、魚は美味しいし、温泉は極上…

あまり知られていないけど、伊東温泉は日本で第3位の湧出量を誇る温泉地。

さらに源泉の数も豊富で、すごいエネルギーの感じる土地柄だな〜と。

コスパ良く、極上の温泉宿を3つご紹介しておきます。(すべて宿泊記)

この3つは、最高の温泉宿です。

詳しくは、別記事「伊東温泉5つの魅力」もどうぞ。

 

秩父温泉(埼玉県)

秩父は、パワースポットとしても最近は注目されていますね。

有名なのは三峰神社で、スケートの浅田真央ちゃんがここのお守りで良い成績をおさめたというお話は有名ですね。

このほかだと34か所の札所巡りで、ボクも実際にすべてのお寺を歩いてまわったことがあります。(約100キロもある!)

しかし温泉の源泉は限られるので、秩父で極上の温泉…というとかなり困ってしまうのが正直なところ。

上記の新木鉱泉は、温泉は循環・消毒している温泉だけど、源泉に入ることのできる浴槽があるため「埼玉ナンバーワン!」の温泉だと思っています。

ここに来るといつも思うことは「運気まで上がったな」と。笑

東京からも近く、さらに宝登山神社、秩父神社、三峰神社まであって間違いなくパワースポット。

実はちょっと気分を上げたい時には必ず、秩父に行くようにしています。

» 新木鉱泉の日帰りブログ

 

日の出温泉(山梨県)

日の出温泉

日の出温泉は、東京からのアクセスも良好で、さらに飲泉も可能なぬる湯の名湯。

実は上記の秩父から抜けても、割とアクセスが良いです。

この温泉の魅力は「いくらでも入っていられる」ところ。

ボクは1泊で9時間ほど入浴したことがあります。笑

不思議な泉質で、なぜかずっと入っていられるのです…。

温泉に入っていると「温泉=瞑想=ストレスが消える=運気が上がる」と、こんな印象を持ちました。

ストレスが多いな〜と感じる方に、ぜひ行ってみて欲しい温泉です!

» 日の出温泉の宿泊記ブログ

 

自宅で運気を上げる温泉!?(湯の花を利用)

ひめの華

温泉にそっくり…という意味で「ひめの華」。

これを浴槽に入れると「温泉そっくりレベル」。

テンションが上がる、という意味で「運気にも良さそうだな〜」と。

昔は、この湯の花を使った療養施設まであったほど。

こちらの別記事「ひめの華をレビュー」もしていて980円で試すことが可能です。

 

まとめ:温泉は運気が上がる!はず。

白骨温泉 かつらの湯 丸永旅館

こちらは白骨温泉「丸永旅館」の温泉。こちらも運気が上がりそう!

風水的には「3ヶ月に1回」温泉に出かけると、運気にも良いそうです。(参考:「パワースポット温泉」)

李家先生も「掛け流しで鮮度が高い方が良い」とおっしゃっているけど、ボクも掛け流しにこだわりつつ旅をしているので、下記の記事は参考になるかもです。

【保存版】泊まって良かった温泉宿の一覧!【ブログ記事へのリンクあり】

続きを見る

 

参考文献の下記の温泉本も面白いです。

それでは最後までありがとうございました!

 

  • この記事を書いた人
温泉桶

KOU

「温泉オタクKOU」の温泉ブログ。 温泉で、アトピーが完治するという不思議な体験をして、温泉にどハマり…。笑 現在、湯治とリモートワークを中心に温泉宿に年間50泊ほど宿泊。 泊まって良かった宿だけをブログにまとめています。 温泉の素晴らしさ、魅力が伝わればとの願いを込め、ブログ&Twitterで発信中! 月/最高88万pv

-温泉特集